秘伝リラックスオイル入り邪気祓いオイル ご使用の体験談

category: 霊性修行  

Fotolia_30028700_XS.jpg


皆さん、こんにちは。

 

先の記事では「秘伝リラックスオイルの秘密」を発表しました。

「秘伝リラックスオイル」の特徴を一言で言うなれば、それはインドの聖者がミラクルの力を使って金(GOLD)をオイルに物質転換した物であります。

これまで多くの方にご愛用頂きました「邪気祓いオイル」、それにはその貴重な「秘伝リラックスオイル」が含まれる様になってからパワーが一層強力になりました。

 

今日はその「邪気祓いオイル」を使用した体験談をご紹介しましょう。

Aさん(女性)は「秘伝リラックスオイル」入りの「邪気祓いオイル」を使用したところ、ある種の神秘体験をし、それが余りに強烈な体験であったためその体験談を寄せてくださいました。

オイルの霊験がわかるユニークな体験ですので、ここに掲載させて頂きました。

(「※」は私の注釈です)




 

 

今朝は

秘伝リラックスオイルが入った邪気祓いオイルを

ほんの少し、気持ちだけつけて瞑想しました。

 

 

第三の眼

6番チャクラ(※眉間)に親指で付け、

香りがステキなので鼻筋、喉を通り鎖骨の辺りまで

オイルのついた指を動かしながら目を閉じました。

 

すると

まだ座る前に

 

間違えなく龍とわかるものが、自分に向かって飛んで来るのが頭の中に見えたのです。

 

焦り、急いで座り、

シヴァ神のマントラを唱え始めました。

 

龍は目の前にやってきて、

私の顔の高さに合わせ頭を落ち着かせると

じーっと見つめてきました。

 

私は、自分の眼でなく

第三の眼が合っているのを感じました。

 

ほんの12分か、数十分か、、、

身体の中を見つめられていました。

 

龍の顔は目の前にあるのに、私の身体の中を見られているのが分かるのです。

 

しばらく眺めると龍は頷くようにしてから

鱗を沢山の薄い貝殻がぶつかり合って鳴るような音を立て、1度後ろ足で立ち上がるようにして、第三の眼から身体に入り、真っ直ぐ下に下がって行き子宮を通り、膣でなく肛門でもなく、、、

なんか、その間?から出て行き

また、私と眼を合わせながら1度身体を伸ばし、グーッと入っては出るを何度も繰り返していました。

 

big-buddha-420008_6401.jpg 


しばらくすると、

 

今度は、朱色の影が近づいて来るのを感じました。

 

それと同時に、仏陀のマントラを唱えたくなり

オーム ナモー アミダユー

まで唱えると

 

影は、仏陀とハッキリわかりました。

 

そして

仏陀が座ったままの姿で近づいて来て、そのまま合体するように入ってきました。

 

確か背中から抜け、また入ってを、、、したように思います

仏陀のスピードは歩くぐらいでした。

 

入ってくる度に、仏陀の鎖骨と自分の鎖骨が重なり合うのを感じカチャっと鳴ると

それが横の線になり

 

仏陀の頭と私の頭

仏陀の手とミゾウチと丹田が

合わさるのを感じると

それは縦の線になって

身体に十字架が出来たのです。

 

そして最後に

仏陀の頭は、おでこ6番チャクラ

仏陀の胸は、鎖骨の上のくぼみ、、、先生(※水野)に会った時に指した箇所

 

2箇所に光となって入りました。

 

 

私は、自分から光が出ているのをしばらく感じていました。

 

6時頃から始めた瞑想でした。

 

今朝は太極拳があるので750分に家を出るアラームをセットしていて

アラームがなって、瞑想を終えたのです。

 

いつもは 1時間なのに、、、

 

物凄くあっと言う間に時間が経っていたこともですが、

 

物凄く、ぶったまげな体験でした。

 

 

太極拳に行って青空に手を伸ばすのですが、

 

ん?なんか、産まれ変わった?なんて思ったりしていたので

 

エネルギーが変わったとの先生の言葉にも驚いています。

 

 

日が落ちても まだまだ余韻が残っていて

体内の?脳内の?浄化でしょうか?(^_^;)

 

ヒマラヤのチョモランマでしたか?あのトンガリ山から自分まで一本道が繋がっていて

 

低い風の音に混じって

男の人の声が聞こえてきているのを感じています。

 

 

また静かに瞑想したら

まだまだ続きが出そうな感じです。

 

 

とにかく、貴重な貴重な

体験をさせていただきました。ありがとうございます。

 

スワミに、仙人先生(※水野の師匠)に、

水野先生に

感謝です

 



 

 

Aさんは6番チャクラ(眉間)に「邪気祓いオイル」を僅かに塗って瞑想を始めた所、龍と仏陀と遭遇するという神秘体験をされました。

オイルを作成した私の師匠の修行道場では主宰神としてシルディ・サイババ(≒シヴァ神)を祀っていますが、階梯が進むにつれて龍と仏陀との関係が深くなってきます。

Aさんの体験は「邪気祓いオイル」のパワーの源泉を裏付けるものでもあります。

 

「邪気祓いオイル」を6番チャクラ(眉間)に塗ったからといって誰もがAさんと同様の体験ができる訳ではありません。

「瞑想をしても私にはその様なものは見えない・・・」と落胆をする人もいるかもしれませんが、人それぞれエネルギーの感じ方は異なりますから、Aさんと同じでなければならないということではないのです。

 

Aさんには高い霊性と霊能があったため、この様な体験ができたのではないかと思うのです。

この様な体験ができると羨ましいとか思う人は少なくないでしょう。

人は結果だけ見て判断しますが、それまでどれだけ努力や経験をしてきたかという裏側を見ることはありません。

その人の現在というのは、これまで人生のアウトプット(結果)です。

 

インド・ヒマラヤに行くと、よく聖者が霊性修行について「Slowly Slowly」(ゆっくり ゆっくり)と言います。

霊性の修行はゆっくり歩むものです、決して焦ってはいけません。

自分を信じて着実に歩むこと、それが大事です。

日々の弛まぬ修行はいつの日か大輪の花を咲かせることでしょう。

 

flower-2512444_6401.jpg 

 


1480746418.jpg 

➡ 邪気祓いオイル




関連記事

2018_01_04


04  « 2018_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

水野博友

Author:水野博友
気功家・ヒーラー・瞑想家
気功で人の病気や苦しみを癒すヒーラー

愛知県出身、早稲田大学商学部卒。
埼玉県さいたま市浦和区で気功治療院「外気功療法さいたま院」を開業、肉体の病~精神の病まで日夜 気功の施術を行っている。遠隔気功の実績も豊富。
満月時は日本の山に籠り密教修行を行う、また2011年より定期的にインド・ヒマラヤ、インドネシアに渡り様々な聖者の指導を受けて霊性修行に励んでいる。

フリーエリア





ツイッター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top