Fotolia_67210226_S - コピー


皆さん、こんにちは。

私が主宰するスピリチュアル・ヒーラー養成塾の生徒さん、またヒーリングスティック等の施術具・法具をご購入頂いたお客様を対象に毎月1回「サットサンガ」という会を開催しています。

サットサンガとは、サンスクリット語で「真理の集い」「聖なる集い」という意味です。
「サット」が「高貴な」・「聖なる」・「真実の」という意味の形容詞、「サンガ」が「集まり」という意味の名詞で、「サット」と「サンガ」で「聖なる集い」という意味の単語になります。
一般的には、スピリチュアリティや人生の生き方を学ぶ小規模な会の呼称として使われます。

また、サンガには「仏教の出家修行者の組織」を指す場合もあります。
プロサッカーチームで京都パープルサンガがありますが、このチーム名に含まれるサンガはサンスクリット語のサンガに由来します。
つまり、訳すと「京都の紫色の集まり」となり、何ともお坊さん臭い感じが漂ってきます。

また、これは類推ですが、毎年1月2日に行われる皇室行事の「一般参賀(さんが)」の参賀も同じ語源なのかもしれません。



私が主宰するサットサンガは、前半約1時間半私が説法をします。
後半1時間は合同瞑想をやります。

説法は都度スピリチュアルなテーマを決め、それを掘り下げて話をしています。
今年に入ってからは、

1月 「風邪の本質~風邪を活かす方法~」
2月  マハーシヴァラートリーの瞑想会
3月 「仕事」
4月 「長寿と寿命を考える」
5月 「水の神秘」
6月 「地球・生命、そして天災」

この様なテーマで説法をしてきました。


サットサンガの説法のテーマを決めるのは、これは何となく直感で決めています。
だいたい、そのテーマについて話をする時は、その話を必要としている人がいる場合が多い様に感じています。
つまり、ちょうど人生に迷っている人・悩んでいる人がいて、私が神様から「これを話なさい」とメッセージを受け、それで私が話をするパターンなのではないかと勝手に思っています。
そして、私の話を必要としている当人は、話からヒントを得てより良い人生選択をしているのだと信じている次第です。


サットサンガで大変なのは、まず何をテーマにするかなかなか決まらないこと。
自分の好きで決めれば楽なのですが、直感を得て意思決定をしているところがなかなか進まないというか効率が良くないところです。
そして、直感を得てようやくテーマが決まると、次に関係する文献を読み漁ります。
しかし、毎日気功治療で帰りが遅いのでなかなか本を読む時間がとれなくて次第に焦ってきます。

本やWebサイトの情報を上手く編集するだけでは面白みがないので、自分なりの意見・考えを伝えなければならないと思っています。
私は真理を伝えるつもりでやっていますが、そのような話は常識からかけ離れていることが多くあります。
かけ離れているだけではなく、常識と真逆なこともあります。
続けて出席頂いている方は、大分世間では変わり者になってきているはずです。

珍説や奇説を収集して話している訳ではなく、非常に大事なこと=話のコア(核)となるところはインスピレーション(直感)でわかるのです。
それが出て来るまでは、締め切りに追われる作家の様に、「一体何を話せばいいんだろうか」と苦しんでいます。
だから最近は作家さんの苦労が分かるようになりました。

作家・漫画家・映画監督も着想を得るまでは、手(筆)が動かないという産みの苦しみを味わっています。
映画監督の宮崎駿さんもそうですし、漫画家井上雄彦さんもそうです。


井上雄彦さんはスゴイわ!(ちょっと長いです…)

私はそんな偉大な人達とは比肩できませんが、同じ様に「あと2日なのに、まだ話の核ができていない」と焦り苦しみます。
そして、「これ」という話の核が直感で得られると途端に筆(私の場合はキーボードですが)が動き、一気呵成にレジュメを仕上げます。


私は作家ではなく、気功治療家なのでこんな大変なことをする必要は全くないと思うのですが、一つには説法を楽しみにしてくださっている人がいるので、頑張って取り組んでいます。

二点目は、最後の落としどころになる話の核の部分は、私も知識がない・知らないことを天からダウンロードしてくるという感じであり、私自身も新たな発見でとても勉強になるのです。
「こんな見方があったのか~!!」という驚きと共に腑に落ちるのです。
この最後の落としどころ=「大事な結論」となる発見を得られるのが説法のやりがいであります。
それが何か自分自身の見識を深め、オリジナリティの礎(いしずえ)になっている感じもします。

それを得るために毎月多大なエネルギーを使っている様に思えます。
正直、サットサンガは全然お金に結び付かないし、またサットサンガにエネルギーを消費し過ぎてブログの更新もできません。
ブログはブログで楽しみにしてくださっている人も少なくない様ですので、最近は申し訳ないという気持ちです。
費用対効果を重視する企業であれば、真っ先に不要と判断される業務になることでしょうが、個人事業だから非効率・不経済でも継続できるのです。

そして、サットサンガが終わると翌日の日曜日はぐったりとなって、もぬけの殻状態でふらふらしています。

この様にしてサットサンガの説法は出来上がっているのです。
「なんかいつも変わったことを話しているよな~」と頭に「?」がたくさん浮かんでいる人もいるでしょうし、「どうして自分に必要なヒントがたくさん話に出て来るのだろう」と思っている人もいることでしょう。
また今後も楽しみにして頂ければ嬉しく思います。

ちなみに、7月のサットサンガは15日(土)19時からです。
説法のテーマは例によってまだ決まっていません。





2017_06_25



IMG_167413.jpg 
2017年6月10日 ご神木プージャの炎

皆さん、こんにちは。

 

山中での修行を終えて、埼玉に帰る道中でブログを書いています。

 

今月の修行でも激しい浄化が起こったので辛い時がありました。

この苦しみが続いて取れなかったらどうなるのだろうかと不安になります。

しかし、しばらくすると沈静化するので大丈夫と言えば大丈夫なのですが、辛いことはできれば経験したくないものです。

今回も師匠に救済をお願いしたので、お陰様で割と短時間で正常に戻ることができました。


 

気功治療(ヒーリング)など人を癒す仕事は、特に相手から受けた邪気が自身のエネルギー体に残ってしまいます。

しかし、多くの治療家・ヒーラーはそれに気付きません。

大体、気感が乏しいためわからないのです。

「自分は邪気を受けないので大丈夫」とか「邪気を受ける人は弱いのだ」とか思っています。

実は私も駆け出しの頃はそうだったので、その気持ちがわかります。

 

しかしレベルが上がって来るとそうではなかったことに気付きます。

自分は丈夫ではなく、やはり邪気を受けていたことに愕然とします。

 


邪気を受けたままにしていると、感情や思考が乱されます。

頭がモヤモヤしている状態になります。

それが異常な状態であるということが分かれば良いのですが、それに気付かない人が大半です。

それのみならず肉体の病気、自律神経の病気として現れて来るものもあります。

多様な風邪症状の様な形で現れる人もいて、邪気の悪影響の現れ方は実に様々です。

 

邪気を浄化するのに最も効果的なのは瞑想です。

瞑想を実践するのが良いのですが、瞑想は自己流では上手くいきませんので、指導者について学ばれることをお勧めします。

また、ヒーリングスティックで自己治療をするのも邪気の浄化の助けになります。

 

➡ ヒーリングスティック

 

IMG_1652.jpg 

修行場の山から見た満月 


さて、一昨日の土曜日22時から約1時間、毎月恒例のご神木プージャ(護摩祈禱)を執り行いました。

 

ご神木プージャの開始時間が確定した段階で私がTwitterで告知しています。

毎月Twitterで開始時間をご案内していますので、来月以降もチェックしてみてください。

ただ、告知は直前(21時前後)になることが多いので、その点はご了承願います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

 

そして、今回もたくさんの方にご参加頂きありがとうございました。

師匠共々、皆様の願意が速やかに成就することをご祈願させて頂きました。

 

今回のホーマ(護摩)の炎はとりわけ火力が強く熱かったです。

ホーマに沢山の高価な香木を惜しげもなく注ぎ込んだためでしょう。

私もこれまでになく顔や背中が汗だくになりました。

香木は香りのよい高価な木で、手に持つと見た目よりずっしりと重く、水に浮かべても沈みます。

香木の香りは天使(エンジェル)が好むもので、焚いていると天使を呼び込みます。

 

 

また今回特に凄いと感じたのは、プージャしている時の師匠の気(エネルギー)です。

炎を前にしている時の師匠は神懸かり状態になっていて、巨大なエネルギー場ができます。

修行の進んだ阿闍梨・高僧などの人物には神が懸かるため、生き神様と言われます。

私は師匠の傍でプージャをしているためよくその状態がエネルギー的にわかります。

師匠が神人合一の境地に至り、プージャを執行している尊い瞬間です。

私は毎回傍で間近に見させて頂いているので、幸せ者と思います。

 

そして、師匠が皆様から預かったご神木を次々に炎にくべると、バチバチバチバチと大きな割れる様な音が鳴り響きます。

物理的には材木の水分量の関係かもしれませんが、私には人の病気や苦しみの原因となるエネルギー(カルマ〔業〕など)が浄化されて燃えている様に感じ、一層祈りに力を込めます。

 

その後、師匠は入魂を依頼されているご神像やヒーリングスティックなどの法具に立て続けにご神仏の魂を入れて行きます。

その時、ただの木片や金属にご神仏の魂が封入され、生きたご神像となるのです。


IMG_16671.jpg 

今回入魂の依頼があったガネーシャ像(プージャ前の状態)

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

先月のルドラクシャと同じものになりますので、複数になるという方は身近にいる大切な人にプレゼントしたり、または紐を変えたりして身体の違う部位に漬けてみたりするのも良いでしょう。

以下の内容は先月の記事とほとんど同じですが、初めての方もいらっしゃいますので再掲します。

 


 

ギフトとして預かっているのは、下記のルドラクシャのお守りです。(ストラップタイプとネックレスがあります)

 

IMG_14971.jpg 

 

ルドラクシャとは、インドの聖者や修行者が首から下げているネックレス(ジャパマーラ)の珠のことで、神の雫(しずく)とも言われます。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(ジャパマーラ)を指でくくって修行をするのです。

 

ルドラクシャは、色々と種類があり、ランクもピンからキリまでありますが、その価値を決めるのはそこに入っている気(エネルギー)です。

写真のルドラクシャは、師の庵(修行場)で45年もの長期間、気(エネルギー)を入れ込んだ非常に価値の高いものです。

通常は、オレンジ色っぽいのですが、これは年期入っているため黒光りしています。

黒光りしているルドラクシャは珍しく、持っている人はかなり稀です。

また、小さなオレンジ色のルドラクシャはブッダ系の寺に伝わって来た物です。

 

 

この中には、

 

龍のエネルギー(願望成就)

天使のエネルギー(喜びをもたらす)

魔除けのエネルギー

 

が入っています。

 

気(エネルギー)が感じ取れない人にとっては、只の飾りにしか見えませんが、気(エネルギー)がわかる人が見たらその真価がわかるというものです。

 

先月もこのルドラクシャを受け取った方々からたくさんのお喜びのメールを頂きました。

改めてお礼申し上げます。

 

このルドラクシャは非常に価値の高いものです。

目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、たかが飾りと思わず、永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワーを頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。

 

➡ シヴァ神

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方、講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

ご到着を楽しみにお待ちください。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャは、損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 

 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

78日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11,000円以上のご喜捨(寄付)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 



 

〔お詫び〕

今回対面でお申込み頂いた方々を記録したデータが消えてしまいました。(※ウェブサイト・メールでお申込み頂いた方の記録は残っています。)

覚えているつもりですが、もし私の方からギフトの進呈がなかった場合は誠に申し訳ございませんが自己申告して頂けます様お願い申し上げます。




2017_06_12


earth-550157_6401.jpg 

皆さん、こんにちは。

今回は、今月のサットサンガ(聖なる集い)のご案内です。

 

6月のサットサンガの開催日時は、

 

617日(土)19時~21

 

となります。

 

また、今月の説法は、

 

「地球・生命、そして天災」

 

これをテーマに1時間お話しします。

 

地球というとテーマが大きすぎるのですが、余り科学的な話にならない様スピリチュアルな観点に絞ってお話しします。

今回の話は、学校の理科や世間で言われている科学的常識と全然違いますので、多分私の言っていることがバカみたいに思えるかもしれません。

 

でも、今はわからなくてもいつかわかるときが来るものです。

いつもサットサンガに参加している皆さんは比較的柔軟な思考をお持ちでしょう。

物事は頭から否定せずに、わからなくても一旦受け付けるという姿勢が大事です。

 

科学的な常識を信じていると言っても、自分自身で数式から検証した訳ではありませんし、むしろ学者など権威がそう言っているので自分も信じているという程度の妄信であることがほとんどです。

この状態はいわゆる思考停止状態であるのです。

 

それよりかは例え間違っていても、自分自身で現象から意味を抽出して考え抜いた末に導きだした結論・信条を大事にしている姿勢の方がはるかに尊いというものです。

 

という訳で、今月の説法もどうぞ楽しみにしていてください。

 

 

 

では、サットサンガのご案内です。

サットサンガの参加資格は、次の通りです。

 

スピリチュアル・ヒーラー養成塾の下記の講座受講者(受講中でも可)

・スピリチュアル・ヒーリング講座

・メディテーション&ヒーリング講座(密教瞑想講座)

・レイキ講座

 

当院から下記をご購入された方

・ヒーリングスティック(銅製)

・ヒーリングスティック(独鈷杵)

・五鈷杵

(➡ 「邪気祓い開運堂」

 

後半は合同瞑想をしますが、瞑想初心者でも大丈夫です。

初めての方も奮ってご参加ください。

合同瞑想に参加して、たくさん力を受け取って、たくさん浄化して帰ってください。

 

瞑想をしますので、腹一杯の状態で来ない様に。

できるだけ空腹の方が良いですね。(水分はOK。強制ではありません。)

 

 

また、くせの強い人もいませんので、人間関係のご心配も要りません。

レイキ講座の受講生も奮ってご参加頂ければと思います。

 

 

参加ご希望の方は事前準備がありますので、メールフォームかメールよりご一報ください。

 

➡  「お問い合わせ」メールフォーム

 

その他、詳細は「スピリチュアル・ヒーラー養成塾」のサイトの「サットサンガ」をご覧ください。

 

➡  「サットサンガ」

 

 

では、たくさんの方とお会いできるのを楽しみにしています。




 



2017_06_05


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

水野博友

Author:水野博友
気功家・ヒーラー・瞑想家
気功で人の病気や苦しみを癒すヒーラー

愛知県出身、早稲田大学商学部卒。
埼玉県さいたま市浦和区で気功治療院「外気功療法さいたま院」を開業、肉体の病~精神の病まで日夜 気功の施術を行っている。遠隔気功の実績も豊富。
満月時は日本の山に籠り密教修行を行う、また2011年より定期的にインド・ヒマラヤ、インドネシアに渡り様々な聖者の指導を受けて霊性修行に励んでいる。

フリーエリア





ツイッター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top