皆さん、こんにちは。

遠藤周作氏の「沈黙」がマーティン・スコセッシ監督によって映画化されました。
劇場上映は終了していますが、興味深い映画ですのでご関心のある方はDVDなどでご覧ください。

この映画のストーリーは、下記の様なものです。



17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕らえられ棄教(信仰を捨てる事)したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取り締まりは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。そして次々と犠牲になる人々― 守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―(C)2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.



信仰とは何か?
神とは何か?
なぜ神は沈黙しているのか?

その様なことを深く考えさせられることでしょう。
また、江戸時代初期、キリシタンを弾圧した様相を知ると、現代社会が思想・信仰に対して寛容であるとありがたく感じます。


この映画は、信仰する人(パードレ〔宣教師〕や信者)の視点から描かれています。
その視点から見れば、為政者はまったく酷い弾圧をしていたということになります。
しかし、欧州の帝国主義がバテレンの布教活動を先鋒に植民地拡大をしていたことを豊臣秀吉も徳川家康も把握していましたので、政策としては妥当だったと私は思います。

ただ、政策的な見方をせず、個の立場でキリストへの信仰を貫こうとする姿勢をどう捉えるか?
それは観る人によって異なることでしょう。

「自分がパードレ(宣教師)や信者の立場だったらどうするだろうか?」

そんなところに感情移入しながらご覧になると楽しめると思います。

「私(水野)だったらどう行動したのでしょうか?」・・・それは、まだ見ていない人のために書かないでおきましょう。







2017_09_01


IMG_15842.jpg


皆さん、こんにちは。

 

これまでブログやTwitterでタヌキを見たと何度も言ってきましたが、いつも撮影する間もなく逃げられてしまい、証拠をお見せできませんでした。

なにせ、カバンからスマホを取り出そうとする間に、いつも消えてしまうからです。

折しも10日程前にも遭遇したのですが、その時もなすすべもありませんでした。

しかし、今日(201758日)の23時頃、戸田市近郊でタヌキの撮影にかろうじて成功しました。

 

近づくと瞬間的に逃げてしまうので・・・こっそり遠くから撮影するしかありません。

何かよくわからない・・・という読者の皆様の声が聞こえて来そうです。

でも、これはタヌキなんです。

犬でもアライグマでもありません!

撮影してる私をじぃ~と見つめています。


IMG_15841.jpg 

 

今回は、1枚撮っている内に消えてしまいました。

なかなか撮影が難しいです。

UMA(雪男とかツチノコなどの未確認生物)を発見した人が撮った写真は、いつも何かよくわからないものばかりですが、撮影した人の気持ちが分かる様な気がします。

 

埼玉県の戸田市は東京都北区の北部に隣接する地域で、東京のすぐ隣ですから、普通タヌキはいないですよ。

家族や近所の人に聞いても、1人を除いて皆見たことがないと言って信じてくれません。

 

そうしたら以前、「鉄腕ダッシュ(日テレ)」で新宿区下落合あたりにタヌキがまだ生息しているって報道していた様ですね。

ほんのわずかの小さな森でひっそりと生き抜いてきたのでしょう。

 

 

このブログ、私がいつも書いている気(エネルギー)とか修行とかの記事はほとんどレスポンスがありませんが、動物の記事なると結構あるんですよね。

動物のブログに変えた方が喜んでもらえるのではないかと思う今日この頃です。

 



2017_05_09


women-697927_640.jpg


皆さん、こんにちは。

今日お客様から次のご質問を頂きました。



「先日、テレビ番組で塩シャンプーが頭皮良いという様な事を耳にしました。
塩シャンプーは至ってシンプルで、お湯に粗塩を溶き混ぜたもので洗髪するというものだそうです。
私は今迄市販のシャンプーを使い続けて来ましたが、一度試してみようかと思ったと同時に、ふと水野先生は何で洗髪されてるのだろう?と思いまして。」





このご回答です。

私の頭髪は側面が4~6mm位でとても短いため、シャンプーは使用せず、洗顔と頭髪洗いと一緒にしています。
コンディショナーももちろん使用しません。
ドライヤーも使用せず、タオルで1~2回拭けば乾いてしまいます。
全然参考になりませんでしたね。(゚∀゚)


ただ、石鹸にはこだわっていて「シャボン玉浴用」を使用しています。

Scannable の文書 (2017-03-08 0_34_20) 

これは無添加の石鹸で、香料・着色料・酸化防止剤・合成界面活性剤を使用していません。
成分は石けん素地だけです。
普通の石鹸やシャンプーは界面活性剤が入っていて、毛髪や皮膚表面を通過し血中に入ってくるので人体に悪影響があると言われています。
これは、経費毒というものです。


経費毒は常に私は意識して生活していますので、石鹸も洗剤も無添加のものを使っています。

Scannable の文書 (2017-03-07 23_35_08) 

この「シャボン玉浴用」は、パッケージにも書いてありますが、「釜炊き職人が良質な天然油脂を原料に1週間から10日間かけて丁寧に炊き上げて」、しかもその出来具合は、「職人が舌で舐めて確かめている」ということです。

職人が舐めて大丈夫であれば、皮膚に付けても大丈夫なのだろうと、安心して永年使用しています。
もちろん、皮膚の問題もこの石鹸によって起こったことはありません。

私が修行場で修行仲間に紹介したところ、それからこの「シャボン玉浴用」を使用している人が数人でてきて、喜んでくれています。

浄化塩 

そして、仕上げは「浄化塩」です。
浄化塩とは、天然の塩に私が気を封入したもので、普通の塩より浄化の力が強くなっています。

軽く握った位の浄化塩を頭から後頸部に揉むようにして塗り、それからお湯で流します。
浄化塩は邪気を浄化する力が強いので、頭部や頸部に溜まりがちな邪気を軽減してくれます。
邪気が抜ければ血行も良くなりますから、頭皮や頭髪にも良いものと思います。
洗い上がりはかなりさっぱり爽快で、やみつきになりそうです。

➡ 浄化塩

塩シャンプーと同じ様な感じですね。
塩シャンプーのメリットは、

  • 白髪・抜け毛の解消
  • 頭皮のニオイや痒みの改善
  • 発毛促進
  • 髪にハリやコシを与える

ということです。



参考になりましたでしょうか?
もしよかったら、皆さんもどうぞやってみてください。





2017_03_08


皆さん、こんばんは。

12月14日の深夜12時頃、帰宅途中のさいたま市の路上に、何やら大きな塊が道端の水たまりで手を洗っているのを見つけました。


「ええっっ!!!!!!!!!」

「なんじゃ、こりゃ~!!」


何と、アライグマが手を洗っているではありませんか!

まぁ、びっくり。
おもむろにスマホをカバンから取り出して撮影しようとしたら、車の陰に隠れてしまいました。

暗くて見えないぞ。
IMG_07771.jpg 

全然出て来ません・・・・
IMG_07841.jpg 



少し離れてしばらく隠れていました。




すると出てきた。
IMG_07901.jpg 

IMG_07871.jpg 


結構、でかいもんだな。
IMG_07861.jpg





なんと、腹を出して座ったのだ!
なにやってる!?
IMG_07931.jpg 


狸の置物みたいだぞ。



以前はたまにたぬきを深夜に見かけたけれど、最近見ていないなぁと思っていたらアライグマと遭遇しました。

→ 過去記事 「都会の夜に出没するもの

ハクビシンやイタチは時々見かけていたけれど、彼らはすばしこいので、撮影しようとスマホを取り出している間にもう消えてしまいます。

おい、捕まると殺されちゃうぞ。
人間に気を付けて元気でいるんだぞ。




2016_12_15


midorinotanuki.jpg


まるちゃんの緑のたぬきです。
「あ~かいきつねと、みどりのたぬき」で御馴染みのCMで、武田鉄也さんが出ています。
何と武田鉄也さんは1978年からずっとこの商品のCMに出演し続けています。

緑のたぬきは全国一律であると思っている人が多いでしょうが、実は北海道版、東向け、関西版、西向けと地域によって4種類の生産されているのです。

さて、3月14日(土)の夜は私が主宰するヒーラーサットサンガが開催されました。
サットサンガとは聖なる集いという意味で、当店では私がスピリチュアル・ヒーラー養成塾でヒーリングを教えた受講生を対象に瞑想とヒーリング実習を月1回行っています。

 ヒーラーサットサンガ

サットサンガは7時から始まり大体9時半から10時の間に終了しますが、私は後片付けや自己浄化をして店を出ると夜中の12時位になります。
店を出ると浦和駅前でも歩いている人の数は少なく、我ながら土曜日の深夜までよく働くものだと思ったりもします。

私は自宅と店を自転車で通勤しています。
自宅はさいたま市から自転車で30分程南に行った戸田の辺りで、緑も少ない東京北区に隣接する住宅地です。
暑い日も寒い日も、雨の日も風の日もいつも自転車で通っており、これが自分にはよい運動になると考え、疲れている時も自転車のペダルを一生懸命漕いでいます。
たまには軽自動車の一台でもあったらと思わない時もなきにしもあらずですが、かなり寒い日でも店に着く頃には軽く汗をかき身体も熱くなっているので、これが健康に大きく寄与しているのだと思い軽自動車への思いを打ち消していたりします。

自転車で深夜走っていると思わぬものに遭遇したりします。
これまで10回近く遭遇したのが、写真にありますたぬきです。
たぬきと出会う時は決まって12時過ぎであり、バッタリ出会うとお互いにびっくりして見つめ合って固まります。

そして私は写真を撮ろうと急いでiphoneをゴソゴソと取り出そうとするのですが、いつもその間に消えてしまい悔しい思いをします。

下の画像は違うところから拝借したたぬきの画像で私が撮影したものではありません。

thumb5.jpg
http://photo1.ganref.jp/photo/0/575e2a8958ac3001d685ece62a3aeabe/thumb5.jpg

こんな都会の住宅地にまだたぬきが生息しているのは本当に驚きです。
しかし、私の家族やご近所の知り合いも誰も見たことがなく、私が「たぬきがまだ生息しているのだ」と話をしても「へ~」という感じになってしまいます。
しかしようやく最近私の他に子供の友人の一人でたぬきを見たことがあるという人が出てきました。

15年位前にお会いした高田馬場の食堂のおばちゃんは戸田市の生まれ育ちで「昔は戸田は田んぼばっかりでたぬきがいたのよ。」と話していたのを思い出しました。
きっとその生き残りなのかもしれません。

私は正確に数えてはいませんがかれこれ10回位お目にかかっているものと思います。
深夜にたぬきが単独で住宅地をお散歩していたり、ペアでお散歩していたりします。
何で私はたぬきさんとよく会うのか不思議ですが、いつか写真に収めたいと思っています。

深夜に自転車で走っている時、これまでに下記の様な珍しい動物と遭遇したことがあります。

ハクビシン

hakubisin.jpg
http://www.city.mitaka.tokyo.jp/c_service/011/011198.html

イタチ

itachi.jpg
http://towadashiragami.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-20c9.html


都会の街の中でも人間が眠っている時には、こうして目立たず動物達の生き残りが活動しています。
その数も減る一方でもう風前の灯でしょう。
あと10年もすれば見ることはないのかもしれません。


※以前コラムで「秩父山中にニホンオオカミはいる!?」という記事を書きました。もし良かったらご覧下さい。


2015_03_17


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

水野博友

Author:水野博友
気功家・ヒーラー・瞑想家
気功で人の病気や苦しみを癒すヒーラー

愛知県出身、早稲田大学商学部卒。
埼玉県さいたま市浦和区で気功治療院「外気功療法さいたま院」を開業、肉体の病~精神の病まで日夜 気功の施術を行っている。遠隔気功の実績も豊富。
満月時は日本の山に籠り密教修行を行う、また2011年より定期的にインド・ヒマラヤ、インドネシアに渡り様々な聖者の指導を受けて霊性修行に励んでいる。

フリーエリア





ツイッター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top