ファイヤープージャの炎は台風10号の警告だったのか!?

category: ご神木プージャ  



皆さん、こんにちは。

 

まだ北海道・東北地方の一部では台風10号の傷跡が生々しく残っているところですが、埼玉では何も無かったかの様な快晴の日々が続いています。


しかし、台風10号の被害は北海道や岩手県では甚大なものになりました。

お亡くなりになった方々には心からお悔やみを申しあげます。

本当に水害というのは恐ろしいものです。

 

➡ 観測史上最大の雨量や堤防決壊…台風10号の被害がとんでもない

 





そして奇妙なのは、この台風10号の進路です。

こんな進路を取る台風はお目にかかったことがありません。



 

 

822日の台風9号では埼玉も大きな被害を受け、入間・志木・川口・戸田の一部で流水や冠水がありました。

奇しくもその時予約が入っていた志木市の2人のお客様は自宅が冠水したとのことでご予約が変更になりました。



80㎝位まで水かさが増したとおっしゃっていましたが、段々と家の中に上がって来る水を見てその恐怖にトラウマになったそうです。

1階の家財を2階に上げようとしたけれど、いざとなるとほとんど何もできず諦めるしかなかったとのことですが、それもわかる気がします。

 

私の自宅近くの小さな川もこれまで見たこともない位水位が高くなっていて、「これはヤバい!」と緊張が走りました。

結局その川は氾濫しなかったので自宅は無事でしたが、久しぶりの台風に自然の猛威の恐ろしさを感じたものです。

 

IMG_06462.jpg 

北海道~東北地方が裏表にひっくり返っている!?


820日のプージャでは先のブログ記事でご紹介した様に、炎が北海道と東北地方を裏表にひっくり返した様な形になりました。

私は、これは天災の予兆かと感じていましたし、おそらくは水害だろうという予測もしていたのですが、恐怖心を煽る内容にしたくなかったのでそれは具体的に書きませんでした。

わかる人には画像だけで神意が伝わっていたのではないでしょうか。

結果的にこれは台風10号の警告だったと考えているところです。

 

ファイヤープージャは占いではありませんが、神が降りている炎ですので神意が現れることもあります。

普通の炎では見られない様な色とりどりの綺麗な炎になることもあります。

 

神々とは直接に交信する方法もありますが、昔から物の形状や配置から神意を汲み取って未来を占なってきました。

亀の甲羅や鹿の角などを焼いてそれに入るひびの形で占いをする方法もあります。

 

ヒマラヤで修行をしていた時にお会いしたシャーマンは手に米粒を握りそれを開いた時の配置で吉凶を占っていました。

他の人からみたらチンプンカンプンですが、神意を読み取れる人にとってはそれが意味ある情報に変わります。

 

私が示した炎もそれがどうして日本列島に似ているのかまったくわからない人もいると思いますが、この様なものは分かる人にだけ分かるものなのでしょう。

 


 

しかし、水害の予測がついたとはいえ、できうる対策は余り多くはありません。

水位が上がって来たと気付いた時には車での移動もできなくなっていますし、避難所に移動するのも大変困難です。

 

事前に食料を少し買いだめしておく程度でしょうか。

私は今回これを買っておきました。


車用 緊急脱出ハンマー

 

自動車が水没して死亡する事故はドアや窓が開かないために起こります。

外からの水圧のためドアを人力で開けるのはできなくなりますし、電気系統も水で麻痺しますから窓も開きません。

水だけは車に入ってきますから逃げ場がなくなるのです。

その時にこのハンマーで窓を叩き割って脱出するのです。

これは1,000円程度ですが、いざという時にあるとないでは天地の違いが出ます。

災害の直前に準備をするものでもありませんから、気付いた時に購入しておいた方が賢明でしょう。


台風後に現れた二重の虹



関連記事

2016_09_02

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

水野博友

Author:水野博友
気功家・ヒーラー・瞑想家
気功で人の病気や苦しみを癒すヒーラー

愛知県出身、早稲田大学商学部卒。
埼玉県さいたま市浦和区で気功治療院「外気功療法さいたま院」を開業、肉体の病~精神の病まで日夜 気功の施術を行っている。遠隔気功の実績も豊富。
満月時は日本の山に籠り密教修行を行う、また2011年より定期的にインド・ヒマラヤ、インドネシアに渡り様々な聖者の指導を受けて霊性修行に励んでいる。

フリーエリア





ツイッター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top