2016年11月ご神木プージャのご報告

category: ご神木プージャ  

IMG_13441.jpg
11月ファイヤープージャの炎


皆さん、こんにちは。

 

今は11月の修行が終わり、帰りのバスで原稿を書いているところです。

昨日12日(土)の夜、恒例のご神木プージャを執り行いました。

 

今回も多くの方のお申込みを頂きありがとうございました。

司祭である師匠と私は、ご依頼者の皆様の願意が速やかに成就することをお祈りさせて頂きました。

プージャでは非常に高価な香木や、ある動物の身体の一部、花などを供物として捧げ、神仏に祈りを捧げます。

 

司祭である私の師はインド・ヒマラヤではプリーストという特別の称号を持っています。

今回のファイヤープージャの際、師がかつてインドで行ったコブラバイトの行について少し語ってくれました。

 

それは、なぜかというと修行仲間の一人が、コブラの置物を持ってきてそれへの入魂を依頼したからです。


snake-charming-193966_640.jpg 

 

コブラバイトの行とは、本物のコブラに指を噛ませ、死の淵から甦る難行のことを言います。

ご存知の様にコブラには猛毒がありますから、普通の人なら即死です。

多分、日本人では師だけが達成したものではないかと思います。

非常に危険なので、当然ながら誰もやりたがりません。(私もできません)

 

師は、

 

「コブラに中指を噛ませたら目の前が赤くなって、意識を失ったんや」

 

と、おっしゃっていました。

その後に、病院に運び込まれて血清を打ったり解毒の処置をしたりした訳ではありません。

死の淵から甦るには、神との強固な結びつきと信仰がなければできないことなのです。

 

それ以外にも、師は数々の難行を経験してきています。

余り書き過ぎると怒られてしまいますが、折に触れて書ける範囲でお伝えできればと思います。

 

 

 

次回の、ご神木プージャは、

 

1210日(土)の夜

 

開催します。

 

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11,000円以上のご喜捨(寄付)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」




関連記事

2016_11_13

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

水野博友

Author:水野博友
気功家・ヒーラー・瞑想家
気功で人の病気や苦しみを癒すヒーラー

愛知県出身、早稲田大学商学部卒。
埼玉県さいたま市浦和区で気功治療院「外気功療法さいたま院」を開業、肉体の病~精神の病まで日夜 気功の施術を行っている。遠隔気功の実績も豊富。
満月時は日本の山に籠り密教修行を行う、また2011年より定期的にインド・ヒマラヤ、インドネシアに渡り様々な聖者の指導を受けて霊性修行に励んでいる。

フリーエリア





ツイッター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top