2016年9月ご神木プージャのご報告

category: 霊性修行  

IMG_06741.jpg
私がご祈願し、後にヒマラヤ聖者(師)がご祈願しています


皆さん、こんにちは。

 

今、山での修行を終え帰途のバスの車内でこのブログ記事を書いています。

昨日917日(土)の夜、月一で恒例のご神木プージャを厳かに執り行いました。

 

今回ご神木プージャ(密教の護摩祈祷)のご依頼を頂いた方々の願意が速やかに成就する様ご祈願させて頂きました。

今回もプージャのご依頼を頂いた方々には厚くお礼申し上げます。

 

今回のプージャは特別なプージャになりました。

今回は今までに前例がない程多量のある動物の皮や爪を供物として炎に捧げました。

その動物の具体名は公開できませんが、唯一神を目視できると言われており、魔やブラックに対して強力に働いてくれるものです。

このプージャはインドでは「○○(動物名)スキンプージャ」といい大変珍重されている方法であります。

正直これだけの貴重なものを惜しげもなくプージャで使っている行場は他にないのではないかと思っています。

この動物の身体の一部は今後入手するのがまず不可能で、現在あるものだけで終了になります。

師が今後この様な贅沢なプージャを再び実施するかどうかはわかりません。

今回師が特別なプージャを敢行したことに師の格別の思いを感じました。

 

 

病気や人生の問題・トラブルは突き詰めて考えるとネガティブなエネルギーや魔(ブラック)が働いていることが多くあります。

現代医学は症状を抑えることに終始しますのである意味対処療法でありますし、その他の問題解決法にしても表層的であると言っても過言ではありません。

物事を現出する深層的なエネルギーに作用を及ぼし、霊的なレベルで問題を解決するのが密教のプージャで、問題を霧消したり大難を小難に変えたりする験力があります。

燃え盛る炎にお預かりしたご神木を捧げながら、ご神木の願意が速やかに叶う様、その障害となるエネルギーを燃やし尽くし消滅させる様祈願します。

 

炎を前にして座っていると熱くて仕方ありませんが、うねりを上げて燃え盛る眼前の大きな炎があらゆる不浄な気(エネルギー)を浄化していると感じずにはいられません。

細長いご神木に書かれているそれぞれの依頼者のお悩み・問題が速やかに解消される様お祈りをさせて頂きました。

 

IMG_0678.jpg 

炎の下にご神木が燃えている様子が見て取れます

 

来月のご神木プージャの予定は1015日(土)の予定です。

私が毎月修行をしている師匠の山の庵(修行道場)にて執り行われます。

問題やお悩みがある方でヒマラヤの聖者にして生き神様と言われる師のご祈願を受けたい方は下記をご一読頂き「ご神木プージャお申込みフォーム」をお送りください。

 

 

➡ 願いを叶えるご神木プージャ

 

 

 



関連記事

2016_09_18

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

水野博友

Author:水野博友
気功家・ヒーラー・瞑想家
気功で人の病気や苦しみを癒すヒーラー

愛知県出身、早稲田大学商学部卒。
埼玉県さいたま市浦和区で気功治療院「外気功療法さいたま院」を開業、肉体の病~精神の病まで日夜 気功の施術を行っている。遠隔気功の実績も豊富。
満月時は日本の山に籠り密教修行を行う、また2011年より定期的にインド・ヒマラヤ、インドネシアに渡り様々な聖者の指導を受けて霊性修行に励んでいる。

フリーエリア





ツイッター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top