FC2ブログ



IMG_28901.jpg 

ヴァシシュタ洞窟の入り口



ヴァシシュタ洞窟はリシケシから約30㎞のところにある自然の洞窟です。

リシケシからはガタガタでクネクネの山道をタクシーで移動することになります。

車酔いに弱い人には少々厳しい道のりです。

山の中腹に車を停め、急な山道を降りていくと洞窟に到着します。

洞窟の目の前にはガンジス川が流れていて、パルマート・ニケタン前の感じと違って大分綺麗な印象を受けます。

 

IMG_28811.jpg 

洞窟に続く道

 


IMG_28821.jpg 

 

洞窟の入り口にはラーマクリシュナ(中央)やスワミ・ヴィヴェーカーナンダ(右)、スワミ・ブラマーナンダ(左)という偉大な聖者の写真が飾られています。

おそらくこの洞窟で修行をしたのでしょう。

 

僭越ながら、ここでしばし瞑想をさせてもらいました。

洞窟内のエネルギーは非常に高く、さすがに有名な洞窟だけあります。

お陰様でエネルギーをたくさん受け取ることができました。

ここで日々瞑想できたら幸せだろうなと思えました。


時折観光客(と言ってもヨギ)の出入りがありますからやや落ち着かないところもあります。

修行場というより今は観光地と言っても良いかもしれません。



2018年GW インド・ヒマラヤ修行記

2018年GW インド・ヒマラヤ修行記② シルディテンプル参拝

2018年GW インド・ヒマラヤ修行記③ パルマート・ニケタン・アシュラム(リシケシ)

2018年GW インド・ヒマラヤ修行記④ ヴァシシュタ洞窟での瞑想

2018年GW インド・ヒマラヤ修行記⑤ ガンジス川での沐浴 ~ガンガー女神の祝福を得て~

2018年GW インド・ヒマラヤ修行記⑥ ヒマラヤ ナーガラージャテンプル参拝 ~ナーガラージャの出現~

2018年GW インド・ヒマラヤ修行記⑦ デリー空港にて






2018_05_18


IMG_29131.jpg 

パルマート・ニケタン・アシュラム

 

 

シルディ村からヒマラヤの「神の村」に行く途中で、リシケシのパルマート・ニケタン・アシュラム(寺院)に宿泊しました。

日本で言えば宿坊みたいなものです。

パルマート・ニケタン・アシュラムはリシケシのメイン通りの中心地に位置し、ガンジス川を眼前に臨む好立地にあります。

 

リシケシはヒマラヤの玄関口と言われる街で、ヨガの聖地として世界的に知られています。

かつてデビュー前のビートルズがこの地で修行をしていたこともありました。

街には聖者やサドゥ(遊行僧)がここかしこに見られ、世界中のヨギ(ヨガの行者)がそれに惹かれる様にから集まります。

また、街の大半の飲食店がベジタリアン食を提供しています。

 

IMG_29141.jpg 

狭い通りをスクーターがぶっ飛ばしていて、ぼやぼやしていると轢かれます。

それ以前に、道のあちこちに散乱しているどでかい牛の糞を踏んでしまいます。


IMG_29161.jpg 

リシケシの街の風景(パルマート・ニケタン・アシュラム前)

 

 

IMG_28661.jpg 

パルマート・ニケタン・アシュラムのメイン通り

 

IMG_28651.jpg 

アシュラム内のナタラージャ(踊るシヴァ神)


IMG_28771.jpg 

アシュラム内の様子

 

IMG_29051.jpg 

若い僧が教師の下で勉強をしています


IMG_29281.jpg 

パルマート・ニケタン・アシュラムは世界中のたくさんのヨギ(ヨガの修行者)が修行のために宿泊しています。

 


日本の宿泊施設と比べると、やはりグレードは大分落ちますが、現地の水準としてはマシな方です。

電力供給の問題と推定していますが、ルームエアコンは動いたり動かなかったり不安定でした。

私の修行仲間の部屋も同じ様な状況でした。

それでも温水シャワーがきちんと稼働するし、綺麗ではないけれどバスタオルも付いていて助かりました。

 

このアシュラムで、マタジ(女の聖者)と会ったりして短い時を過ごしました。

 

 

 

 

アシュラムの正面の通りを超えると有名なシヴァ像があります。

かつてのシヴァ像はガンジス川の洪水で流されてしまい、約2年位前に再建されたそうです。

以前と比べ小ぶりなシヴァ像になりました。

IMG_28681.jpg 

リシケシのシヴァ像

 

上の写真は朝6時台の様子です。

ガンジス川で沐浴している人が見られます。

見かけより流れが急で、流されない様に鉄の鎖が水中に設置されています。

ちなみに私は入りませんでした。

 

 

 

下記の画像がシヴァ像です。

インドの神様は実に男前ですね~。

よく撮れているでしょう。

IMG_28711.jpg 

 

ここで記念にと思い、シヴァ像を撮影していた時のことです。

この日はご覧の通り曇天で空は厚い雲に覆われていたのですが、撮影していると、なんと!シヴァ像が光ったのです。

フラッシュが反射する距離でもないし、「あれっ?朝日が差し込んでいるのかな?」と思って見渡したものの、どこから光が差しているのかわかりませんでした。

上の画像と下の画像はほぼ同時に撮ったものです。

光っているのがお分かりになるでしょう。

きっとどこかの天の窓から光が差し込んだのでしょう。

シヴァが喜んで光ってくれたのかなと勝手に良い方に解釈することにしました。

後で修行仲間に見せたら「水野さん、ええなぁ~」と言われました。

 

IMG_28741.jpg 

 


IMG_29181.jpg 

猿神ハヌマーンも祀られています




2018_05_18


04  « 2018_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

水野博友

Author:水野博友
気功家・ヒーラー・瞑想家
気功で人の病気や苦しみを癒すヒーラー

愛知県出身、早稲田大学商学部卒。
埼玉県さいたま市浦和区で気功治療院「外気功療法さいたま院」を開業、肉体の病~精神の病まで日夜 気功の施術を行っている。遠隔気功の実績も豊富。
満月時は日本の山に籠り密教修行を行う、また2011年より定期的にインド・ヒマラヤ、インドネシアに渡り様々な聖者の指導を受けて霊性修行に励んでいる。

フリーエリア





ツイッター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top