(c) .foto project


皆さん、こんにちは。

今日は、お金についてお話しします。
お金でも特にその使い方・払い方についてです。

お金、特に紙幣は紙切れですからそれ自体の原価は紙の原材料費と印刷代相当しかかかっていません。
しかし、それに信用という付加価値がついて、価値の高い物になり、サービスや物の対価として交換される訳です。
得難いもの、価値があるもの程、高い値段がつき、お金を積まないと手に入らないのが現代の資本主義社会であります。

遥かに意識レベルの進んだ社会では、その様な物は不要になってくると思いますが、現段階の地球では致し方ありません。



今日、ここでお話しすることは、お金そのものの信用価値だけではなく、お金には払う人の感謝の気持ちが乗るということです。

お金を払う時、特に意識しないで金額相当のお金を払っている人が多いと思います。
しかし、何か特別に得難いものを獲得できた時、感動的なサービスを受けた時、人は「ありがとう」という感謝の気持ちが湧くものです。

「こんな素晴らしい物があったのか」

とか

「ここまでしてくれるサービスは本当に素晴らしい、神対応だ!」

とか、思う訳です。

そういう時には、「ありがとう」と心を込めてお金をお支払いします。


お金の授受には、その様な気持ちの橋渡し的な役割もあるのです。
受け取る側も無意識でその様な気持ちを受け止めていると思います。


当院を利用されているお客様でも、いつも新札でまったく使用感のない綺麗な紙幣でお支払いをしてくださる方が数名いらっしゃいますが、その様な方からは格別にその様な思いを受け取ります。
また、その様な所作が自然にできている人は、折り目正しく心も綺麗な方と思います。



その一方で、カード決済というのは、どうも気持ちが伝わらないものと考えています。
「じゃ、カードで」と、支払いすればスマートな印象はありますけどね。
確かに、10,000円を支払うなら、支払う側は同じ10,000円というお金(の情報)が出ていくことに変わりはありません。(受け取る側は決済手数料分少なくなってしまいますが。)

対面で物やサービスの提供者にきちんと感謝をしたいという場合は、カード決済をするよりも、現金払いでその人にお礼をした方が思いは伝わるというものです。

例えば、美容室で「こんなにも綺麗なヘアスタイルにしてくれた!」と嬉しくなって心がウキウキしたケースで、会計をする際にカードを読み取らせて払う方法と、現金で手渡しするのとでは後者の方がより気持ちが伝わる気がしないでしょうか?

寺社などでの寄付の場合、祈祷やお祓い、祝詞のお礼として初穂料(ラブドネーション)を払います。
これには、特に金額の定めはなく、その人の「お気持ち」ということになります。
感謝の気持ちを込めて、神社の社務所などで初穂料をお渡ししますが、これがもしクレジットカード決済となればと趣も失せて、伝わる思いも半減してしまうのではないでしょうか。


この様な事を日頃考えており、私の場合は特に感謝の気持ちを表現したい場合は、カード決済をせず、「ありがとう」という気持ちを込めて現金で手渡ししている次第です。
これから先は益々電子マネーが主流となり、紙幣・貨幣の流通は少なくなっていくのでしょうね。





2017_01_19


expocosmetica-1314549_6401.jpg
「ちょっと触りたくないなぁ("^ω^)・・・」


皆さん、こんにちは。

 

私は気功治療(スピリチュアル・ヒーリング)を仕事としており、日常お客様の邪気を受けることが多くあります。

そのためこれまで様々な対策を講じてきたのですが、他人の邪気を受ける仕事は気功治療家に限ったことではありません。

 

人を癒す仕事、人の相談を受ける仕事、人に触れる仕事は邪気を受けやすいものです。

 

その中でも今回は美容師(理容師も含む、以下美容師で統一)に焦点を絞ってお話しします。

 

人はくよくよしたり、心配をしたり、思い悩んだりします。

その様なネガティブな思いはとかく頭に溜まりやすいのです。

実際に血流が頭部に集中するのですが、血液だけではなく気も頭に昇ります。

そうすると下半身が冷えて、頭だけ熱い状態となります。

 

美容師はお客様の頭・髪の毛を日常触りますので、頭に溜まっている邪気を受けてしまうことがよくあります。

 

また、邪気には未浄化霊もあります。

これは成仏していない故人の霊で生きている人に憑りつきます。

美容師さんにも時々気(エネルギー)に敏感な方がいますが、その様な方は「このお客さんは霊が憑いているわ」とわかるのでそのお客様の髪を切るのを避けていると聞きます。

 

しかし、邪気を受ける感覚は、なかなか普通はわからないものです。

 

そこで今回邪気を受けた時の感覚を示してみました。

次の様な感じがする場合は邪気を受けている可能性が考えられます。

 

    身体がだるい。身体が重い。

    異常に疲労する、疲れが抜けない。

    下痢をする、または吐き気がする、ムカムカする

    寝つけない、眠りが浅い、悪夢を見る。

    心配、不安、怒りなどネガティブなことばかり頭に浮かぶ。それに捉われている。

    やることなすことが上手くいかない。タイミングが悪すぎる。

    頭痛がする、頭が重い

    腰が痛い、腰が重い。

    泌尿器・生殖器の調子が良くない。そこに病気を持っている。

 


実際は邪気を受ける反応は多様であり、これだけに限定されるものではありませんが、よくあるケースをまとめてみました。

だいたい①の方が軽度で、数字が高くなる程重度です。

では、一つ一つ解説を加えてみましょう。

 

    身体がだるい、身体が重い

    異常に疲労する、疲れが抜けない

邪気を受けると自分の体重以上に身体がズッシリ重く感じられます。

まただるくてだるくて仕方なくなります。

睡眠をとっても疲れが抜けず、疲れを持ち越します。

異常な睡魔に襲われることもあります。

 

    下痢をする、吐き気がする、ムカムカする

邪気の侵入に対して身体がとる防御反応の一つに排泄作用が起こることがあります。

下からの場合は、下痢をして便と一緒に邪気を排泄します。

上からの場合は、嘔吐と一緒に邪気を排泄します。

嘔吐までいかない場合は、ゲップが続く現象が起こることもあります。

 

    寝付けない、眠りが浅い、悪夢をみる

邪気を多く受けると神経伝達に障害が起こることが多く、自律神経が乱されます。

その結果、睡眠に障害がよく起こります。

午前2時~3時に決まって目が覚める場合は霊現象である可能性が高いと考えてください。

 

    心配・不安・怒りなどネガティブなことばかり頭に浮かぶ、それに捉われている

邪気を受けた場合の反応は肉体面だけではなく、メンタル面でも起こります。

心がいつもネガティブなことばかりという状態になります。

人間だからネガティブな感情が出ない人はいませんが、それがいつまでも続く場合はおかしいと考えてみてください。

 

    やることなすことが上手くいかない。タイミングが悪すぎる

⑤の結果、やることなすことすべてダメ、何か運気が落ちているのではないかと思うことが多くなります。

店の経営者であれば、客足が途絶え売り上げが急落します。

 

    頭痛がする、頭が重い

これはお客様のネガティブな思いを受けることでも起こりますし、憑霊でも起こります。

バファリンなど頭痛薬を飲めば症状は感じなくなりますが、邪気がなくなった訳ではないので遠からず他の現象として現れることになります。

 

    腰が痛い、腰が重い

美容師は立ち仕事だから腰痛は職業病と考えられています。

確かに立ち仕事ですので足腰への負担が大きいことは自明です。

気(エネルギー)の診方ではもう少し違った解釈ができます。

身体に入った邪気は足先から抜けていくことが多いのですが、気の流れが良くない人は邪気がうまく抜けて行かず下半身に滞留するため、下半身の関節部分(膝・腰など)で痛みを感じる様になります。

美容師さんで慢性的に腰痛に苦しんでいる人は多いですが、現在通院しているところでなかなか症状が改善しない場合は、私の様な邪気を診る気功家に施術を受けるとよいでしょう。

 

    泌尿器・生殖器の調子が良くない。そこに病気を持っている

⑧と同じ流れで、受けた邪気は下腹部に溜まることが多いので、そこにある臓器(泌尿器、子宮・卵巣など生殖器)に悪影響が生じます。

 

 

ざっと、邪気を受けた時の現象をまとめてみました。

 

邪気を浄化する対策はこちらのページにまとめてありますので参考にしてみてください。

 

 どのように自己浄化を行っていくか

 

一番良い対策は邪気がわかる気功治療家に浄化してもらうことです。

病気でなくても定期的にメンテナンスしてもらうと息災に暮らせます。

 

自分の身は自分で守らないといけません。

美容師の方はいつまでもお元気で仕事ができる様どうぞお気を付けください。





2016_08_17


mosquito-1465063_640.png
「あぁ、いやだ・・・」( ノД`)


皆さん、こんにちは。

 

いや、とうとう夏到来ですね。

毎日暑いですね。

外に出ると熱射病、室内にいると冷房病、どこにいても過ごしにくい時期になりました。

 

 

夏と言えばこのCM

 

「金鳥の夏、日本の夏」

 

山咲千里様だ!若い!

 

最近は金鳥のCMはやっているのでしょうか?

蚊取り線香は今も使われていますが、昔よく聞いたフレーズもしばらく聞いていない様に思います。

 

 

 

私は蚊が嫌いで、刺された後の不快な痒さがたまらなく嫌なのです。

血を吸いたいというなら、「いいでしょう、あげましょう!」という気持ちですけれど、人から大事な物を無断で奪って相手に不快な思いをさせるとはなんと腹立たしい生き物なのでしょうo(`ω´ )o

 

血をあげてもいいですけど、痒くしないでほしいのです。

(ちなみに蚊が血を吸うのは、えさとしてではありません。血を吸う蚊は雌であり、産卵のために血が必要なため血を求めているのです。)

 

しかも、決まって深夜に寝ていると現れ、枕元でプーンと鳴っています。

安眠を妨げられ、刺されるのが嫌なものですから、やるかやられるかの気持ちで深夜に電気を付けて見えない敵と格闘してたりします。

 

はぁ~、夏はこれがあるからたまりません。

同じ思いをしている人も多いのではないでしょうか。




さて、当院で一番ご要望が高い療法でヒーリングスティック療法というものがあります。

これは金属の棒を身体にあててその強力な気(エネルギー)で邪気を排出していく療法です。

ヒーリングスティックはインドやバリの秘伝を基に師が作った優れ物で、ハンドヒーリングより効果を顕すことも珍しくありません。

このヒーリングスティック療法の特徴は皮膚を擦り邪気を排出する際に人によっては強烈な痛みが出て来ることです。(物理的な力を加えているのではありません)

これまでヒーリングスティック療法を受けて頂いた方の中にはその痛みに驚いた人も多いのではないでしょうか。

 

➡ ヒーリングスティック療法

2bjvai.jpg

指が痛くて曲がらない症状。擦ると邪気が浮いてきました。

その日中に色は抜けて、指の痛みも消え普通に曲がる様になりました。

 

このヒーリングスティック療法を始めてからよりピンポイントで邪気の在りかを感じるようになりました。

ヒーリングスティックの先端は細くなっていますので、鍼ほどではありませんが非常にピンポイントで邪気の分布を感じられる様になったのです。

 

 

そしてある日のこと、あのにっくき蚊に刺されて痒い思いをしていました。

その時ふと刺されたところを見ると、あれ!邪気が溜まるところと同じではないですか!

 

「な、な、なんと!これは偶然か!?」

 

 

これまで蚊に刺された部位と邪気の分布を照らし合わせてみると、どうも蚊は邪気のあるところの血を吸っているのではないかと思うようになりました。

 

つまり、蚊が吸う血液はおけつの可能性があります。

おけつとはお尻のことではなく、汚い澱んだ血液という意味で東洋医学では()(けつ)と書きます。

 

瘀血は万病の原因と考えられています。

流れの良い清流の様な血流であれば病気も起こりませんが、(よど)み腐敗した水溜り様な血流ならそこから色々な症状が起こるのも無理もありません。

 

 

血を吸う生き物は蚊だけではありません。

ヒルも血を吸います。

ヒルは沼地で身体に張り付いて血を吸う恐怖の生き物の様な印象がありますが、医療用のヒルに瘀血を吸わせる療法が存在しています。

ヒルは不思議と瘀血の場所を分かっていて、そこにモゾモゾと這って行って瘀血をたらふく吸い込みます。

そうするとヒルは身体が巨大化します。


➡ ヒル治療(閲覧注意)


皮膚を裂いて瘀血を排出する療法を瀉血(しゃけつ)療法と言います。

瀉血療法は民間療法の従事者には禁止されています。

ヒル治療は日本で行われているかどうか定かではありませんが、血流の改善、血管の再生、各種関節炎の解消に役立つと言われています。

インドのアーユルヴェーダでは腫物にヒルを付けて瘀血を吸い上げることもするそうです。

瘀血を吸い、邪気をとってくれるという理屈であればそれも頷ける話です。

 

 

蚊もヒルと同じように瘀血を吸い、邪気をとってくれているのでしょう。

吸われた後の痒みは、その人が持つカルマ(業)が皮膚に一時的に現れてカルマの解消として痒みを経験しているのだと思います。

カルマはそれが解消される過程では痛みや辛さを伴うことが多いのです。

蚊に吸われやすい人吸われにくい人の違いには血液型だけではなく、カルマ(業・因縁)の多少も関係しているかもしれません。

 

明治の時代、実に不思議な現象を起こす神人で長南年恵さんという方がいましたが、彼女は収監された際に蚊が多い環境下でも全く蚊に吸われなかったという逸話が残っています。

長南年恵さんは生き神様でカルマ(業・因縁)がまったくなかったため、蚊に吸われなかった可能性も考えられます。

 

➡ 神人 長南年恵

 

 

 

私はこのことに気付いてから、これまでは蚊に吸われて腫れた自分の患部を見て「蚊のやろ~」と怒っていましたが、「ありがとう」と思うようになり、痒みが即効で引いていく様になりました。

 

病気には感謝が大事ですね。

西洋医学では「がんを叩く」とか「がんと闘う」と表現しますが、それでは益々がんが頑固に対抗してくるだけです。

がんに対して「ありがとう」という意識を持つとがんもおとなしくなります。

 

ということで、蚊にはバンバン吸われましょう、蚊取線香はもう不要です・・・とは言いませんが、少し蚊の生態に対する意識が変わってくれたらと思う次第です。

さんざんこれまで蚊を殺しまくってきましたが、蚊の神様がいたら感謝状を頂けそうな話になりました。

 

でも本当はこれが心から欲しい!!!

 

シャープ蚊取空清

蚊取空清1 

感謝状は取り上げだな("^ω^)・・・







2016_07_17


Fotolia_63835454_XS.jpg


皆さん、こんにちは。

私は日頃から自分の肌身で気(エネルギー)を感じながら生活しています。
良い気場であれば積極的にそれに向かいますし、良くない気場(=邪気の多い所)は避ける様にしています。
結構、街中には良くない気場が多く、なかなか都会は住みづらいものと思う日々です。


また、私の店の施術室は色々な方が出入りするため空気の状態には特に気を付けています。
もともと私の施術室は気が高いところなので世間的に言えばパワースポットということになるのですが、色々なお客様が置いていく邪気がありますから、それは即座に浄化する様にしています。

自分で邪気を浄化するだけではなく、施術室には花粉やハウスダスト除去の目的で空気清浄機を置いています。
最近はダイキンの空気清浄機を購入しました。
空気清浄機では、「シャープかパナソニックかな・・・」と思っていたのですが、「エアコンや空気清浄機はやっぱりダイキンかな」と思い検討の結果ダイキンに決めました。


daikin.png
私が購入したダイキンMCK70S-W  ダイキン工業HP


購入の決め手は、ストリーマが集塵フィルターに捕獲した浮遊物質の付着有害ガスを酸化分解するという点です。
吸い込んだ埃などのゴミにストリーマを照射し除菌してくれるというスゴイ機能が付いているのです。

ストリーマ

         細菌抑制機能


これは他社の製品にない機能でしたので、私はそれに期待したのです。
私はかねてから「空気清浄機って空気中のゴミを吸い込んでくれるというのはいいけど、機械本体そのものの気が悪くなるよね。」と思っていました。
それをストリーマで無害化してくれるとは! これはまさにダイキンの強みでしょう!

あ、別に私はダイキンの回し者ではありませんよ。
どちらかというと身内にシャープの者がおりますから普段はシャープ贔屓(ひいき)なのです。
それでも今回はシャープ買いませんでしたね~。



ところが、シャープを浮気してダイキンの空気清浄機を買った途端、シャープはこんな偉大な機械を発売することを発表しました!

ご存知「蚊取空清」です!!

蚊取空清1
シャープHP

スゴイですね、シャープは。やるね~。
これは、是非にもほしい。
これでシャープは傾いた会社が持ち直してくれるといいのですが。

これで取れるのは飛んでいる虫だけなんですかね??
奥さんにまとわりつく悪い虫もとれたらもっと便利と思う男性も多いと思いますけど。(知らない男が空気清浄機に吸い込まれていたらビックリしますわ・・・)



閑話休題。

さて、え~空気清浄機という機械は実は邪気に反応するのです。
それが今日一番言いたかったことです。
空気清浄機は邪気があると反応してブオーと能力を上げてそれを吸い込もうとするのです。
施術中でもお客様から邪気が出てくるとそれまで静かに運転していた空気清浄機が突然「ブオー!!」ってパワーアップして鳴っています。

どうして邪気に反応するのかはわかりませんが、これまでダイキンの他シャープと象印の空気清浄機を使ったことがありますが、いずれも邪気には反応していました。
もちろん、花粉やハウスダストなどに反応していることもあるでしょうが、それだけではないということです。


私は一日の施術が終わると自己浄化の瞑想をする習慣があります。
一日施術をしてお客様から受けた邪気が相当ありますので、それを浄化するという作業です。
これをやらないと私はその邪気で健康を損なったり、運気を落としたりしてしまいます。
私にとって非常に重要な作業なのです。

その瞑想をする時、空気清浄機から3m位離れていますが、瞑想をして私の身体から邪気が噴き出し始めると、急に「ブオー」っていつも鳴っています。
その音を聞きながら「うんうん。今日も出てる出てる!」と瞑想に励むのです。
自分の体感でもわかるのですが、空気清浄機の音がしばらくして止むと「大体自分の身体から邪気が出たかな」と判断しています。

皆様の自宅の空気清浄機も邪気をたくさん吸ってくれているはずです。
スゴイですね、空気清浄機は!
実にありがたい。

邪気に反応するということは開発者も知らないとは思います。
邪気を吸い取りますから「蚊取空清」ならぬ「邪気取空清」ってやったら売れるでしょうか?
『強力に邪気を吸います』って私にはすごく魅力的に聞こえます。
私は開発のお手伝いをしてもいいですけどね。




2016_03_27


haunted-161853_640_201603150011013d9.png



皆さん、こんにちは。

建物の工事の前にはどの物件であっても神主を呼んで地鎮祭をするのが慣例となっています。
元々土地は穢れている場合があるので、そこに住む前にクリーニングをするというのが地鎮祭です。

土地にはパワーがあって気(エネルギー)の良いイヤシロチと、反対に邪気が多いケガレチとあります。
実際にはどちらにも属さない中立的な土地が多いです。

イヤシロチは気(エネルギー)が良いところなので、そこに住んでいるだけで良い気を貰えます。
イヤシロチは龍穴とも言われます。
そこにいると自分自身の気も良い状態になるので、自然と運気が拓けていきます。

聖者は人間の中でとりわけ気(エネルギー)が高く、彼らが長年過ごしたところは聖地になります。
インドにはジーザスクライスト(イエスキリスト)が瞑想した場があり、未だに高いエネルギーを発する場となっています。(ジーザスはインドでも修行をした記録があります。)


一方、ケガレチは邪気が多いので、そこにいるだけで体調が悪くなったり、メンタルがネガティブになったりします。
なかなか疲れがとれず慢性的に疲労している状態になり、大きな病気が起こることも珍しくありません。
場合によっては命に関わるケースもあります。

土地の穢れの因縁はそう簡単にはわかりません。
昔、殺人や事件あった、戦(いくさ)があった、死体(人や動物)を埋めた、祠(ほこら)や井戸を供養せずに壊した、毒物を埋めた・・・色々なものが考えられます。
特に土地には地縛霊がいたりしますので、それをそのままにして引っ越して来ると遠からず何か不幸な出来事が起こります。

地鎮祭はその土地の神や霊を鎮めるための儀式であり、また氏神様に土地を使用させてもらう許可を頂く儀式でもあります。
この様な霊的なものは、正しい作法で執り行っても斎主の力量で大きな差が出るところです。
本当に力のある神主なら土地の霊的因縁を鎮めることはできるのでしょうが、実際はなかなかその様な方に巡り合えないでしょうからどうしても形だけのものになりがちです。
それだからでしょうが、土地・建物の因縁によって病気になっているお客様はよくお見えになります。


先日も気功治療家仲間のYさんとランチをしていた時この様なことを言っていました。

「私のお客様が地鎮祭をして新居を建てたのですが、そこは以前養鶏場だったそうです。その新居の敷地内で動画を撮ると白い影が通り過ぎることが度重なったりするのです。」
「さらに、そこの家の子供が庭に穴を掘り、そこに入っているところを写真で撮ったのですが、顔が全く違って写ったそうです。」

・・・とYさんがお話ししているので、私もそこの場をみてみました。

「これは良くないね。早く何とかしなければいけないんじゃないの。」

と、言うと

「やはり、そう感じますか・・・」

という会話になりました。


今後はどのような流れになるのかわかりませんが、そのお客様が力量のあるYさんに依頼されたら程なく解消することとは思います。
知らぬは仏とはいいながら、自分が居る土地について多くの人が無関心です。

引越をした後から、立て続けに良くないことが起こっている、家族に病気や怪我が増えた・・・という背景には土地の因縁がある可能性があります。
本当に良いのはすぐにその場から立ち去る(=引越をする)ことです。
しかし、なかなかその様な事情が許さないということであれば、その因縁を鎮めなければなりません。

その様なことでお困りでしたら一度ご来院頂ければ適切な手を打つことができると思います。



2016_03_15


sushi-932868_6401.jpg



皆さん、こんにちは。

「人の思いが結果に与える影響力」の続きです。

 「〔気のクイズ〕どちらの薬が効くでしょう?~人の思いが結果に与える影響1~」

これは万物に該当する法則です。
また、長期に渡って社会で成功する人は自分の心の使い方を知っているものです。



では、まず歌手のケースでお話ししましょう。
Aという歌手は、

「このステージで歌って幾ら入るかな」
「早く歌って終わったら一杯飲みにいきたいな」


・・・と思って歌います。

一方、Bという歌手は、

girl-945819_6401.jpg


「今日は遥々私の歌を聞きに来てくれて本当にありがとう。私はみんなが日常の嫌なことを忘れて元気になれる様熱く歌うわ」

・・・と思って歌っています。
どちらの歌が聴き手の心に響くでしょうか?

たとえ、Aの歌手が音程・リズムを完璧に歌い上げたとし、Bの歌手が少し音程を狂わせていたとしても心にジーンと響くのはBだと思います。

ジャイアン
「ボゲェ~」 心込めてもこれは無理∑(´□`;)
amazon.co.jp VCD ジャイアン(絶唱Ver.) (ノンスケール PVC製塗装済み完成品)



次は料理人のケースでお話ししましょう。

Aという店は、飲食店のオーナーがお客様に「私が腕をふるったこの料理を美味しく食べてもらいたい。そのため食材も厳しく選りすぐったのです。」と心を込めて振る舞っている料理です。

一方、Bという店は、「当社の料理はすべてセントラルキッチンで作られており、個々の店では包丁を使う必要はなくバイトが袋をチン(もしくはお湯で温めて)開封するだけです。ローコストオペレーションで料理を提供しています。」という料理。

さて、どちらが美味しいでしょうか?
まぁ、これは食材やレシピが違うから簡単に比較はできませんよね。



でも、私は料理・食について次のように日頃考えています。

心がこもっている料理(A)は、その心が料理に反映され美味しさも引き立つものと思います。
だから「愛情を一杯込めました」という新妻の料理は美味いのです。(新妻じゃなくてもいいのだけど)
それに含まれている気(エネルギー)は身体のエネルギー体に浸透し、人間の心身をよりよい状態に育てます。

Bの料理は胃袋を満たすことでしょう、栄養学的にも必要なカロリー・栄養分が入っているかもしれません。
しかし、私にとってはそれは「正しい食」とは思えないのです


通説では人間は食べ物からカロリーと栄養分を摂取することで生きているとされていますが、実際のところ人間は食べ物に含まれている気(エネルギー)を摂って生きているのです。

周りにはいないかもしれませんが、世の中にはほとんど食べずに生きている人が存在しています。
そこまでいかなくても一日の必要カロリー摂取量を遥かに下回る微量の食で長く健康に生きている人はたくさんいます。
現代の栄養学はその様な人がなぜ生きているのか説明することができません。


心が込められていない料理や気が乏しい料理は人を元気にする力が乏しいのです。
食という漢字は「人を良くする」と書きます。
人は食べている物によって肉体と精神が養われるのです。


大地や太陽の良い気(エネルギー)をたくさん吸収した無農薬の野菜、それに作り手の思いが加わってこそ本当の食と言えると考えています。


これは「日月神示」の言葉です。
神1_convert_20150528151152は神の意味です。

 「日月神示」




この世はみな神1_convert_20150528151152のものざから、臣民のものというものは一つもないぞ、お土からとれた物、みなまず神1_convert_20150528151152に供えよ、それを頂いて身魂を養うようになっているのに、神1_convert_20150528151152に献げずに臣民ばかり食べるから、いくら食べても身魂の太らぬのぞ、何でも神1_convert_20150528151152に供えてから食べると身魂太るぞ。(上つ巻・第十七帖)







これから分かるように食とは身魂(みたま)、つまり身(肉体)と魂を養うものであることがわかります。
神に一度捧げられた食事はそこに神気が入り魂の滋養となります。


食に限らず、「本物」と呼ばれる物には制作者の心が入っています。
その様な物は波動(=気)的にも素晴らしいのです。

多少値段ははるかもしれませんが、自分の心身を健全に保つためにも、また人生の運気を良くするためにもそのようなものを積極的に選択する様にしたいものです。




2016_02_14


drug-943759_640.jpg




(Q)同時期に同じ工場ラインで作られた同じ薬があります。一つはぞんざいな医師から処方されました(A)。もう一つは、あなたを思ってくれる親友からプレゼントされました(B)。さて、どちらの薬を飲んだ方が効くでしょうか?尚、服用の方法(量や摂る時間など)は同じ条件とします。




皆さん、こんにちは。

今日はクイズです。
問題は上記の通り。
「そんなのわかってるわー」と言われそうですが、果たして?

(選択肢)
1. そんなのAもBも同じに決まってる
2. 医師からもらったものだからA
3. B



世間の常識的な発想では1を選ぶことでしょう。
入試などのテストにはこんな問題出ませんが、出たら答えは1になるでしょうね。

正解は3です。
このブログを読んでいる方には簡単だったかもしれません。

なぜなら、物には人の気持ちという気(エネルギー)が入るからです。
科学の先端の量子力学の世界では、行為者の思いが結果に影響を及ぼすとされています。


Aというぞんざいな医師が処方したというのは、具体的にはこんなケースです。


医師 「は~、またあの爺さんが来たか・・・。あの爺さんはホント検査と薬が大好きだな。たくさんの薬を出してやったら喜ぶんだから、まったくいい客だ。おい、今日もまたいつもの咳止めの薬を2週間分出しとけ!」
doctor-1029151_6401.jpg
「いいから出しとけ!」

・・・という感じ。
医師の中にはこの様な感じでやっている人もいるかもしれませんね。


一方、Bはというと、

「ちょっと、あなた大丈夫。咳が止まらないんだって。そんな話を耳にしたから今日は仕事を早く切り上げてお見舞いに来たのよ~。これね、私が前にあなたと同じ様になった時に治ったお薬なの。ここに来る時に薬局で買ってきたのよ。これ飲めば大丈夫だから。これ飲んで養生してね。また治ったら一緒にランチでも行きましょうね。」
best-friends-329347_6401.jpg
「早く治ってね」

という感じです。


Bの薬には親友の「治ってほしい」という気持ちが入るのです。
「治ってほしい」という気持ちは気(エネルギー)であって、普通の感覚の人には感じられないかもしれませんが、実際物に入るのです。


その思いが強ければ強い程、物に気(エネルギー)が入ります。
私の場合は、願望成就の祈りを込めた神気をブレスレットなどに込め当店で斡旋しています。
私の仕事である気功治療もそうした祈りの行為に他なりません。

「気功治療家が勧める本物パワーアイテム」 ブレスレット


祈りとは「意が乗る」こと。
意(意思・気持ち)が気に乗るのです。


気功治療でもどんなにたくさん術者から気が出ていても、「治ってほしい」という祈りを込めなければ一向に効きません。
祈りを込めず気(エネルギー)だけ送られている状態は空鉄砲を撃っているのに等しいと言えます。
祈りの気持ちが強ければ強い程、効果が現れるのです。



2016_02_07


above-the-clouds-692164_6401.jpg


皆さん、こんにちは。

死後の世界について、様々なところでこの様だという説が言われていますが「日月神示」にも人の死後の世界についての記述がたくさんあります。
「日月神示」は高級神界から降ろされたお筆先ですので、下位の霊界・幽界の様子はよくわかるのでしょう。


 「日月神示」
以下の引用は「日月神示」からのものです



人は死んだ後に霊界に移行しそこで第二の人生が始まるとされています。
この世界(現界)で死を迎えることは肉体という衣を脱ぎ捨てることであり、本体である魂は肉体とは違うエネルギー体の衣をまとうことになります。



そなたたちの本尊は八枚十枚の衣着ているのぢゃ。死ということは、その衣、上から脱ぐことぢゃ。(白銀の巻 第一帖)




想像しやすい表現をとるとすると、死後は夢の世界の様なところに行くのです。
夢の世界でも私たちは身体を持っていますが、肉体ではありません。
肉体とはこの地球で魂が活動をするためのボディスーツの様な物です。



そして、重要なのは死後の世界では人の意識レベルに応じて行くところが異なるということです。
周りの人と喧嘩ばかりしている人、競合店潰しに明け暮れ切った張ったの修羅の生活を現世で送っている経営者は、死後も同じ様な殺伐とした世界に行きます。
農業や園芸が好きで草花を育て穏やかな生活をしている人は、死後も同じ様な平和な世界に行きます。



人間の死後、自分の命の最も相応しい状態におかれるのであるぞ。悪好きなら悪の、善好きなら善の状態におかれるのであるぞ。(黒鉄の巻 第三十八帖)

現界で天国を生み出し、天国に住めんものが、死んで天国に住める道理ないのぢゃ。(白銀の巻 第三帖)

この世で天国に住めんもの、天国に行ける道理ないのぢゃと申してあろう。(黒鉄の巻 第二十一帖





この件(くだり)を読めば、私たちはこの地上世界で天国の様な生活を何としても実現しなければならないということがわかります。

また、死後の世界の特徴は、同種が相まみえるのであって、そこにいる人たちは意識レベルが近いと言われています。
そうなると、修羅や畜生の様な生活を送っている人と、善行に励むなど人助けを我が喜びとしている人は死後には交わることはないのです。




同気同類の霊人は、同一の情態で、同じところに和し、弥栄(いやさか)え、然(しか)らざるものは、その内蔵するものの度合に正比例して遠ざかる。同類は相寄り、相集まり、睦び(むつび)栄ゆ。(地震の巻 第四帖)

天界も無限段階、地界も無限段階があり、その各々の段階に相応した霊人や地上人が生活し、歓喜している。その霊人たちは、その属する段階以外の世界とは、内的交流はあっても、全面的交流はないのである。(地震の巻 第二帖)





地球は前世が動物だった若い魂や幾度も人間をやって来た古い魂まで幅広く存在しており、自分の意識レベルとは異なる人々と交わることができる特別な場で、それ故に人間塾と言われます。
人間関係はとかく困難を伴うことが多いものですが、それが魂を磨く砥石(といし)なるのです。

そうは言っても地球でも波動の法則があり、同じ波動の人同士は共鳴し知らぬ間に集まってきます。
「類は友を呼ぶ」という諺(ことわざ)がありますが、それはこの意味です。

私は気功治療院を経営していますが、お客様は本当に人間的にできた人が多く、私は「先生」と呼ばれますがどちらが先生かわからないと思うことしばしばです。
真面目(まじめ)で人柄の穏やかなお客様ばかりが集まってきますが、それは私の波動に共鳴して集まってきているのだろうと考えています。


埼玉県には私が苦手とするあるショッピングモールがあります。
そこは波動が酷い、つまり邪気が多いケガレチだと私は感じており、長くいるとかなり疲労しますし、具合が悪くなることもあります。
私のお客様でそこでパニック発作を発症したという女性もいました。
他にもそのショッピングモールで具合が悪くなってしまい、しばらく体調不良になったというお客様もいました。

ショッピングモールの前は工場だったと聞きますが、ひょっとすると祠(ほこら)の身魂抜きをせずに取り壊しをしてしまったのかもしれません。
狐に憑かれたある女性は私が苦手とするそのショッピングモールが好きで頻繁に行っているそうです。
具合が悪くならないのでしょうね。
それも波動の法則で、私から見て邪気であっても自分自身と同じ波動のところは心地よく感じるものと思います。
意識が高い人から見たらそこは地獄界でも当の本人たちはそれが当たり前なので地獄とは思っていないのです。

stairs-735995_6401.jpg




霊人の中には、太陽を最も暗きものと感じて、太陽に背を向けて呼吸し、生長している者もある。要するに、これらの霊人は、反対のものを感じ、且(か)つ受け入れて生活しているのであるが、そこにも、それ相応の歓喜があり、真実があり、生活がある。歓喜の受け入れ方や、その厚薄の相違はあるが、歓喜することに於(お)いては同様である。歓喜すればこそ、彼ら霊人たちは太陽に背を向け、光を光と感じ得ずして、闇を光と感得していることを知らねばならぬ。この霊人たちを邪霊と呼び、邪鬼と言い、斯(かか)る霊人の住む所を地獄なりと、多くの人は呼び、且つ感じ、考えるのである。しかし、それは本質的には地獄でもなく、邪神、邪霊でもない。(地震の巻 第六帖)




波動(気)は人と人を引き合わせるだけではなく、土地・建物との共鳴もあるのです。
私にとって都会は疲れるところが多いので、最近は自然の多い田舎や山に惹(ひ)かれます。

この様に人・場所に気の同調・共鳴が起きていて、同種が相交わっています。
この現象は地上世界から天界まで通じる法則であります。


2016_01_29


wedding-ring-615558_640.jpg


皆さん、こんにちは。

交際が実を結び晴れて結婚となった時、左手の薬指に結婚指輪を付ける習慣があります。
結婚式の時に神父さんの前で結婚指輪の交換をした思い出がある人もいるのではないでしょうか。

しかし、この習慣、一体どうして何に由来しているのかよくわかりません。


そこで私は少し調べてみました。

すると、古代ギリシャや古代エジプトを起源とし、左手の薬指には心臓とつながっている太い血管があるという説に由来するとありました。
心臓には感情の中心があると信じられており、左手の薬指に指輪をはめることで感情をつかまえておくという意味があるのだそうです。


「ん~、なるほどね~。」(゜゜)

『「恋」という字は「変わる心」と書くから、捕まえておかなければならないのかなぁ』



恥ずかしながら、私は結婚した当初は結婚指輪を左手の薬指に揚々としていましたがしばらくすると面倒くさくなり外してしまいました(^^)

それから長く(20年近くかな)付けていなかったのですが、改めて久しぶりに付けてみると思わぬことがわかりました。



左手の薬指にパワーのある指輪を付けると、そのパワーは臍下丹田(せいかたんでん)にグーンと力が入って来るのです。

Fotolia_53695507_XS.jpg
丹田

丹田とはヘソ下5㎝あたりにあるチャクラ(パワースポット)であります。
古くから日本人は肚(はら)を大切に考え、武道や気功・呼吸法でも丹田をとても重要視します。
パワーの源は丹田にあると言っても過言ではありません。
丹田ができている人は昔から肚(はら)が座っている人と見られ、重用されたり衆目を集めたりしてきました。
偉業を達成する人にも肚(はら)ができている人が多いものです。

私が左手の薬指にパワーのある指輪を付けると、指輪の気(エネルギー)が左手の薬指から左腕に入って来て、それが巡り巡って丹田に収まり、そこが非常に充実した感じになるのです。
これは個人的な体感なので、そう感じない人もいることと思います。
感じる・感じないという感度の差はあっても気の巡りについては同じ様になっていると考えて良いと思います。



では、丹田が充実するとどうなるのか?

丹田が充実すると気が頭に昇りにくくなります。
気(エネルギー)というのはとかく頭に昇りがちです。
現代人は頭に必要以上に気が昇りすぎている傾向があります。
丹田に気が収まっている人は、動揺しない、どっしりとしている、迫力がある、威厳がある、という様に見えるものです。


一方、恋愛をするというのは、気が浮ついている状態です。(o^ ^o)
恋をして浮かれている状態とも言いますよね。

また、「浮気」という漢字にもある様に他の異性に気が移ることを「気が浮つく」と書きます。
この状態は丹田に気が収まっていない状態、気が胸~頭の方に昇ってしまっている状態です。


丹田にしっかりと気が収まっている状態では、他の異性に気が浮ついてしまうということは起きにくくなります。
ビックリする様なイイ女性(もしくは男性)が現れても、丹田に気が収まっていれば動揺して浮かれることはないのです。(たぶん)


私は自分が久しぶりに指輪を左手の薬指にはめた実感からその様な説を思いつきました。

今では私は夫婦円満のためというよりも、丹田の気力を高めたり、外邪から身を護ったりするために左手の薬指に指輪をはめています。



では、指輪ならどんな指輪でも良いのでしょうか?

正確に言うとそういうことではなく、指輪によって効果の差はあると思います。

できれば、エネルギーの高いパワーのある指輪の方が良いです。
だから、昔から結婚指輪はダイヤモンドなどの鉱石が付いているのではないでしょうか。

もちろん、宝石は綺麗ですし女性の美を引き立てます。
また、動乱などの万一の有事に動産として持ち歩くこともできるという利点もあることでしょう。

しかし、エネルギー的なパワーの低い結婚指輪では丹田を充実させるだけの力は望めません。
だから普通のシルバーやプラチナの結婚指輪ではそれ程高い効果は出ません。


私がお勧めするのは、力のある気功師・ヒーラー・行者・密教の僧侶・神官などに依頼し指輪にご神仏の力を入れてもらうことです。
結婚式場の神父さんは今では神職ではないただのアルバイトの外人が多いと聞きますが、信仰心が篤く本当に神の道に入った神父さんが神前でお祈りした指輪はそれなりにパワーがあったことでしょう。
私もご神仏の力を物品に封入することをしていますので指輪に神気を入れることはできます。(ご希望の方はメールでご相談ください)
そうしたパワーの入った結婚指輪はご神仏のご加護も得られご夫婦の丹田を充実させることでしょう。

パートナーが浮気しない様に、または自分自身がフラフラしない様に、パワーのある結婚指輪を左手の薬指に付けることをお勧めする次第です。
きっと夫婦円満の温かい家庭が長続きするものと思います。

sunset-538286_6401.jpg



2016_01_24


スクリーンショット (1)1
 リンク画像ではありません


皆さん、こんにちは。

いつもブログを読んで頂き誠にありがとうございます。
稚拙な文章で果たしてどれ程楽しんでもらっているのかわかりませんが、時々お寄せ頂く応援の声にご期待に添えねばと日々執筆に励んでいます。

※masanori様コメントありがとうございました。お返事確認してください。


久しぶりに「Trinity WEB」に記事を投稿しました。
今回は見出しの通りで、

 「気功治療家が感じている邪気ってなに?邪気を浄化し嬉し嬉しの人生に ①」

です。

私たちの人生に関係する邪気について簡単にまとめてみました。
あまり邪気邪気・・・と神経質になるのも嫌ですが、その感覚に鋭敏になってくると物事の良し悪しの判断がつきやすくなります。
また、邪気が減って自分自身のエネルギーの状態が良くなると、良いものを引き寄せ、良くないものを引き寄せなくなります。

また、病気の原因は邪気が関係していますので、現在何らかの症状にお悩みの方はよく読んで頂ければと思います。

そして、「外気功療法さいたま院」のサイトで現在連載している「病気から快復するために自分でできる事  ~ どのように自己浄化を行っていくか ~ 」も参考にして邪気の浄化に努めてみてください。


 外気功療法さいたま院 「病気から快復するために自分でできる事  ~ どのように自己浄化を行っていくか ~ 」



最後に、「Trinity WEB」では反響を記事下欄の「いいね」で測定していますので、良かったらポチッと押して頂けると大変助かります。また、励みになります。
宜しくお願い致します。



 「気功治療家が感じている邪気ってなに?邪気を浄化し嬉し嬉しの人生に ①」


いつもご愛読頂きありがとうございます。
読者の皆様の健康と幸せを今日も祈念致します。

よかったと思われましたらポチポチポチッとクリックしてください。
ありがとうございます。


にほんブログ村 健康ブログ 気功へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
2015_11_19


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

水野博友

Author:水野博友
気功家・ヒーラー・瞑想家
気功で人の病気や苦しみを癒すヒーラー

愛知県出身、早稲田大学商学部卒。
埼玉県さいたま市浦和区で気功治療院「外気功療法さいたま院」を開業、肉体の病~精神の病まで日夜 気功の施術を行っている。遠隔気功の実績も豊富。
満月時は日本の山に籠り密教修行を行う、また2011年より定期的にインド・ヒマラヤ、インドネシアに渡り様々な聖者の指導を受けて霊性修行に励んでいる。

フリーエリア





ツイッター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top