FC2ブログ



2019年3月満月行
2019年3月ご神木プージャの炎
(見えている手はプリーストである師匠の手)

皆さん、こんにちは。

 

今、山の修行場から無事に帰宅したところです。

私は毎月満月近くの木曜日から修行場に入り修行を始めていますが、21日木曜日には春にしては温かく、半袖でも大丈夫な位の暑さでした。

しかし、23日土曜日には一転して雪が降り、その山の気候の寒暖差に対応がしんどく感じられたものでした。

 

 

そんな中、323日(土)2210分~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

今回も多くの方々にご参加いただきました。ありがとうございます。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

healing_stick_lp_convert_201506021807271.png 


今回、プージャの前の説法で、師匠は最近ヒーリングスティックで擦った時、黒い邪気が出ることが多くなってきているという報告をされました。

 

確かに、それは私も実感していることで、お客様のお身体をヒーリングスティックで擦っていると、黒い邪気が表出することが時々あります。

 

邪気は本来目に見えないものですが、ヒーリングスティックはその見えない邪気を目に見える形にします。

これが神の力の不思議です。

 

よく出るところは、顔、手指です。

お腹や足からも黒い色が出て来ます。

 

近年、私にとってそれは日常茶飯事であるため、都度写真に収めていませんが、実際この不思議な現象に遭遇する確率は上がっています。

 

これは、私たちプロのみに現れるものではなく、自己治療用にヒーリングスティックを購入された一般の方々からもユニークな現象の体験談が多く寄せられています。

(ヒーリングスティックでは、擦った時に黒くならなければならないということではありません。黒くなることがあるのであって、黒くならなければ邪気が出ていないということではありません。)

 

IMG_4088.jpg

口腔内の症状で表出した邪気


IMG_4412.jpg 

消化器の症状で表出した邪気

 

 

 

この様な傾向から、師匠は、

 

「最近、ヒーリングスティックのパワーが上がって来ているのだろう。」

 

と、推測しました。

 

 

 

ヒーリングスティックと、この修行場のホーマ(護摩炉)は気(エネルギー)でつながっています。

師匠や修行場のエネルギーが上がっているため、ホーマ(護摩炉)からヒーリングスティックに届くエネルギーは以前にも増しており、ヒーリングスティックのパワーは強くなっているのです。

 


➡ ヒーリングスティック

 

 

気(エネルギー)のつながり、と言うと「??」という印象でしょうが、気(エネルギー)は時空を超えてつながり働きかけます。

 

私が日々実施しているお客様への遠隔気功もそうですし、このご神木プージャもそうです。

ご神木プージャをお申込みされた方々一人一人に、プージャのエネルギーは働きかけます。

 

遠方にいようが、どこにいようが、エネルギーは届いています。

ただ、それを感知する感度は人それぞれ異なりますので、人によってはわかりにくいかもしれません。


瞑想状態になると、それがわかりやすいので、私は一緒にお祈りしたいという参加者に対して、自宅で22時頃から瞑想して過ごしてくださいとお伝えしている次第です。


 

 

参加者の皆様から寄せられるお願い事は実に多種多様でありますが、神との繋がりが深い師匠が実施するプージャによって、確実に天界の神仏に届けられ、実現が加速されます。

 


 

気(エネルギー)のつながりの発展形は、師と弟子とのつながりです。

これはインドでは、グルパランパラといいます。

 

弟子は、師匠とのつながりによってエネルギ的な影響を受け、霊性が共に向上します。

逆に弟子が良くないことをすれば、その反動は本人と師匠に及びます。

そのため、本格的な霊性修行では、師匠は商業的に多くの弟子を取ったりすることはありません。

それは、弟子の責任が持てないからです。

 

今回も私の密教瞑想講座を受講している男性の生徒さんから下記の連絡をいただきました。

 


 

先生今月も御神木プージャありがとうございました。突然ですが最近特になのですが、プージャの前でも先生が山篭りされている時、自分の心がシーンと静まり返って何とも言えない心地良い状態になることが増えてきました。最初は気のせいかと思ったのですが、決まってプージャ前に起こっていて気付きました。今回も何回かあったんですが、特に木曜日の夜九時~ははっきりそれがわかったため、びっくりしてその時間から瞑想をさせて頂きました。

 


 

師匠と上級の弟子との関係は、実際の肉親以上に濃いつながりがあるといっても過言ではありません。

 

ご神木プージャは、緊迫した雰囲気の中、師匠のT仙人を中心に繋がりの濃い弟子達によって真摯(しんし)に執り行われています。

皆様の願いが速やかに神仏に届けられ、一日も早く神の恩寵(おんちょう)が現れることを心よりお祈りしております。

 

 

 

 

以下の内容は先月の記事とほとんど同じですが、初めての方もいらっしゃいますので再掲します。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方はおそらくシヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

先月のルドラクシャと同じものになりますので、複数になるという方は身近にいる大切な人にプレゼントしたり、または紐を変えたりして身体の違う部位に漬けてみたりするのも良いでしょう。

 

4つ貯まった人は、小袋に入れてベッドや布団の四隅に置いてみるのもお勧めです。

4つのルドラクシャに囲まれたエネルギーの結界ができて、睡眠中ネガティブなエネルギーから護られます。(睡眠中はエネルギー的にも無防備になりやすいのです)

高いエネルギーの空間で睡眠をとれますので、疲労の回復が早いと実感しています。

また、溜まったルドラクシャで素敵なブレスレットを作成された方もいました。

 

 

ギフトとして預かっているのは、下記のルドラクシャのお守りです。

ストラップタイプとネックレスがあります。

 

ルドラクシャ 

実物は多少デザインが異なる場合があります

 

 

ルドラクシャとは、インドの聖者や修行者が首から下げているネックレス(ジャパマーラ)の珠のことで、神の雫(しずく)とも言われます。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。

 

 

 

ルドラクシャは、色々と種類があり、ランクもピンからキリまでありますが、その価値を決めるのはそこに入っている気(エネルギー)です。

写真のルドラクシャは、師の庵(修行場)で45年もの長期間、気(エネルギー)を入れ込んだ非常に価値の高いものです。 

通常は、オレンジ色っぽいのですが、これは年期入っているため黒光りしています。

黒光りしているルドラクシャは珍しく、持っている人は稀です。

また、小さなオレンジ色のルドラクシャはブッダ系の寺に伝わって来た物です。

 

この中には、

 

龍のエネルギー(願望成就)

天使のエネルギー(喜びをもたらす)

魔除けのエネルギー

 

が入っています。

 

 

 

龍のエネルギーを入れるために、ルドラクシャを密教で伝わる「龍のオイル」に漬け込みます。

この「龍のオイル」とは、ある特殊な密教技法によって龍のエネルギーが満ち溢れているオイルのことをいいます。

私が「邪気祓い開運堂」で斡旋している邪気祓いオイルより強力で、一般には斡旋していない修行者専用のオイルです。

その「龍のオイル」のエネルギーが入っているため、ルドラクシャのエネルギーも非常に強力です。

悪霊も容易に近づけません。

気(エネルギー)が感じ取れない人にとっては、只の飾りにしか見えませんが、気(エネルギー)がわかる人が見たらその真価がわかるというものです。

 

龍 

 

ルドラクシャをお渡しする際にこの「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルがたくさん付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

もし、前回のプージャのギフトが届いていない場合はご連絡ください。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

420日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 

 

 





2019_03_24


IMG_43941.jpg
2019年2月 ご神木プージャの炎

 

皆さん、こんにちは。

 

今、山の修行場から無事に帰宅したところです。

今月は山の陽気も穏やかで、山頂に雪が掛かっていたものの、肌を刺すような厳しい寒さではありませんでした。

 

そんな中、223日(土)22時~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

今回も多くの方々にご参加いただきありがとうございます。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 


 

師匠もちょうど70才古希を迎えました。

師匠は、厳しい修行をしてきましたので、その中で体調を崩された時期もありましたが、現在はとても気力に満ち元気にしています。

師匠は、「プージャは、生きがいである」と言っています。

 

そして、たくさんの人の願いを叶えるべく日々修行し、プージャに臨んでいます。

参加者の皆様の願いには病気平癒や日常の様々な問題の解決が多く、師匠は時々参加者から寄せられる喜びの便りに目を通しています。

 

人を助けている様で、人から頼られることが生きがいになり、それが生きる力となります。

人を助け、助けられ、人間というものはお互い様ではないかと思うことがあります。

 

私も、しがない気功治療院の施術者ですが、やはり頼られるからそれに応えるべく日々精進しているというところがあります。

 

行者は、修行が生きがいであります。

その過程で少なからず苦しいこともあり、それを知る人からは「大変ですね」と言われることもあります。

しかし、行者は修行によって得た力で、人を助け、人の笑顔に触れられることを何物にも代えられない無上の喜びとしているのです。

 

1536223351.jpg 

 

また、師匠は、古希ですが少年の様に好奇心旺盛で、研究熱心です。

インスピレーション(≒天意)から、様々な修行法を考案し弟子の私たちに教えてくれます。

 

「いつもどうしたら、弟子達が喜んでくれるか、そればかり考えているよ。」

 

と、今回もおっしゃっていました。

師の修行法に追いついていくのがやっとのことですが、置いてきぼりを食わない様、私は日々の修行に邁進していきます。

 

 

ご神木プージャにご参加いただくことで、神仏や、師ともつながります。(もちろん、私とも!)

ご神木プージャに参加し、何か験(しるし=効き目の意)がありましたらメールをお寄せ頂ければ幸いです。

 

 

 

今回のご神木プージャは、多分これまでで一番熱い炎だった様に感じられました。

高価な香木や希少な肉食獣の皮を、師匠が惜しげもなく次々にホーマ(炉)の炎に投げ込みます。

白い煙が噴き上げ、独特の香ばしい香りが行場を充たしていきます。

私は炎の近くに座っていますので、燃えさかる炎の熱気で皮膚がただれてしまうのではないかという危機感を覚える位熱かったです。

 

炎の熱気がなぜか眼球を焦がす様に熱く感じられ、それが眼を通して体内に侵入して来るかの様でした。

今回は、2日間半の断食をし、精進落としをしてからご神木プージャに臨みましたので、ビタミン不足で熱さが堪(こた)えるのかと考えたりしていました。

(少し痩せましたよ

 

 

 

ページ最上部の画像をよくご覧ください。

炎の下部に観音菩薩らしきお姿が見えます。

そこだけ氣(エネルギー)が違いますから、ご神仏が現れている可能性が高いと思っています。

多分、観音菩薩?か薬師如来?ではないでしょうか。

 

 

参加者の皆様の願いは、ご神木プージャという特別な祈祷を通して神仏に届けられます。

唯物論者、無神論者には到底わからない世界です。

神は異次元に存在するエネルギー体であり、氣(エネルギー)としてこの世界に顕現します。

科学では未解明な分野ですが、まやかしや迷信ではなく、厳然として「在る」ものなのです。

 

そして、神仏に届けられた願いが一日も早く形として現れることを、心よりお祈りしております。

 

 

 

 

以下の内容は先月の記事とほとんど同じですが、初めての方もいらっしゃいますので再掲します。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方はおそらくシヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

先月のルドラクシャと同じものになりますので、複数になるという方は身近にいる大切な人にプレゼントしたり、または紐を変えたりして身体の違う部位に漬けてみたりするのも良いでしょう。

 

4つ貯まった人は、小袋に入れてベッドや布団の四隅に置いてみるのもお勧めです。

4つのルドラクシャに囲まれたエネルギーの結界ができて、睡眠中ネガティブなエネルギーから護られます。(睡眠中はエネルギー的にも無防備になりやすいのです)

高いエネルギーの空間で睡眠をとれますので、疲労の回復が早いと実感しています。

また、溜まったルドラクシャで素敵なブレスレットを作成された方もいました。

 

 

ギフトとして預かっているのは、下記のルドラクシャのお守りです。

ストラップタイプとネックレスがあります。

 

ルドラクシャ 

実物は多少デザインが異なる場合があります

 

 

ルドラクシャとは、インドの聖者や修行者が首から下げているネックレス(ジャパマーラ)の珠のことで、神の雫(しずく)とも言われます。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。

 

 

 

ルドラクシャは、色々と種類があり、ランクもピンからキリまでありますが、その価値を決めるのはそこに入っている気(エネルギー)です。

写真のルドラクシャは、師の庵(修行場)で45年もの長期間、気(エネルギー)を入れ込んだ非常に価値の高いものです。 

通常は、オレンジ色っぽいのですが、これは年期入っているため黒光りしています。

黒光りしているルドラクシャは珍しく、持っている人は稀です。

また、小さなオレンジ色のルドラクシャはブッダ系の寺に伝わって来た物です。

 

この中には、

 

龍のエネルギー(願望成就)

天使のエネルギー(喜びをもたらす)

魔除けのエネルギー

 

が入っています。

 

 

 

龍のエネルギーを入れるために、ルドラクシャを密教で伝わる「龍のオイル」に漬け込みます。

この「龍のオイル」とは、ある特殊な密教技法によって龍のエネルギーが満ち溢れているオイルのことをいいます。


私が「邪気祓い開運」で斡旋している邪気祓いオイルより強力で、一般には斡旋していない修行者専用のオイルです。

その「龍のオイル」のエネルギーが入っているため、ルドラクシャのエネルギーも非常に強力です。

悪霊も容易に近づけません。

気(エネルギー)が感じ取れない人にとっては、只の飾りにしか見えませんが、気(エネルギー)がわかる人が見たらその真価がわかるというものです。

 

 龍

 

ルドラクシャをお渡しする際にこの「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルがたくさん付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

もし、前回のプージャのギフトが届いていない場合はご連絡ください。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

323日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。





2019_02_24


S__97075641.jpg
2019年1月19日ご神木プージャの炎


 

皆さん、こんにちは。

 

今、山の修行場から無事に帰宅したところです。

今日の東京は日中コートが不要な位暑かったです。

 

山も毎年1月となると、積雪で来られない人がいるのが常なのですが、例年にない暖かい冬になっています。

そのせいか、杉の木にも花粉の房がたわわに実っておりました。

もうじき大量の飛散が始まるのでしょう。

 

 

そんな中、119日(土)22時~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

2019年、年初めのプージャになりました。

今回も多くの方々にご参加いただきありがとうございます。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 


 

私は満月に近い木曜日に師匠の修行場を訪れています。

17日(木)の夜、あるプージャを実施したのですが、その後に強い浄化反応が起きてしまいました。

 

浄化とは、エネルギー的・物理的な毒素の排出です。

私たちは心身に様々な老廃物や邪気を溜めこんでいます。

通常では、それが溜まりに溜まったところで、症状という浄化現象が起こるのですが、修行場では、強いエネルギーに当たることで、それがいわば強制的に発動します。

 

 

特に、私の場合は気功治療によってお客様の邪気を被ってしまう定めにあります。

日々、1日の気功治療が終了した後、長時間かけて瞑想し自己浄化をしているのですが、それでも取りきれないものが残ります。

それが修行の時に、一気に大量に噴出します。


 

 

浄化は意識して起こすものではなく、偶発的なものなので、私自身は神の恩寵と考えていますが、それでも浄化というのはかなり苦しい時間を味わうことになります。

 

特に今回は年始から睡眠不足が続き疲労が相当蓄積しており、ここで浄化の必要があったのかもしれません。

40代では無理は効かないといいますが、私は20代のビジネスマンに負けず劣らずのハードな毎日を生きています。

今年に入ってから、ちょっと本当に無理をしすぎました。(これは反省)

 

 

そのためでしょうか、今回は強制的な浄化が起きてしまい、私はそれから日曜日の朝になるまで地獄の底にいるのかという程の苦悶の時間を過ごすことになったのです。

 

そしてなぜか日曜日の朝帰る前になるとスーと引いて、湖面に吹く穏やかな風の様な心境になるのです。

これが浄化の不思議なところです。

 

 

 

 

師匠は、調子を崩していく私の姿を見て、

 

「また起こったか・・・全く問題ない、寝てなさい。」

 

と言うだけです。

浄化の多くは三日三晩苦しみます。(※それ以上の場合もあります)

師匠には日曜日には収まっていることが、わかっているのでしょう。

 

 

 

私はその間、身体がだるくて起き上がれないし、食欲もなく食事も摂れません。

金曜日・土曜日は、水とみかんだけでしのぎ、日曜日の朝味噌汁をいただき「あぁ、精進落としだ~」と、ようやく一息つくことができました。

 

今回は肝臓が腫れていた感じがあり、頻繁に小便が出ました。

11回小便に立つのもしんどく、何回も深夜の真っ暗な山の中で立ち小便をしたものです。

 

 

 

今年の抱負について書いたブログ記事の中で、「今年は気力体力が充溢しているので、多少の荒行も敢行します。」と書いたので、神様も「そんならいいのかい(笑)」と手を回したのかもしれません。

 

 

浄化が起きると地を這う様な苦しみが無限に続く様で、「いつまで続くのか」「本当に終わりが来るのだろうか」と不安にさいなまれます。

また、朦朧(もうろう)とした意識の中で思うことは、自分の醜いことやネガティブなことばかり。

つまり悪夢の中にどっぷり浸かっている様な感じ、荒れ狂う闇の嵐の中にいる様な感じなのです。

 

実際にこれで死ぬことはないと知っていても、「あぁ、もう勘弁してください。」と神にひたすら頭を下げる様な心境になります。

 

 

 

気功治療家や霊性修行者はこの過程を経て成長をしていくのです。

自分の中にある闇やネガティブなエネルギーを嫌という程存分に味わって、乗り越えなければならないのでしょう。

 

ブッダでも悟りを得る前に6年間の苦行の日々を過ごしたのであって、人間の成長には苦しみは必要な肥料ではないでしょうか。

「ドラゴンボール」の孫悟空やベジータなどサイヤ人という戦闘種族が死ぬ程の苦しみを克服することで大幅にパワーアップするのと同じ様なものです。

 

 

だから、修行というのは大変で、私は自分で「密教瞑想講座」を持っていますが、商業的に誰でもかれでも勧誘している訳ではないのです。

むしろ、強烈な向上心と勇気が備わっていなければ、壁の前に叩きつけられて、そこで尻尾を巻いて終了となってしまうことでしょう。

 

その道案内たる存在が霊性の師であり、霊性修行においては師匠の存在は欠くことはできません。

師匠は私以上の命がけの修行を幾つも乗り越えた経験を持っており、私の身に起こっていることは自身に照らし合わせて手に取る様にわかっています

 

今までも私は苦しい浄化の場面を経験をしてきましたが、師匠は慌てることなく、いつでも「寝ていなさい」と見守っているだけです。

その師匠の懐にいる安心感が、私の苦しみによって薄れゆく意識の中で生に結び付けているのかもしれません。

 

 

S__97075511.jpg 

プージャの際に入魂をしたRさんのシヴァリンガム(シヴァのご神像)

 




 

以下の内容は先月の記事とほとんど同じですが、初めての方もいらっしゃいますので再掲します。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方はおそらくシヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

先月のルドラクシャと同じものになりますので、複数になるという方は身近にいる大切な人にプレゼントしたり、または紐を変えたりして身体の違う部位に漬けてみたりするのも良いでしょう。

 

4つ貯まった人は、小袋に入れてベッドや布団の四隅に置いてみるのもお勧めです。

4つのルドラクシャに囲まれたエネルギーの結界ができて、睡眠中ネガティブなエネルギーから護られます。(睡眠中はエネルギー的にも無防備になりやすいのです)

高いエネルギーの空間で睡眠をとれますので、疲労の回復が早いと実感しています。

また、溜まったルドラクシャで素敵なブレスレットを作成された方もいました。

 

 

ギフトとして預かっているのは、下記のルドラクシャのお守りです。

ストラップタイプとネックレスがあります。

 

ルドラクシャ 

実物は多少デザインが異なる場合があります

 

 

ルドラクシャとは、インドの聖者や修行者が首から下げているネックレス(ジャパマーラ)の珠のことで、神の雫(しずく)とも言われます。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。

 

 

 

ルドラクシャは、色々と種類があり、ランクもピンからキリまでありますが、その価値を決めるのはそこに入っている気(エネルギー)です。

写真のルドラクシャは、師の庵(修行場)で45年もの長期間、気(エネルギー)を入れ込んだ非常に価値の高いものです。 

通常は、オレンジ色っぽいのですが、これは年期入っているため黒光りしています。

黒光りしているルドラクシャは珍しく、持っている人は稀です。

また、小さなオレンジ色のルドラクシャはブッダ系の寺に伝わって来た物です。

 

この中には、

 

龍のエネルギー(願望成就)

天使のエネルギー(喜びをもたらす)

魔除けのエネルギー

 

が入っています。

 

 

 

龍のエネルギーを入れるために、ルドラクシャを密教で伝わる「龍のオイル」に漬け込みます。

この「龍のオイル」とは、ある特殊な密教技法によって龍のエネルギーが満ち溢れているオイルのことをいいます。

私が「邪気祓い開運堂」で斡旋している邪気祓いオイルより強力で、一般には斡旋していない修行者専用のオイルです。

その「龍のオイル」のエネルギーが入っているため、ルドラクシャのエネルギーも非常に強力です。

悪霊も容易に近づけません。

気(エネルギー)が感じ取れない人にとっては、只の飾りにしか見えませんが、気(エネルギー)がわかる人が見たらその真価がわかるというものです。

 

 

 

ルドラクシャをお渡しする際にこの「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルがたくさん付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

もし、前回のプージャのギフトが届いていない場合はご連絡ください。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

223日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 



 


2019_01_20


IMG_4067.jpg 
2018年12月ご神木プージャの炎


皆さん、こんにちは。

 

例年12月の修行と言えば、厳寒の中でやっているのですが、今年はなぜか暖かく先月・先々月の方が寒かった位です。

 

そんな中、1222日(土)2210分~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

2018年を締めくくる最後のプージャになります。

今回も多くの方々にご参加いただきありがとうございます。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 

 

 

ご神木プージャに先立ち、師匠の説法がありましたが、今月の説法では「言葉の重要性」について説かれました。

霊性修行者は絶対的プラス思考でなければならないという主旨でした。

 

 

これは別に霊性修行者に限った訳ではなく、この世界で自己実現を図るすべての人に共通することです。

デル・カーネギーやナポレオン・ヒルといった古典的自己開発本でも、同じことを謳っていますし、近年の自己啓発本も同様です。

まぁ、言ってみれば色々な人が同じことを、言い方を変えて言っているに過ぎない訳で、良く知られている内容ではあります。

それでもそれを知っている人と知らない人では、自分の思う人生を渡っていける人とそうでない人と分かれる訳です。

 

 

 

では、言葉が重要であるというのは、なぜなのでしょうか?

 

言葉は、言霊(ことだま)と言われる様に、古来、それに霊魂が宿るものと考えられてきました。

そして、自分が口にする言葉には、それを現実に形成する力があるのです。

だから、どのような内容のことを普段口にしているかによって、その人なりの人生というものができていきます。

 

特に、その人が口にする言葉が積極的(ポジティブ)なものが多いか、それとも否定的(ネガティブ)なものが多いか、それが重要です。

ネガティブな内容が多ければ薄幸の人生になっていきますし、プラスの内容が多ければ多幸の人生になっていきます。

 

現代社会でいわゆる成功している人の多くは、このことをよく理解していて日頃から実践しています。

 

ましてや霊性修行において成功と言われる解脱や悟りというものは、社会での成功よりも遥かに難しいものです。

例えば、資産10億円を持っている人を羨ましいと思うかもしれませんが、そんな人はごまんといます。

しかし、近年で悟りを得た人の名を挙げることは難しいでしょう。

 

 

悟りや解脱を必ず実現したいというのであれば、日頃から積極的な言葉を使い、現実にそうなるのだという強い想念(サンカルパ)を持たなければなりません。

 

IMG_4020.jpg 

ご神木プージャの夜の月光

 

師匠は、今3000坪の広大な修行場を山中に持ち、ごく一部の弟子達と修行三昧の生活をしています。

その様なことができている人は滅多にいません。

それが簡単にできると思う人もいるかもしれませんが、師匠は短期で実現したのではなく、「30才の頃からそれを思い描いてきたから実現したのだ!」と言われました。

 

ご自身の想念では50才で実現させるところ、現実には54才で少し遅れたところもあった様ですが、それでも30才の若き頃より折に触れ修行場のイメージを頭に描き、それを紙に書いて設計してきたそうです。

 

紙に書く(描く)ことは、言葉を口にするのと同じか、それ以上に現実化を促進する力になります。

紙に書いてもいいし、ブログに書くのも良いでしょう。

そのように続けていくと、それが鋳型となり、そうなる様な現実が起こってくる様になります。

これが人生の不思議なところです。

 

 

 

現在の自分を今の様にしているのは、他人のせいでもなく、自分自身に他なりません。

これからの人生を良くしていきたいのであれば、ネガティブなことを口にしないことがとても大事です。

具体的には、愚痴や不平不満を言わない、人の悪口を言わない、やってみる前にできないと軽々しく口にしない・・・などです。

 

tenpu2.jpg 

中村天風師(かつて玄洋社の豹と恐れられた)

 

師匠は、中村天風の「運命を拓く」という書にとても影響を受けたと言っていました。

偶然ですが、私もサラリーマン時代にその本をいつも座右の書としていて、ボロボロになるまで読み込み血肉化し、心を鍛えました。

ボロボロで汚くなりすぎたので、2冊目を購入した位です。

中村天風はヒマラヤで悟りを得た人物ですが、やはり言葉の重要性を訴えています。


 

下記は私が2009年に書いた記事ですが参考になりますので、リンクを貼りました。

➡ 中村天風師の手鏡暗示法

 

 

 

 

ご神木には多くの方々の願いが書かれています。

また、気功治療の現場でも様々な病気・症状の方がお見えになります。

 

それぞれの内容を知るにつれ、「こんな願い叶う訳ないよ!」とか「この病気は治らないかもしれない。」、「こんな重い症状の人は無理だ。」とか最初から思うことはありません。

 

実際に結果がどうなるかはともかく、それが必ずできると強く思っています。

「できない」とか「無理」とか口にして(もしくは心に思って)ご祈願し、神仏が願いを叶えてくれるでしょうか?

 

ご祈願する時は、「絶対に実現する!!」という鋼の心で神仏に祈り込みます。

祈り込むのは実際大変です。

炎は地獄の業火を思わせる様に熱いし、気力を消耗しますから。

そういうことを毎月プージャで行っています。

そして、やがて時期が来て、神の恩寵が現れてくるのです。

 

IMG_40371.jpg 

 

 





以下の内容は先月の記事とほとんど同じですが、初めての方もいらっしゃいますので再掲します。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方はおそらくシヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

先月のルドラクシャと同じものになりますので、複数になるという方は身近にいる大切な人にプレゼントしたり、または紐を変えたりして身体の違う部位に漬けてみたりするのも良いでしょう。

 

4つ貯まった人は、小袋に入れてベッドや布団の四隅に置いてみるのもお勧めです。

4つのルドラクシャに囲まれたエネルギーの結界ができて、睡眠中ネガティブなエネルギーから護られます。(睡眠中はエネルギー的にも無防備になりやすいのです)

高いエネルギーの空間で睡眠をとれますので、疲労の回復が早いと実感しています。

また、溜まったルドラクシャで素敵なブレスレットを作成された方もいました。

 

 

ギフトとして預かっているのは、下記のルドラクシャのお守りです。

ストラップタイプとネックレスがあります。

 

ルドラクシャ 

実物は多少デザインが異なる場合があります

 

 

ルドラクシャとは、インドの聖者や修行者が首から下げているネックレス(ジャパマーラ)の珠のことで、神の雫(しずく)とも言われます。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。

 

 

 

ルドラクシャは、色々と種類があり、ランクもピンからキリまでありますが、その価値を決めるのはそこに入っている気(エネルギー)です。

写真のルドラクシャは、師の庵(修行場)で45年もの長期間、気(エネルギー)を入れ込んだ非常に価値の高いものです。 

通常は、オレンジ色っぽいのですが、これは年期入っているため黒光りしています。

黒光りしているルドラクシャは珍しく、持っている人は稀です。

また、小さなオレンジ色のルドラクシャはブッダ系の寺に伝わって来た物です。

 

この中には、

 

龍のエネルギー(願望成就)

天使のエネルギー(喜びをもたらす)

魔除けのエネルギー

 

が入っています。

 

 

 

龍のエネルギーを入れるために、ルドラクシャを密教で伝わる「龍のオイル」に漬け込みます。

この「龍のオイル」とは、ある特殊な密教技法によって龍のエネルギーが満ち溢れているオイルのことをいいます。

私が「邪気祓い開運堂」で斡旋している邪気祓いオイルより強力で、一般には斡旋していない修行者専用のオイルです。

その「龍のオイル」のエネルギーが入っているため、ルドラクシャのエネルギーも非常に強力です。

悪霊も容易に近づけません。

気(エネルギー)が感じ取れない人にとっては、只の飾りにしか見えませんが、気(エネルギー)がわかる人が見たらその真価がわかるというものです。

 

龍 

 

ルドラクシャをお渡しする際にこの「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルがたくさん付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

119日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。




2018_12_23


IMG_3843.jpg
2018年11月 ご神木プージャの炎


 

皆さん、こんにちは。

 

1124日(土)2210分~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

今回は過去最高の参加人数でした。

非常に多くの方々にご参加いただき感謝の思いで一杯です。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 

 

ご神木プージャのスタートはいつも22時頃からですが、19時から師匠の説法が始まります。

説法の後ご神木プージャの運びとなります。

 

師匠の弟子にはグル行(霊性教師のための行)を受けている者が、私の他に2名います。

私と修行仲間2名は木曜日から修行をスタートさせます。

グル行は本格的で高度な修行であり、グル行を受ける者はそれぞれが生徒(弟子)を持って、それぞれの地域で後進の指導にあたっています。

 

 

 

私の場合は、木曜日から地下の瞑想室で独り籠ります。

その地下室は師匠が手掘りで作った瞑想室です。

畑の脇に3メートル位の深さの穴をスコップで掘り(重機は使いません!)、そこに建具を設置して作り上げた瞑想室です。

師匠は器用なので、何でもDIY(日曜大工)で作ってしまいます。

修行場には幾つかの小屋が建っていますが、それも師匠の手作りです。

素人ですがその腕前はプロの大工に近いものがあります。

 

地下室には、シルディ・サイババや仏陀・シヴァ・観音菩薩などのご神体とホーマ(護摩をする炉)が設置されています。

そこに入ると電球一つの照明は一応ありますが、日が差さないので常に薄暗く、瞑想をするにはうってつけの環境です。

 

 

 

私はそこで木曜日から土曜日まで籠って、瞑想をしたり、独りプージャ(護摩祈禱)をしたりして孤独に過ごしています。(食事とトイレとシャワーの時は本殿に戻ります)

シヴァの如く虎の毛皮の上で瞑想し、炎やご神体と静かに向き合っていると、思いの外時間は早く過ぎます。

 

ホーマ(護摩炉)の炎を見つめながら独り思うのです。

 

 

「眼の前に視えている炎は本当に存在するのだろうか・・・?」

「夢の中の世界に存在するものと違いがないのではないだろうか・・・?」

 

 

「自分の眼を通して炎を視覚している者は一体何者だろうか・・・?」

「自分とは何だろうか・・・?」

「神か何者かが自分の眼を通してこの世界を覗いているのではないだろうか・・・?」

 

 

傍から見たら、何が楽しいかわからないでしょう。

まるでネクラみたいですね。

実際、全然楽しくはありません(笑)

 

 

 

 

独りで瞑想し、神仏や自分自身と向かい合うのはとても孤独な作業です。

人は他人との交流の中で刺激を受け知性が成長しますが、魂の成長には孤独が必要と思います。

 

 

 

考えてみてください。

現代社会は科学が発達し、とても便利で快適な社会になっていますが、人間の苦悩や問題は形を変えて昔から依然と残っています。

 

科学がどんなに発達しても、わからないことはまだまだ山積しています。

例えば次の様な問いに答えられるでしょうか?

 

◎神とは何なのか?

 

◎宇宙とは何なのか?

 

◎人間はどこから来て、どこに向かうのか?

 

◎生とは?死とは?

 

◎自分が生まれて来た理由は何か?

 

◎悟りとは何か?どのような状態なのか?

 

◎時間とは何か?

 

◎解脱をするためにはどうすればよいのか?

 

◎人はなぜ病気になるのか?

 

◎今、自分自身が抱えている問題・苦悩の理由は何か?何を意味しているのか?

 

◎意識とは何か?心とは何か?魂とは何か?

 

◎愛とは何か?

 

◎邪気の正体は?なぜ邪気が存在するのか?

 

◎無とは何か?

 

 

この様な疑問に対して明快な答えを出せる人はほとんどいないはずです。

たくさんの疑問、未解明なことに対し、21世紀の科学でもある程度のところまでしかわかりません。

 

この様なことを真面目に考える人も少ないのではないでしょうか?

現代社会の多くの人は、人生を五感の感覚的な刺激を充たすことに費やします。

 

そのような疑問・謎を解明していくのは、神仏や自分自身と向き合い(内観)、一人一人が直観と宗教的体験により悟るしかないと思います。

 

 

 

私は本質的で、根源的な事柄に対してわからないまでも、一生懸命に向き合います。

そして、結局ほとんどわからない。

いつも壁にはね返されて、古(いにしえ)の活仏も味わっただろう無力感と虚無感と疲労感を味わっています。

 

 

それでも、少し前の自分自身と比べ、わずかながらも成長している実感があるから続けることができています。

それがなければ続けるのは難しいです。

傍から見たら私は何も変わっていない様に見えるでしょう。

 

変わっているのは、真理に近づいているということ、神に近づいているということ。

魂が成長しているということなのです。

それは、人から手取り足取り導いてもらうことではなく、孤独の中で涵養(かんよう)されることなのです。

 

 

 

 

ご神木プージャは、独り籠った後、髭(ひげ)ボーボーになって地下室から出て来て、それから師匠や仲間と合流して行います。

修行によって神様から授かった法力(神通力)は、人々を苦しみから救うために使わなければなりません。

また来月も籠り、更に力を付けて、師匠と共に皆さまのご期待に応えていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

以下の内容は先月の記事とほとんど同じですが、初めての方もいらっしゃいますので再掲します。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方はおそらくシヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

先月のルドラクシャと同じものになりますので、複数になるという方は身近にいる大切な人にプレゼントしたり、または紐を変えたりして身体の違う部位に漬けてみたりするのも良いでしょう。

 

4つ貯まった人は、小袋に入れてベッドや布団の四隅に置いてみるのもお勧めです。

4つのルドラクシャに囲まれたエネルギーの結界ができて、睡眠中ネガティブなエネルギーから護られます。(睡眠中はエネルギー的にも無防備になりやすいのです)

高いエネルギーの空間で睡眠をとれますので、疲労の回復が早いと実感しています。

また、溜まったルドラクシャで素敵なブレスレットを作成された方もいました。

 

 

ギフトとして預かっているのは、下記のルドラクシャのお守りです。

ストラップタイプとネックレスがあります。

 

ルドラクシャ 

実物は多少デザインが異なる場合があります

 

 

ルドラクシャとは、インドの聖者や修行者が首から下げているネックレス(ジャパマーラ)の珠のことで、神の雫(しずく)とも言われます。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。

 

 

 

ルドラクシャは、色々と種類があり、ランクもピンからキリまでありますが、その価値を決めるのはそこに入っている気(エネルギー)です。

写真のルドラクシャは、師の庵(修行場)で45年もの長期間、気(エネルギー)を入れ込んだ非常に価値の高いものです。 

通常は、オレンジ色っぽいのですが、これは年期入っているため黒光りしています。

黒光りしているルドラクシャは珍しく、持っている人は稀です。

また、小さなオレンジ色のルドラクシャはブッダ系の寺に伝わって来た物です。

 

この中には、

 

龍のエネルギー(願望成就)

天使のエネルギー(喜びをもたらす)

魔除けのエネルギー

 

が入っています。

 

 

 

龍のエネルギーを入れるために、ルドラクシャを密教で伝わる「龍のオイル」に漬け込みます。

この「龍のオイル」とは、ある特殊な密教技法によって龍のエネルギーが満ち溢れているオイルのことをいいます。

私が「邪気祓い開運堂」で斡旋している邪気祓いオイルより強力で、一般には斡旋していない修行者専用のオイルです。

その「龍のオイル」のエネルギーが入っているため、ルドラクシャのエネルギーも非常に強力です。

悪霊も容易に近づけません。

気(エネルギー)が感じ取れない人にとっては、只の飾りにしか見えませんが、気(エネルギー)がわかる人が見たらその真価がわかるというものです。

 

 龍

 

ルドラクシャをお渡しする際にこの「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルがたくさん付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

1222日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 

 

 



2018_11_25


IMG_3706.jpg
2018年10月 ご神木プージャの炎


皆さん、こんにちは。

 

成田空港から大宮に向かうシャトルバスの中で、この記事を書いています。

既に日は落ち、日曜の高速道路渋滞でバスはノロノロ運転をしています。

 

1027日(土)22時~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

今回も非常に多くの方々にご参加いただきありがとうございました。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 

 

今回のプージャでは、師匠がライオンのオイルを用いました。

ライオンのオイルとは、ライオンの手首が漬けてあるオイルです。

それは文字通り肉の付いたライオンの手首がオイルに漬かっているのです。

 

どのような経緯でそれを入手したかをここで明らかにすることはできませんが、その様な物を行に活用している人は他にいないのではないでしょうか。

ライオンの手首や牙はとてもパワフルで魔除けに効力を発揮するのです。


 

lion-2327225_640.jpg 

➡ ライオンの牙 

 

 

 

3年以上漬け込んだライオンの手首のオイル原液を師匠が11本ご神木に塗っていきます。

私の手の平にも12滴塗ってくれましたが、手の平から丹田(肚)にグオーンと力強い気が入って来て、肚の邪気がそのまま抜けていきました。

ライオンの手首を漬け込んだだけでこんなに力強いオイルになるのだと随分驚きました。

 

 

師匠がその後1本ずつホーマの炎の中にご神木を祈りと共に投げ込んでいきました。

今回のプージャの炎はいつもと感じが異なり、これまでの様に熱気が広がってガンガンに伝わって来るというよりも、炎の密度が高くその中で燃えたぎっている様に感じられました。

 

上の画像の炎は加工を加えていませんが、何かメタリック的にテカっているのがわかります。

これまで長くプージャの炎の写真を撮ってきましたが、この様な炎が撮れたのは初めてです。

 

そして、いつものご神木は焼けると細く芯だけ残りグニャーと湾曲していることが多いのですが、今回はあっという間に焼け尽くされ跡形もなくなってしまいました。

 

この様に、今回は何かこれまでのプージャとは違う感じを受けたものです。

 

 

IMG_3716.jpg 

 


そして、プージャが終わると師匠はこう漏らしました。

 

 

「ご神木というのは、只の木片だが11本重さが違う。様々な願いがこの中に込められている。中には叫び狂っているものもあり、また嘆きを訴えてくるものもある。」と。

 

 

プリーストである師匠は11本の思いに向き合いますので、大変な労力であろうと想像します。

私も皆様のご神木を取りまとめして師匠の庵までお持ちするのですが、それだけでも「大変な作業だ」と思うことがよくあります。

 

 

しかし、ご神木に込められた願いやネガティブなエネルギーは、プージャの業火で燃やし尽くし、お悩みがなくなる様、また願いが叶う様に取り計らいます。

 

軽いお願い事は短期で成就することも珍しくありません。

多くの場合は、人生の眼前に横たわる大きな諸問題の解決を願われていますので、一朝一夕にいかないこともあるでしょうが、着実に問題解決や実現に向かっていると私は固く信じています。

 

 

 

 

以下の内容は先月の記事とほとんど同じですが、初めての方もいらっしゃいますので再掲します。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方はおそらくシヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

先月のルドラクシャと同じものになりますので、複数になるという方は身近にいる大切な人にプレゼントしたり、または紐を変えたりして身体の違う部位に漬けてみたりするのも良いでしょう。

 

4つ貯まった人は、小袋に入れてベッドや布団の四隅に置いてみるのもお勧めです。

4つのルドラクシャに囲まれたエネルギーの結界ができて、睡眠中ネガティブなエネルギーから護られます。(睡眠中はエネルギー的にも無防備になりやすいのです)

高いエネルギーの空間で睡眠をとれますので、疲労の回復が早いと実感しています。

また、溜まったルドラクシャで素敵なブレスレットを作成された方もいました。

 

 

ギフトとして預かっているのは、下記のルドラクシャのお守りです。

ストラップタイプとネックレスがあります。

 

ルドラクシャ 

実物は多少デザインが異なる場合があります

 

 

ルドラクシャとは、インドの聖者や修行者が首から下げているネックレス(ジャパマーラ)の珠のことで、神の雫(しずく)とも言われます。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。

 

 

 

ルドラクシャは、色々と種類があり、ランクもピンからキリまでありますが、その価値を決めるのはそこに入っている気(エネルギー)です。

写真のルドラクシャは、師の庵(修行場)で45年もの長期間、気(エネルギー)を入れ込んだ非常に価値の高いものです。 

通常は、オレンジ色っぽいのですが、これは年期入っているため黒光りしています。

黒光りしているルドラクシャは珍しく、持っている人は稀です。

また、小さなオレンジ色のルドラクシャはブッダ系の寺に伝わって来た物です。

 

この中には、

 

龍のエネルギー(願望成就)

天使のエネルギー(喜びをもたらす)

魔除けのエネルギー

 

が入っています。

 

 

 

龍のエネルギーを入れるために、ルドラクシャを密教で伝わる「龍のオイル」に漬け込みます。

この「龍のオイル」とは、ある特殊な密教技法によって龍のエネルギーが満ち溢れているオイルのことをいいます。

私が「邪気祓い開運堂」で斡旋している邪気祓いオイルより強力で、一般には斡旋していない修行者専用のオイルです。

その「龍のオイル」のエネルギーが入っているため、ルドラクシャのエネルギーも非常に強力です。

悪霊も容易に近づけません。

気(エネルギー)が感じ取れない人にとっては、只の飾りにしか見えませんが、気(エネルギー)がわかる人が見たらその真価がわかるというものです。

 

龍 

 

ルドラクシャをお渡しする際にこの「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルがたくさん付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

1124日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11,000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 

 

 



2018_10_28


IMG_36161.jpg  
2018年9月 ご神木プージャの炎


皆さん、こんにちは。

 

929日(土)22時~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

今回も非常に多くの方々にご参加頂きありがとうございました。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 

 

現在台風24号が日本列島を縦断しています。

この記事を書いている時間(3022時)は台風が和歌山に上陸したというニュースが流れていました。

 

私の修行場は九州の大分県にあり、私は約10年間飛行機で往復してます。

私はかれこれ200回以上飛行機に乗っていますが、これまで修行の日に行けなかったこと、また日曜日に帰れなかったことがありません。

 

飛行機は天候の影響を受け欠航が頻繁にあります。

大雨・台風・大雪があれば安全性を優先するため、飛行機は飛びません。

 

大雪の日で飛行機が軒並み運休になってもいても、自分が乗る飛行機だけは不思議と飛んでいました。

台風が直撃していても私が乗る飛行機は飛んできましたし、しかも全然揺れないのです。

そのようなことがこれまで数多くありました。

 

「水野君は護られているから」

 

と、師匠や修行仲間の皆さんはおっしゃします。

しかし、それは私自身の運の強さというより、神のご加護であり、師匠のサンカルパ(意思の力)による助けだと思っています。

決して自分の力ではありません。

 

 

t24.png 

台風24号(出典:https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/6/26635.html)

 

台風24号は観測史上最大の台風になるかもしれないという前評判さながら、非常に強い風雨が修行場に吹き荒れていました。

山であるため一層強く感じられたのでしょう。

まるで強いシャワーを浴びているかの様な猛烈な雨を見て、師匠も「今回ばかりは水野君帰れないかもなぁ」と漏らしていました。

 

沖縄の状況をTwitterで確認すると、暴風でたくさんの乗用車が転がっている映像がいくつもアップされており、台風慣れしている沖縄県人も今回の台風はこれまでと違うと警告を鳴らしていました。

 

 

帰る日に当たる30日(日)の前日29日(土)には予約していた飛行機が早々と欠航になり、替わりに新幹線で帰ろうと切符を予約しました。

そうしたら最後の一席だったと係員さんが言ったのです。

 

しかし、30日(日)になり新幹線も全休となってしまいました。

 

飛行機は飛ばないし、新幹線は動いてないし、月曜日から仕事が入っているので今回ばかりはヤバいと青くなったのです。

 

それでも運航している飛行機を必死になって調べてみると、いつも使う飛行場とは別の飛行場でまだ動いている便がわずかにあることがわかりました。

 

急遽その便を予約し、長い時間バスに揺られその飛行場に到着できました。

暴風警報が出ている最中、飛行機が飛べるのだろうかと案じていましたが、それに乗ってかろうじて羽田空港に戻ることができたのでした。

 

さすがに今回ばかりは帰れないのではないかとヒヤヒヤものでした。

無事に帰ることができたものの、とても疲れました。

 

 

 

 

さて、今年の気象状況を振り返ってみると、

 

    628日~78日:100名以上の死者が出た西日本豪雨

    8月の異常な酷暑、

    96日:北海道胆振東部地震

    9月:今世紀最大!?と言われた台風21号、近畿地方に大きな被害をもたらした。

 

これら一連の天災・気象にさすがに何かおかしいことになっていると気付いた人も増えてきました。

 

 

 

天災は地球規模で発生しているものでありますが、一人一人の意識と密接な関係があるものと考えています。

それは人間の体内の微生物の意識が人間に影響を与えている様に、人間の意識が地球に影響を与えているのです。

 

そして天災は日本人に罰を与えるために起こっているのではなく、日本と日本人に対する浄化・禊なのではないかと思うのです。

 

師匠は人体の微生物や自然環境(特に山)の微生物をないがしろにした影響であろうと言ってました。

 

 

 

 

インドは神の国でありますが、一方、日本も神国です。

インドはアバターという神の化身が顕現する不思議な地であり、スピリチュアルな法の流れの源流にあたる不思議な地です。

特にヒマラヤ地方には極めて意識の高い聖者が出現します。

 

インドの聖者は日本人を大切にしてくれるのですが、それには理由があります。

それは同じアジア民族だからという理由ではなく、人類が覚醒していくためにはまずは東洋の日本人が覚醒しなければならないと信じているからです。

 

日本が世界の中心であり、そこから世界に広がっていくのです。

だから日本人には比較的意識の高い人が多いのですが、それでも全体的に見ればまだまだ足りていない。

もっともっと早いペースで意識の高い日本人が増えていかないと人類の覚醒が遅れてしまうのです。

 

 

そのためには、私たちはどうしたら良いのでしょう?

どこかの新興宗教の様に積極的に神の教えを説いて回るのが良いのでしょうか?

 

私は、一人一人が日々瞑想を実践するなど神を身近に感じて生活すること、また自分の仕事を通して周りの人の役に立つこと・奉仕すること、それが大切なのではないかと考えています。

 

 

 

意識というのは、高い方から低い方に伝播するものです。

敢えて、「神様の教えというのはね・・・」と押しつけがましく触れ回らなくても、その人の意識が高く気(エネルギー)が輝いていれば自然と周囲の人は感化されるのです。

 

そうすることで、光の輪が周りに広がり、人の意識が変わっていくと共に、自然界・気象の状況も大難が小難になる様に穏やかなものに変わっていくはずです。

 

ご神木プージャの参加者の皆様は比較的意識の高い方が多いのではないかと感じています。

皆様が受け取った気(エネルギー)は、自覚はなくても「見えない身体」(エネルギー場)に充填されています。

 

その蓄えられた気(エネルギー)が、参加者の皆様から周囲の方に波紋の様に広がっていくことで、少しずつ世の中が良い方向に変わっていくのではないかと、一行者としては思っているところです。

 

 

 

 

以下の内容は先月の記事とほとんど同じですが、初めての方もいらっしゃいますので再掲します。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方はおそらくシヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

先月のルドラクシャと同じものになりますので、複数になるという方は身近にいる大切な人にプレゼントしたり、または紐を変えたりして身体の違う部位に漬けてみたりするのも良いでしょう。

 

4つ貯まった人は、小袋に入れてベッドや布団の四隅に置いてみるのもお勧めです。

4つのルドラクシャに囲まれたエネルギーの結界ができて、睡眠中ネガティブなエネルギーから護られます。(睡眠中はエネルギー的にも無防備になりやすいのです)

高いエネルギーの空間で睡眠をとれますので、疲労の回復が早いと実感しています。


また、溜まったルドラクシャで素敵なブレスレットを作成された方もいました。


ギフトとして預かっているのは、下記のルドラクシャのお守りです。

ストラップタイプとネックレスがあります。


ルドラクシャ 

実物は多少デザインが異なる場合があります

 

 

ルドラクシャとは、インドの聖者や修行者が首から下げているネックレス(ジャパマーラ)の珠のことで、神の雫(しずく)とも言われます。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。

 

 

 

ルドラクシャは、色々と種類があり、ランクもピンからキリまでありますが、その価値を決めるのはそこに入っている気(エネルギー)です。

写真のルドラクシャは、師の庵(修行場)で45年もの長期間、気(エネルギー)を入れ込んだ非常に価値の高いものです。 

通常は、オレンジ色っぽいのですが、これは年期入っているため黒光りしています。

黒光りしているルドラクシャは珍しく、持っている人は稀です。

また、小さなオレンジ色のルドラクシャはブッダ系の寺に伝わって来た物です。

 

この中には、

 

龍のエネルギー(願望成就)

天使のエネルギー(喜びをもたらす)

魔除けのエネルギー

 

が入っています。

 

 

 

龍のエネルギーを入れるために、ルドラクシャを密教で伝わる「龍のオイル」に漬け込みます。

この「龍のオイル」とは、ある特殊な密教技法によって龍のエネルギーが満ち溢れているオイルのことをいいます。

私が「邪気祓い開運堂」で斡旋している邪気祓いオイルより強力で、一般には斡旋していない修行者専用のオイルです。

その「龍のオイル」のエネルギーが入っているため、ルドラクシャのエネルギーも非常に強力です。

悪霊も容易に近づけません。

気(エネルギー)が感じ取れない人にとっては、只の飾りにしか見えませんが、気(エネルギー)がわかる人が見たらその真価がわかるというものです。


龍 

 

ルドラクシャをお渡しする際にこの「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルがたくさん付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

1027日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11,000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 

 

 


2018_09_30


IMG_3415.jpg
2018年8月ご神木プージャの炎


 

皆さん、こんにちは。

 

826日(土)2210分~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

今回も非常に多くの方々にご参加頂きありがとうございました。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 

今回師匠である塚原仙人より画像を出してよいという許可を頂きましたので、「邪気祓い開運堂」のファイヤープージャのページに掲載させていただきました。

 

これまで師匠?仙人?がどの様な人なのか興味津々の方も多かったのではないかと思います。

少しの情報ですが、よかったら見てください。

 

➡ 「邪気祓い開運堂」 塚原仙人のご案内

 

 

 

師匠と私の縁はかれこれ10年近くになるでしょうか?

毎月開催される満月行には、飛行機で羽田から九州まで移動し師匠の山の庵で修行をしています。

飛行機に乗った回数も軽く200回は超えます。

休んだのは、引越と祖母の葬式の時の2回だけで、後は全部参加をしています。

師匠が弟子を連れて海外修行をする機会にもこれまですべて同行させていただきました。

ありがたいことで、気付くといつの間にか古参の弟子になっていました。

 

 

修行をするというと、確かに悟りや解脱を目指すという高尚な目的もありますが、師匠と一緒に修行をすることが楽しいからという不純な?動機でここまでやってきました。

苦しくて涙が出る様な辛い経験もたくさんありましたし、心から笑い合える様な幸せな時もたくさん過ごしてきました。

尊敬でき、こういう人物になりたいという人の傍にいられるというのは、とても幸せなことです。

これまでの私に大きな影響を与えてくれて、今の私をつくってくれたのは、師匠です。

師匠の熱い魂を引き継ぎ、師匠を倣って、人助けの菩薩行の人生を今後も歩んでいきたいと思っている次第です。

 

 

 

さて、今回のプージャの炎はまた一段と強烈に熱かったのでした。

私は、私のお客様・生徒さん達から預かっているご神木を師匠と一緒にご祈願していますから、熱いからといって容易に炎から引き下がるもんかという気合でプージャ(護摩祈禱)に臨んでいます。

 

 

「心頭滅却すれば火もまた涼し」と言います。

実際は涼しい境地までは行きませんが、気が身体を突き抜けた「統一体」を作れば、たいていの肉体的苦痛は耐え凌ぐことができます。

 

プージャの最中に首から下げているジャパマーラ(ルドラクシャのネックレス)にそっと触れると、火傷しそうに熱くなっていました。

 

「皮膚や衣類はどうなっているのだろう?」

 

と、ふと頭をよぎりましたが、すぐに祈りに集中しました。

熱ければ熱いだけ、皆様の悩みの問題となっている不浄なエネルギー(邪気や因縁・業)が燃えるだろうから、大いに結構なことです。

 

 

IMG_3420.jpg 

汚らしいかもしれませんが、前腕部が玉の汗で一杯になりました。衣類も汗でびしょぬれです。

 

 

 

 

 

燃えさかる炎の祈祷をようやく終えて、師匠が「今日は月が綺麗だから月に向かってお祈りをしよう。」と言いました。

 

満月の浄化のパワーは強いもので、それをたくさん受けていると身体がエネルギーで溢れてきます。

 

 

私も祈りを終えて、本殿の表に出ると、そこには煌々と輝く美しい月が浮かんでいました。

雲が薄っすらとかかった月の光を眺めていると、時間の流れがゆっくりと感じられ、悠久の時の流れに身が吸い込まれてしまうかの様な境地になります。

日々忙殺されそうな雑事は心の遥か遠くに消えてしまったかの様です。

 

 

「あれ!、何だろう、あの光は??」

 

 

気付くと、本殿の周りの木々に小さな星の様な光がたくさん輝いているのに気付きました。

師匠に「あれは蛍ですか?」と尋ねると、

 

「おお蛍じゃ!!」

 

と他の弟子達を呼び寄せました。

 

 

 

しかし、しばらくよく見るとその光は動かないのです。

天空の星が木に付いているかの様に小さい光で、それが本殿の周りの森の木のあちこちで輝いているのです。

 

「あれは蛍じゃないな・・・」

 

師匠や他の人達も気付き始めました。

 

何だかはわかりません。

皆、初めて見る光です。

 

IMG_3422 (2) 

カメラにうまく写らないので、その美しさが伝わらないのが残念( ノД`)

 

「これは何かのエネルギーなのだろう。他の人達には見えない光じゃなかろうか」

「プージャで熱い炎を見ていたから、見えないものが見える様になったのかもしれない。」

 

と師匠は言いました。

 

修行場は山の中腹にあり、天空の星がとても綺麗に見えます。

それは都会ではなかなか体験できるものではありません。

木々が光っているその光は、天空の星の様な小ささと明るさで、天の光と木の光の区別がつきにくい感じでした。

 

しばらくその不思議な光に囲まれて、幸せで満ち足りた境地を味わいました。

これまでもプージャは数えきれない位やっていますが、今回の様な体験は初めてでした

神様からちょっとした美しい光のご褒美を頂いた様な気分になりました。

 

 

 

 

 

 

以下の内容は先月の記事とほとんど同じですが、初めての方もいらっしゃいますので再掲します。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方はおそらくシヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

先月のルドラクシャと同じものになりますので、複数になるという方は身近にいる大切な人にプレゼントしたり、または紐を変えたりして身体の違う部位に漬けてみたりするのも良いでしょう。

 

4つ貯まった人は、小袋に入れてベッドや布団の四隅に置いてみるのもお勧めです。

4つのルドラクシャに囲まれたエネルギーの結界ができて、睡眠中ネガティブなエネルギーから護られます。(睡眠中はエネルギー的にも無防備になりやすいのです)

また、高いエネルギーの空間で睡眠をとれますので、疲労の回復が早いと実感しています。

 

 

ギフトとして預かっているのは、下記のルドラクシャのお守りです。

ストラップタイプとネックレスがあります。

 

 

実物は多少デザインが異なる場合があります

 

 

ルドラクシャとは、インドの聖者や修行者が首から下げているネックレス(ジャパマーラ)の珠のことで、神の雫(しずく)とも言われます。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。

 

 

 

ルドラクシャは、色々と種類があり、ランクもピンからキリまでありますが、その価値を決めるのはそこに入っている気(エネルギー)です。

写真のルドラクシャは、師の庵(修行場)で45年もの長期間、気(エネルギー)を入れ込んだ非常に価値の高いものです。 

通常は、オレンジ色っぽいのですが、これは年期入っているため黒光りしています。

黒光りしているルドラクシャは珍しく、持っている人は稀です。

また、小さなオレンジ色のルドラクシャはブッダ系の寺に伝わって来た物です。

 

この中には、

 

龍のエネルギー(願望成就)

天使のエネルギー(喜びをもたらす)

魔除けのエネルギー

 

が入っています。

 

 

 

龍のエネルギーを入れるために、ルドラクシャを密教で伝わる「龍のオイル」に漬け込みます。

この「龍のオイル」とは、ある特殊な密教技法によって龍のエネルギーが満ち溢れているオイルのことをいいます。

私が「邪気祓い開運堂」で斡旋している邪気祓いオイルより強力で、一般には斡旋していない修行者専用のオイルです。

その「龍のオイル」のエネルギーが入っているため、ルドラクシャのエネルギーも非常に強力です。

悪霊も容易に近づけません。

気(エネルギー)が感じ取れない人にとっては、只の飾りにしか見えませんが、気(エネルギー)がわかる人が見たらその真価がわかるというものです。

 

龍 

 

ルドラクシャをお渡しする際にこの「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルがたくさん付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

929日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11,000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 

 

 



2018_08_27


IMG_3268.jpg
2018年7月 ご神木プージャの炎


皆さん、こんにちは。

 

728日(土)2210分~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

今回も非常に多くの方々にご参加頂きありがとうございました。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 

 

 

1か月ぶりに訪れた師匠の修行場は、思ったより西日本豪雨の影響を受けていました。

師匠と兄弟子が手掘りした瞑想用の洞窟は、水が溜まって水没したとのことでした。

そのため、私が見た時には床が泥に覆われていました。

姉弟子も遠方まで出かけた帰りに豪雨に見舞われ、道路封鎖によってコンビニで車中泊をする事態に見舞われ、大変不安な一夜を過ごしたそうです。

 

 

それにしても気象が益々異常さを増していますね。

北極圏で33℃という最高記録を更新する一方、南極ではマイナス100℃近い最低記録を更新したそうです。

方向性としては氷河期に向かっているという説を私は指示していますが、今後の天変地異にも予断を許さないところです。


 

IMG_3253.jpg 

豊後富士と呼ばれる由布岳は前の大地震と豪雨の影響でがけ崩れが進み山の形状がすっかり変わってしまいました。山の神様はどの様な思いなのでしょうか?

 

 

 

師匠の修行場は山の中腹にあり、冬は激寒、夏でもこれまでは割と過ごしやすかったのですが、今年の7月は特に蒸し暑く過ごしにくいという実感でした。

 

 

とにかく暑い!(;゜0゜)

 

 

こんな高地でも熱中症に注意しないとならないとは!

飼っている犬は毛に覆われているので、暑そうで可哀想でした。

 

 

 

 

また、今回の修行では巨大化した昆虫類と遭遇する機会が多く、それが怖くて逃げ回っていました。

なんと!こぶし大ほどのバッタや蜘蛛が出たのです!

私は蛇もアナグマもお化けも別に怖くはありませんが、バッタとチーズはホントご勘弁願いたいのです。

 

 

日曜日の朝、シャワーを浴びていたら、見たこともない大きさの蜘蛛が出現したのです。

時々森や林で見かける大きな薄めの胴体と長い足を持つ蜘蛛は恐くも何ともありません。

今回出現したのは胴も足も太いやつで、ノッソノッソと動いていました。

 

冷静に考えれば急に飛び掛かってくる可能性はないのですが、裸でいる状態で不意打ちを食らうと人間は弱いのですね。

取るものも取りあえず、瞬間的にシャワー室を飛び出しました。

 

 

「やべ!!タランチュラが出た!」

 

 

と師匠や修行仲間に言ったら、「それは守り神だ」とか「水野君は都会っ子だ」とか「それも修行だ」とか・・・いろいろ言われ取り合ってもらえませんでした (;д;)

あれは絶対に日本の蜘蛛ではないです!

強大なバッタといい、日本は熱帯に住む様な生き物に浸食されているのではないかと心配になりました。

 

 

 

そんな気候の中でのプージャですので、熱さが半端ないです。

 

私はプージャの炎の熱さには割と耐性があり、他の弟子達が炎から離れる場面でも居座って祈っているのが常なのですが、今回は顔の皮膚が火傷してよれてきている様な感覚を感じ、「炎、半端ない」と心中思っていました、。

 

 

特に今回は師匠が龍の力を高めるために、龍の〇〇を炎に入れてくれましたので、一層エネルギーも強まったのでしょう。

二度と手に入らないであろう龍の〇〇をプージャに使ってくれるとは、こんな贅沢でありがたいことはありません。

 

 

さらに、樹脂を大量に含んだ大きな香木をふんだんにくべていますので、吹き上がる様に炎が天井に向かってうねっていました。

香木は特有な芳香を発し、神はその芳香を好むと言われます。

一方、その香りを魔はとても嫌がりますので、魔除けにも使用されます。

香木はとても高価で、いわば1万円札を燃料に使っている様なものなのです。

 

 

 

 

強烈な熱さとエネルギーで、頭からビッショリ水を被った様になり、終わった後は衣類を取り換えなければなりませんでした。

 

しかし、汗と一緒に体内の不浄なエネルギー(邪気)が出ていくのも感じられましたので、気持ちの良い爽快感を感じました。

炎が熱ければ熱い程、ネガティブなエネルギー(邪気)も浄化されることでしょう。

 

この様にして、今回お預かりしたご神木は炎の中で燃やされました。

皆様のところには、そのエネルギーは届きましたでしょうか?

 

 

 

 

また、プージャの際にはヒーリングスティックや五鈷杵、神獣の爪牙など、様々な法具に入魂を行っています。

 

入魂を待つ法具には、100年伝わる秘伝の壺に溜まっているオイルを塗っていきます。

このオイルには、エネルギーを高めるために様々な液体・固体が漬け込まれています。

それをオープンにするとビックリしてしまうと思います。

密教の教えですのでここで公開はできませんが、師匠がオイルを私の手に付けてくれたのが下の画像です。

 

IMG_3281.jpg 

 

 

以下の内容は先月の記事とほとんど同じですが、初めての方もいらっしゃいますので再掲します。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方はおそらくシヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

先月のルドラクシャと同じものになりますので、複数になるという方は身近にいる大切な人にプレゼントしたり、または紐を変えたりして身体の違う部位に漬けてみたりするのも良いでしょう。

 

4つ貯まった人は、小袋に入れてベッドや布団の四隅に置いてみるのもお勧めです。

4つのルドラクシャに囲まれたエネルギーの結界ができて、睡眠中ネガティブなエネルギーから護られます。(睡眠中はエネルギー的にも無防備になりやすいのです)

また、高いエネルギーの空間で睡眠をとれますので、疲労の回復が早いと実感しています。

 

 

ギフトとして預かっているのは、下記のルドラクシャのお守りです。

ストラップタイプとネックレスがあります。

 

rudorakusha.jpg 

実物は多少デザインが異なる場合があります

 

 

ルドラクシャとは、インドの聖者や修行者が首から下げているネックレス(ジャパマーラ)の珠のことで、神の雫(しずく)とも言われます。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。

 

 

 

ルドラクシャは、色々と種類があり、ランクもピンからキリまでありますが、その価値を決めるのはそこに入っている気(エネルギー)です。

写真のルドラクシャは、師の庵(修行場)で45年もの長期間、気(エネルギー)を入れ込んだ非常に価値の高いものです。 

通常は、オレンジ色っぽいのですが、これは年期入っているため黒光りしています。

黒光りしているルドラクシャは珍しく、持っている人は稀です。

また、小さなオレンジ色のルドラクシャはブッダ系の寺に伝わって来た物です。

 

この中には、

 

龍のエネルギー(願望成就)

天使のエネルギー(喜びをもたらす)

魔除けのエネルギー

 

が入っています。

 

 

 

龍のエネルギーを入れるために、ルドラクシャを密教で伝わる「龍のオイル」に漬け込みます。

この「龍のオイル」とは、ある特殊な密教技法によって龍のエネルギーが満ち溢れているオイルのことをいいます。

私が「邪気祓い開運堂」で斡旋している邪気祓いオイルより強力で、一般には斡旋していない修行者専用のオイルです。

その「龍のオイル」のエネルギーが入っているため、ルドラクシャのエネルギーも非常に強力です。

悪霊も容易に近づけません。

気(エネルギー)が感じ取れない人にとっては、只の飾りにしか見えませんが、気(エネルギー)がわかる人が見たらその真価がわかるというものです。



龍 

 


ルドラクシャをお渡しする際にこの「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルがたくさん付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。



Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

825日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11,000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 

 

 


2018_07_31


2018年6月ご神木プージャ  
2018年6月30日ご神木プージャの炎



皆さん、こんにちは。

 

昨日630日(土)2210分~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

今回も非常に多くの方々にご参加頂きありがとうございました。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 

 

今回のプージャは、カーリープージャを行いました。

これはカーリー女神に願いを届けるプージャです。

 

カーリー女神はインドの神様で、シヴァ神の妻です。

風貌をご覧いただくとお分かりの様に、神か悪魔か分からない様な恐ろしい形相をしています。

カーリー女神は血と殺戮を好む戦いの女神です。

私も最初カーリー女神を知った時は「随分と恐ろし気な神様だな」という印象を持ったものです。

 

カーリー女神 

カーリー女神

 

しかし、このカーリー女神はインドでもとりわけ人気のある神様の一柱であります。

なぜなら、カーリー女神は魔と闘う最強の神であるからです。

 

女神というと女性らしく愛に溢れ、慈しみ包み込む・・・そんなイメージがあります。

でも、実際のところ世の中綺麗ごとだけで片付きません。

この物質世界には多くの苦しみが満ち溢れ、一向に出口が見えない苦しみの中でもがいている人々は無数にいます。

 

カーリー女神は苦しみの根源・・・カルマ(業・因縁)や魔を焼き尽くすために生まれた戦いの女神です。

インドの女神にはドゥルガー女神というこれまた強い戦いの女神が存在します。

ドゥルガー女神もシヴァ神の妻であり、虎やライオンにまたがってアスラ(魔)と闘う姿で描かれます。


戦いの女神ドゥルガー

魔と戦うドゥルガー女神 

 

ドゥルガー女神が魔と戦っていたある時、劣勢に立たされる場面がありました。

このままではヤバいというその時、ドゥルガー女神の額が割れて、中から這い出て来たのが、カーリー女神です。

カーリー女神はドゥルガー女神に輪をかけて暴れん坊にした神であり、劣勢の場面もなんのその、その場で敵のアスラ軍を一蹴してしまいました。

 

無双のカーリー女神は、歓びに狂い踊りまくっていてもう誰も手が付けられない。

大地が割れてしまう!というので、仕方なくシヴァ神がカーリー女神の下敷きになり、カーリー女神の狂気の乱舞を収めたという神話があります。

 

 

 

 

確かに、カーリー女神は恐そうだし、おどろおどろしい。

ブラック信仰なのでは?と思うかもしれません。

 

でもよく考えてみてください。

温和で美しい女神様はいつもそんな風に穏やかに過ごしている訳ではありません。

いざ悪と闘わなければならないという場面では、忿怒相に一転し男よりも恐ろしくなるのです。

 

女性である読者の皆さんご自身や、あなた(男性の読者)の奥さんだってそうでしょう。

女性は怒らすと恐ろしくて手がつけられない。(そして結構面倒くさい(笑))

温和で優しい人程、一旦怒らすと心底震え上がる位恐ろしいものです。

 

 

 

カーリー女神が怒り狂っているのは、性格が野蛮で乱暴だからではなく、人々の苦しみの根源である魔やカルマ(業)と闘い、それを取り除いてくれているからなのです。

カーリー女神が人の苦しみを身代わりに受けて苦しんでいるからとも言えます。

それだけに、神様のことをよく知っている人は、「カーリーって本当に優しい神様よね。」と言います。

濁世の地球を浄化してくれるのは、この様なカーリー女神や仏教でいう忿怒相の明王(※)様が相応しいのではないかと思います。

(※不動明王や軍荼利明王など)

 

 

 

カーリー女神は、人の苦しみを取り除いて救済してくれる慈愛の女神です。

インドでとりわけ人気があるというのは、それだけの現世利益があるからに他なりません。

かつてインドの偉大な聖者ラーマクリシュナもカーリー女神信仰ですし、マザーテレサもカーリーテンプル(寺院)を拠点に活動していました。


Ramakrishna_at_studio.jpg 

ラーマクリシュナ(出典:wikipedia

 

そんな最強最恐のカーリー女神に今回は皆様の願意が成就する様ご祈祷させていただきました。

 

カーリー女神の恩寵が参加者の皆様に降り注ぎます様に。

 

尚、プージャの時間中お祈りをしていた方々は、シヴァのマントラを唱えていたことと思いますが、「ご神木プージャ」ではそこは全く問題ありません。どうぞご心配なさらないでください。

 

 

 

 

 

 

以下の内容は先月の記事とほとんど同じですが、初めての方もいらっしゃいますので再掲します。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方はおそらくシヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

先月のルドラクシャと同じものになりますので、複数になるという方は身近にいる大切な人にプレゼントしたり、または紐を変えたりして身体の違う部位に漬けてみたりするのも良いでしょう。

 

4つ貯まった人は、小袋に入れてベッドや布団の四隅に置いてみるのもお勧めです。

4つのルドラクシャに囲まれたエネルギーの結界ができて、睡眠中ネガティブなエネルギーから護られます。(睡眠中はエネルギー的にも無防備になりやすいのです)

また、高いエネルギーの空間で睡眠をとれますので、疲労の回復が早いと実感しています。

 

 

ギフトとして預かっているのは、下記のルドラクシャのお守りです。

ストラップタイプとネックレスがあります。

 

rudorakusha.jpg 

実物は多少デザインが異なる場合があります

 

 

ルドラクシャとは、インドの聖者や修行者が首から下げているネックレス(ジャパマーラ)の珠のことで、神の雫(しずく)とも言われます。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。


修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。

 

 

 

ルドラクシャは、色々と種類があり、ランクもピンからキリまでありますが、その価値を決めるのはそこに入っている気(エネルギー)です。

写真のルドラクシャは、師の庵(修行場)で45年もの長期間、気(エネルギー)を入れ込んだ非常に価値の高いものです。 

通常は、オレンジ色っぽいのですが、これは年期入っているため黒光りしています。

黒光りしているルドラクシャは珍しく、持っている人は稀です。

また、小さなオレンジ色のルドラクシャはブッダ系の寺に伝わって来た物です。

 

この中には、

 

龍のエネルギー(願望成就)

天使のエネルギー(喜びをもたらす)

魔除けのエネルギー

 

が入っています。

 

 

 

龍のエネルギーを入れるために、ルドラクシャを密教で伝わる「龍のオイル」に漬け込みます。

この「龍のオイル」とは、ある特殊な密教技法によって龍のエネルギーが満ち溢れているオイルのことをいいます。

私が「邪気祓い開運堂」で斡旋している邪気祓いオイルより強力で、一般には斡旋していない修行者専用のオイルです。

その「龍のオイル」のエネルギーが入っているため、ルドラクシャのエネルギーも非常に強力です。

悪霊も容易に近づけません。

気(エネルギー)が感じ取れない人にとっては、只の飾りにしか見えませんが、気(エネルギー)がわかる人が見たらその真価がわかるというものです。

 

Fotolia_37894151_S1.jpg 

 

ルドラクシャをお渡しする際にこの「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルがたくさん付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

728日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11,000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。



 

 

 


2018_07_01


02  « 2019_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

水野博友

Author:水野博友
気功家・ヒーラー・瞑想家
気功で人の病気や苦しみを癒すヒーラー

愛知県出身、早稲田大学商学部卒。
埼玉県さいたま市浦和区で気功治療院「外気功療法さいたま院」を開業、肉体の病~精神の病まで日夜 気功の施術を行っている。遠隔気功の実績も豊富。
満月時は日本の山に籠り密教修行を行う、また2011年より定期的にインド・ヒマラヤ、インドネシアに渡り様々な聖者の指導を受けて霊性修行に励んでいる。

フリーエリア





ツイッター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top