FC2ブログ



IMG_5771.jpg
2019年11月 ご神木プージャの炎



こんにちは。

 

119日(土)2210分~約50分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

今回も多くの方々にご参加いただきました。ありがとうございます。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 

 

 

このところ師匠は「地のエネルギーが重要である」「地のエネルギーを吸収せよ」と説かれます。

地とは大地・土・地球のエネルギーです。

この地上世界は、五大元素のエネルギー「地・火・空・水・風」から成っており、すべての物質はエネルギー的にはこの5つのエネルギーの組み合わせによってできていると考えられています。

 

地のエネルギーは、肉体で言うと筋肉や臓器などの肉に相当する部分です。

人間が死ぬと、現代ではすぐに火葬されてしまいますが、火葬されずに放置されれば、やがて干からびて死体は土に還ります。

 

「神は土をこねて人間を創った」という神話がある様に、私たち人間の身体は土のエネルギーから成っています。

もちろん、地球や日本の国土も土から成っています。

人間はその意味では地球と同じ成分でできているのです。

 


4c3b435a18a7b8bb1d6857f571578c20_m.jpg 

 

 

地のエネルギーには強い浄化の力があります。

地はネガティブなエネルギー(邪気)を吸収してくれます。

 

 

土の上を裸足で歩くことを想像してみてください。

砂浜に裸で寝ころび、砂を身体にかけているところを想像してみてください。

 

とても気持ちよくなると思いませんか?

それは土が邪気を吸収してくれているからです。

 

河原の芝生の上に座り、ぼんやり時を過ごしても同じ様に気持ちが軽くなって楽になっていきます。

地の浄化の力は素晴らしく強力です。

ストレスが溜まった時、体調不良を治したい時、土の上を歩き浄化する習慣を持つことをお勧めします。

 

 

 

近年は天変地異が激しくなっています。

地震や台風や火山噴火や洪水が日本各地に大きな被害をもたらしました。

日本だけではなく、世界的に大きな気象変動が起きていて、地球全体がおかしくなってきているのを実感している人も多いことでしょう。

 

また、同様に人間もおかしくなっています。

頭に気が昇った末に、淀んで行き場のないエネルギーが、うつや自律神経失調症の原因となります。

うつ病患者は日本国内で100万人を突破していますので、地球だけではなく人間の心身も異常をきたしていると言えます。

 

地球を癒すにも、また人間の精神を癒すにも、地のマントラが有効で、バランスを整え邪気を浄化してくれます。

地球を癒すというと、「一人間が何を言うか?」と思われるかもしれませんが、人間の思念は地球にも影響を及ぼします。

東日本大震災の時、師匠が徹夜で地のマントラを唱え、地震の鎮静を祈願していたのは私の記憶にもまだ新しいところです。

 

 

また、悟りを得るというと、眉間や頭頂のエネルギーを活性化しなければならないと考えがちです。

しかし、師匠はそれには基底部の1番チャクラ(尾骨のところ)や2番(丹田)のチャクラが重要であり、地のエネルギーを活用することが不可欠であると説きます。

そのために地のエネルギーという地球のエネルギーを使うのです。

 


 

科学が高度に発達した現代では、未知なものはもう残されていないかの様に思うかもしれませんが、実はそうではありません。

科学が発達しても、私たちが常識として認識しているアカデミズムの情報と真実の情報には乖離があります。

 

特に深海と地球内部のことについてはまだまだ未解明であると聞きます。

 

おとぎ話の様に思われるかもしれませんが、地球内部には空洞があり、そこにはシャンバラ帝国(アガルタ)という別世界があると伝わっています。

 

palace-435745_640.jpg

シャンバラ帝国の入り口があると言われるチベットのポタラ宮殿



この点は、チベットのダライラマの十八番(おはこ)とするところですが、地球内部には地上よりも高度に発達した別の世界が存在すると言われます。

そこには異常な長命を誇る7人の聖賢がおり、その中の一人がシルディ・サイババであるそうです。

 

この様な情報は一般的ではないですね。

NSA(アメリカ国安全保障局)CIA(中央情報局)の元職員で現在ロシア亡命中のエドワード・スノーデンは「DARPA(ダーパ:国防高等研究計画局)の大半の人たちは地球のマントルに人類よりもはるかに知的な生命体が存在していると確信している」という驚くべき情報を暴露しました。

 

日本でもシャンバラ帝国に行って戻って来た男性の記録が残っており、その際に連れ帰って来た地下帝国の女性を主宰神とする神社が存在します。

 

 

 

師匠はインスピレーションによって地のエネルギーの重要性を説き始めました。

地のエネルギーと繋がるために「地のマントラ」が秘伝で継承されています。

師匠がインドのスワミ(僧)から学んだ最初のものが、地のマントラだったと言いますし、水野氣功塾の密教瞑想講座でも初伝の最初に地のマントラを学びます。

 

➡ 水野氣功塾「密教瞑想講座」

 

最初に学ぶから簡単で力の弱いものだと想像するかもしれませんが、実はこれはシッディ(法力)マントラと言って非常に重要なものだったのです。

 

今回はその地のマントラでプージャを実施しました。

参加者の皆様にも地のエネルギーが存分に届いたものと確信しています。

 

ご一緒に瞑想されている方は、もちろん地のマントラをご存じないと思いますが、いつも唱えていただいているシヴァのマントラ「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」には五大(地・火・空・水・風)のエネルギーがすべて含まれていますので問題ありません。

 

皆さまのご祈願内容が一日も早く成就することを、師匠共々お祈り申し上げます。

 

EI0mtSkUUAY67-t.jpg 

修行の往路で撮影した富士山。これも地のエネルギーです。

 

 

 

 

以下、ギフトと次回のプージャのご案内です。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方は、シヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

今回も、「龍眼菩提樹」のお守りをいただきました。

今回、龍眼菩提樹の恩恵に授かった人は幸運だと思います!

 

龍眼菩提樹は、菩提樹の突然変異でできた大変珍しい実です。

実に35個の穴があり、そこに龍が棲むという言い伝えがあります。

 

その恩恵は、次の通りです。

 

l  無量の福、最勝の益を得る。

l  浄化・平静・調和・寛容・高い意思に導く

 

 

 

このルドラクシャは、今回のプージャでプリースト(司祭)の師匠が神のエネルギーを封入しています。

形は小さいものですが、ご神像と思い大切にご活用いただければ幸いです。

 

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、神の雫(しずく)とも言われます。

菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

菩提樹の名前は、菩提がゴータマ・ブッダの別名であったボーディ (Bhodhi) から来ています。

つまり、「菩提樹」は「ブッダの木」を意味しています。

 

インドの聖者や修行者は、首からルドラクシャのネックレス(ジャパマーラ)を下げています。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

 

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。


龍 

 

ルドラクシャをお渡しする際に秘伝の「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルが付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

もし、前回のプージャのギフトが届いていない場合はご連絡ください。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

1214日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 (ご神木の締め切りは、1210日火曜日です)


自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 


今年最後のプージャになりますね。

プージャのエネルギーでたくさん浄化しましょう! 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 

 

 



2019_11_11


204975.jpg


こんにちは。

 

今日はお客様から聞いた話をご紹介します。

 

そのお客様(Wさん・女性)は、幼い頃からスピリチュアルな感覚に富み、精神世界への強い関心を持っていました。

感覚が通常の人と違っていたため、幼い頃から「宇宙人」とからかわれて育ちました。

 

 

 

今回は、その彼女のお爺さんの話です。

 

そのお爺さんは、とある有名な教団に属し、その信心が大変篤かったそうです。

教団内では立場も上がりそれで良かったのでしょうが、教団の教義を家庭や近所付き合いに持ち込んでしまっていたため、家族や親戚はその考え方や行動について行けず反感を抱いていました。

 

家族を省みることなく、宗教活動に邁進していたので、家族の心も次第に離れ、誰からも相手にされなくなるのも時間の問題でした。

地域の人に誰それ構わず布教活動をするため、迷惑がられ、孫たちはそのためにいじめの対象になったのです。

 

Wさんもそんなお爺さんを「快く思っていなかった」と述懐します。

 

 

 

 

そのお爺さんが他界する間際の話です。

 

何と、そのお爺さんはお世話になった人達のところに暇乞いに現れたのです。

驚くべきことは、同時に複数の場に存在していたことが、その後の関係者の話で判明しました。

 

インドの聖者でもその様なことができる人がいるという話は耳にします。

シルディ・サイババやサティア・サイババもその様なことができたそうです。

 

しかし、日本の一介の爺様がそれをやって見せたというのは、驚くべき技であると言うことできます。

同時に複数の場に存在するというのは、修行が進めば可能な技であると私は考えていますが、なかなか容易な技ではありません。。

 

 

 

そして、幼かったWさんのところにもお爺さんは現れました。

果たして一体、何が起きたのでしょうか?

 

Wさんの話を忠実にお伝えしましょう。

 

彼女が横になっていると、天井にモクモクと雲が発生し始め、それが次第にWさんの顔の近くまで降りてきたというのです!

そして、その中からお爺さんの手がヌーと伸びて来ました!

お爺さんはWさんに向かって「さあ、行くぞ!」と誘ったのでした。


904040.jpg 

 

幼かったWさんも、さすがに付いて行っては生きてはいられないだろうと直感し、

 

「やだ!まだわたしは行きたいくない!」

 

と、断りました。

 

そうして断るとお爺さんは消えていったそうです。

「行く!」と付いて行ったら死んでしまっていたのでしょうか?

そこで断ったから、今もWさんは生きているのですが・・・

 

Wさんも不思議な感覚を持っていた少女だったので、修行が進んだお爺さんはそれがわかって連れていこうとしたのかもしれません。

 

 

 

 

そんな不思議な能力を持っていたお爺さんに対し、Wさんは、「いくら修行をしても、誰からも愛されることない生き方をしていては本末転倒です」「お爺さんは幸せではなかったでしょう」と、その生き方を肯定してはいませんでした。

お爺さんは幸せな人生だったのでしょうか?それはご本人しかわかりません。

 

修行が進んだお爺さんは、とても素晴らしい能力を他にも持っていた可能性があります。

しかし、それを上手く活用することができず、結局愛されることが少ない人生を過ごされたそうです。

神の教えを良い方向に使えなかったところは残念なところです。

 

 

霊性修行が進めば、霊能や神通力が副次的に発現することは珍しくありません。

教えの中では、その力はエゴを充たすために使うのではなく、困っている人・苦しんでいる人を助けるために使わなければならないと言われます。

それが菩薩行なのです。

 

菩薩行を重ねていく内に、周りの人からの感謝を集め、自然に愛される様になるのではないかと思います。

お爺さんが周囲の理解を得ることなく、貫き通したもの、また達成したものは一体何だったのでしょうか?

 

霊性修行は大事なことではありますが、「やはり、バランスが大切でしょうね」と、Wさんと共通認識を確認するに至りました。

 

 

 

 

 



2019_11_04



現在、物販サイト「邪気祓い開運堂」のサイトリニューアル工事を進めています。

それに伴い、2019年10月29日(火)~11月2日(土)までご利用いただけなくなります。

期間中必要な物がございましたらお早めにお求めください。


新しいサイトになりましたら、利便性が大きく向上する予定です。

ご不便をおかけし申し訳ございませんが、ご理解ご協力の程宜しくお願い致します。

 

 

➡ 「邪気祓い開運堂」






2019_10_27


fantasy-4241786_640.jpg
画像はイメージ


こんにちは。

 

今回は新規メニューの「レイナの霊視鑑定」のご案内です。

 

霊能者であるレイナさんが守護霊のお力を得てその人に必要なアドバイスをします。

鑑定中、レイナさんは守護霊の意思を伝えるメッセンジャーとなります。

その言葉は、レイナさんの意思ではなく、守護霊の意思であります。

 

 

実は、私自身も数回鑑定してもらったことがあります。

レイナさんは、結構的確な助言をしてくれたという感想でした。

 

なかなか良い霊能者に巡り合う機会はありません。

霊能者は気功家以上に何か不気味で近寄りがたいイメージがあります(笑)

受けてみたいけど、傲慢だったり、変なことを言われたりするのではないかとビビって心配をしている人もいるでしょう。

 

レイナさんは、その点は大丈夫です。

 



レイナさんは古い友人の娘さんで、私との付き合いは長いのです。

幼少の頃から見えないものが見えたり分かってしまったりして、とても生き辛かったと聞きました。

特別な能力があると聞くと羨ましく思う人もいるでしょうが、それはそれで普通の人にはわからない苦労があるのです。

 

レイナさんには素晴らしい能力があると友人から聞いていましたが、ここに来て再会し満を持してスタートしたのです。

 

 


霊能者ですから、霊が憑いているとか、その辺は分かっています。

霊が憑いているとか憑いていないとかそのような情報を聞きたいという方もいるでしょうが、日常を生きる上で何か迷ってしまって心が苦しい時にご相談をいただければ嬉しいです。

 

「人生を一生懸命生きているけれど、どうしてもあと一歩の後押しがほしい・・・」そんな方にはその時に最適の助言が伝えられることでしょう。

 

 

この様な方に霊視鑑定をお勧めします。

 

・人生で迷いが生じている。

・問題の解決方法のヒントを得たい。

・故人がどうしているか知りたい、故人とコンタクトしたい。

 

 

私は亡き祖母のことを知りたくてレイナさんに相談したことがあります。

亡くなった祖母がどうしているか心配だったのです。

レイナさんに相談をして、祖母の状況が分かり、安堵した覚えがあります。

 

亡くなった人は違う世界に行ってしまって、それからどうしているのか知り得る機会はまずありませんが、レイナさんは故人のメッセージを伝えてくれます。

その情報はとても温かく心が安心することでしょう。(※未成仏の場合はその限りではありません)

レイナさんに相談をして涙する人は多いのです。

どんな時でも心優しいレイナさんは、クライアントの気持ちに寄り添ってくれるに違いありません。

 

 

尚、レイナさんは守護霊のメッセンジャーであるため、守護霊が伝えてはいけないと判断した場合は回答を得られないことも稀にあります。

また、前世についてご相談を受けることはできません。

当たるか当たらないか興味本位の軽い気持ちでのご相談もご遠慮ください。

 

詳しいことは下記ページをご覧ください。

ご縁がある方々に、愛のある霊界の神秘をお届けできることでしょう。



➡ レイナの霊視鑑定


 




2019_10_17


IMG_5583.jpg
2019年10月12日 ご神木プージャの炎


皆さん、こんにちは。

 

1012日(土)22時~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

今回も多くの方々にご参加いただきました。ありがとうございます。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 

 

 

22時からのご神木プージャに先立ち、18時から毎度師匠の説法があります。

 

今回は、土曜日の17時頃に台風19号が関東に上陸するという報道がなされ、しかもこれまでにない巨大な台風ということで、気が気ではありませんでした。

前日のタブロイド紙では死亡者数の予測は8,000人と出ており、それも心配に拍車をかけました。

 

Twitterは便利なもので、ツイートをチェックすれば各地の状況が報道よりも早く正確にわかります。

首都圏の状況を確認すると、台風上陸以前にもかからわず、河川は堤防の上限まで水が溢れんばかりに流れており、台風が上陸すればどのような惨事になるか一目瞭然でした。

 

私の実家から12キロのすぐ近くの道路も台風上陸以前に冠水していて、自宅に水が迫るのは時間の問題と思われました。

 

「今度ばかりは本当にマズイ」「たくさんの死者がでてしまう・・・」と心配でなりませんでした。

 

そのため、師匠の説法が始まる前の時間は地下室に籠り、独り無事を祈っていました。

 

 

 

 

ご神木プージャでは、皆さまの願意が成就することはもちろんご祈願させていただきましたが、同時に台風の被害が最小限に済むこともお祈りしました。

 

23時頃、ご神木プージャが終わって、Twitterをチェックすると、多摩川と千曲川が決壊し、大惨事になっていました。

多摩川の氾濫は避けがたいと悲観的予測をしていましたが、千曲川は予想外でした。

 

プージャが終わって、さいたまに連絡をとると、もう風は止んで静かになっていることがわかり、安堵しました。

 

幸いにも自宅や店に被害はなく、台風は通過しました。

今回は、八ッ場ダムや埼玉県春日部の地下にある巨大地下神殿(首都圏外郭放水路)が稼働し、人智で以て大災害を最小限に治めたという印象があります。

人間がこれまで培った治水技術は、本当に凄いものだと考えを改めました。


地下神殿 

巨大地下神殿

 

台風が上陸した最中の1822分に千葉県で震度4の地震が発生しました。

その報道を聞き、一瞬「泣きっ面にハチかよ!」と思いましたが、しばらくして「ひょっとしたら神の力が働いて、洪水を回避するため地下水脈に動きがあったのかもしれない」と感じました。

これはまったくの想像ですので、実際はどうであるかはわかりません。

 

数千人の死傷者は回避できたものの、東日本の各地で河川が氾濫し、大きな傷跡を残りました。

自分自身はとりあえず被害がなかったものの、その様なニュースを見ると心が痛みます。

今現在もその被害で苦しんでいる人がいると思うと、一日も早く元の生活に戻ってほしいと願わずにはいられません。

 

 

 

 

天災は、人心(人の集合意識)の反映であると言われます。

人の心が乱れる時、天地を揺るがす様な巨大災害(地震・津波・火山噴火・台風・洪水など)が起こります。

 

科学的思考にどっぷり浸かっている人は、「何を言っているのだ」と思われるかもしれません。

 

しかし、意識が進むにつれ、自分自身の意識が他者、地球の意識、または宇宙と繋がっていることが実感されてきます。

そのため、天災があるとそれが起こってしまったことに対して心を痛める人が少なからずいるのです。

 

EGiE_FjUYAA75Ok.jpg

台風19号 @gaokoto1011

地球規模の龍神・大国常立尊が動いたのかもしれません。

 

 

「神様が怒っているのでしょうね」

 

 

今日お見えになったお客様はそう言っていました。

そうかもしれません。

神様が「人間め、この野郎!!」と怒るのも考えにくいので、そうでないかもしれません。

 

 

しかし、大きな浄化の力が働いたことは間違いないでしょう。

 

今回の台風は、天地のネガティブなエネルギーや、人々のネガティブなエネルギーも洗いざらい持って行ってくれました。

 

台風一過の夜空や翌日の空に浮かぶ白雲はいつになく清々しく美しく見えました。

 

 

 

 

ご神木プージャが終わった翌朝、本殿を出ると1メートルはゆうにある大きな蛇の皮が草むらにありました。

大きな蛇が脱皮した跡です。

どこかへ消えた蛇は脱皮をして心身爽快になって動き回っているのでしょう。

 

 

被害の傷跡は、まだ生々しく各地に残っています。

一日も早い復興を祈ると共に、これから地球と社会がよりよいものになっていくことを期待したいと思います。

 

 

 

 

 

以下、ギフトと次回のプージャのご案内です。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方は、シヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

今回は、「龍眼菩提樹」のお守りをいただきました。

 

龍眼菩提樹は、菩提樹の突然変異でできた大変珍しい実です。

実に35個の穴があり、そこに龍が棲むという言い伝えがあります。

 

その恩恵は、次の通りです。

 

l  無量の福、最勝の益を得る。

l  浄化・平静・調和・寛容・高い意思に導く

 

 

このルドラクシャは、今回のプージャでプリースト(司祭)の師匠が神のエネルギーを封入しています。

形は小さいものですが、ご神像と思い大切にご活用いただければ幸いです。

 

龍 



ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、神の雫(しずく)とも言われます。

菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

菩提樹の名前は、菩提がゴータマ・ブッダの別名であったボーディ (Bhodhi) から来ています。

つまり、「菩提樹」は「ブッダの木」を意味しています。

 

インドの聖者や修行者は、首からルドラクシャのネックレス(ジャパマーラ)を下げています。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

 

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。

 

 

ルドラクシャをお渡しする際に秘伝の「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルが付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

もし、前回のプージャのギフトが届いていない場合はご連絡ください。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

119日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 (ご神木の締め切りは、115日火曜日です)

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 

 

 

 


2019_10_15


スクリーンショット (1)


こんにちは。

 

オルゴナイト作家Chiekoさんがブログに気功治療の体験を書いてくれました。

貴重な体験談をいただき心より感謝します。

 

この記事を読んでくれた方々が縁を感じ、気功治療で健康を取り戻してくれたらこれにまさる歓びはありません。

多くの人が救われます様に!

 



 

 

外氣功療法。

本物のヒーラー、氣功療法を受けて来ました。

 

今まで数名の自称ヒーラーさんに

何度かセッションを受けたことがありましたが

こんなに安心して身を任せられた事は

たぶん無かったかも。

 

心友からのご縁で

外氣功療法師。

水野博友先生にご縁を繋いで頂きました。

 

JR 浦和駅 徒歩3

とても綺麗なマンション6階にサロンがあります。

 

外氣功療法さいたま院

https://www.gaikikou.jp/

 

サロンはとても落ち着いた雰囲気。

お掃除も行き届いていて

お部屋の中の空気もとてもクリアな感じがしました💕

 

神社の境内の中にいるような

凛とした空気感。

癒されるような シャキッとするような

 

先生の施術は約30分。

ベッドに仰向けになり 先生の手がかざされます。

 


眉間に指が当たり

私の体の中の滞りを探っているのかな?なんて

目を閉じたまま思っていました。

 

最初はね。エアコンもきいていたせいか

足元が少し寒かったんですよ。

 

けれど しばらくしてから

だんだん体が温かくなって来て

何かに包まれるような安心感があって。

とても不思議な感覚。

 

 

後頭部にも手を当てて

深い深呼吸と共に 私の氣を整えてくださいました。

 

スピ系の方は写真を見たらお解りだと思いますが

先生の周り、オーラが凄いんです!

 

今回は、心友も一緒にいたので

ブログに書かせて頂きたいと

先生の許可を頂き 写真を撮らせて頂いたのですが

写真を送って貰って

久々驚きました❣️

 

スマホで撮った写真だけれど

ものすごいクリア感。

 

施術が終わって

こんな感覚は初めてかも!

ものすごい体が楽で

思考が 頭の中が ちょーースッキリしたんです

 

 

ここ何年も体がカチカチな私。

運動不足もあるけれど、仕事柄パソコンも

よく使っているので とにかく首凝りと肩こりが酷い。

体が『楽』と言う感覚を久々思い出しました😅

 

体の不調は自分の思考もある。

原因は外ではなく自分の内側にある。

 

自己啓発を学んでから、

この自分の内側に答えがあるを、とても意識するようになっていましが

水野先生からもご指摘頂きまして。。。

 

思考だけじゃなくて体の不調も!だよなーーを

とてもとても実感した日になりました。

 

この日、先生からのアドバイスで心に残った言葉。

 

場所も人も邪気のある所に自分の身を置く事は

自分の運気を下げますよ。

 

 

本当にごもっともなお話。

まずは自分を大切にする。

身体の氣を整えるから元氣になり

良い運氣が運ばれるのですよね。

 

 

でもね。先生

私の思考、魂をこの数年、磨いて来ていたから

この場所。水野先生とのご縁も頂けたんだ!と

思ってます照れ

 

先生とのご縁は、私が今まで試行錯誤しながらも

自分の思考を変え、言葉を変え、行動を変えて来た

結果なんだよな。と。

ちょっと自分に自信が持てていたりします♡♡





「oluolu777のブログ」 本物に触れる。氣を整える。






2019_10_08


japanese-food-1604865_640.jpg


皆さん、こんにちは。

 

10月のサットサンガ(真理の集い)のご案内です。

 

 

10月のサットサンガの開催日時は、

 

〔土曜の夜のサットサンガ〕

1026日(土)19時~2115

 

〔平日お昼のサットサンガ〕

1029日(火)11時~1315

 

 

となります。

 

 

 

 

また、10月の説法の題目は、

 

「食と精神・霊性」

 

です。

 

 

 

 

 

何気なく毎日口にしている食べ物ですが、意識している人とそうでない人とは全然食べているものが違います。

スーパーで買い物をしていて、レジで並んでいる時、何気なく前の人のカゴを見ると「うわっ!よくあんなものを食べるよな」と驚いてしまうことがよくあります。

 

「食は血になり肉となる」と言われます。

私たちの身体を形成しているのは、まさに文字通り日々の食なのです。

 

 

 

食という漢字を分解すると「人を良くする」と書きます。

毎日身体に良い物を食べていれば、心身共に健全で元気に過ごせます。

 

しかし、インスタントで心がこもっていない加工食品、見た目は良くてもビタミン・ミネラルが含まれていない野菜類を日々食べていれば、次第に身体はダメージを負って、精神も乱れてきます。

その様な食事は「飯」(めし)です。

「飯」という字を分解すると、人を良くする反対です。

人を悪くするのがメシです。

 

自分自身が口にしているのは食ですか飯ですか?

お母さん方。ご家族が口にしているのは食ですか飯ですか?

 

 

残念ながら、意識が高い人以外は後者に該当していると思って間違いありません。

現代の食事情はとても悪く、流通している食料品を味覚だけで選定して口にしている人はかなり汚染されています。

 

食を守るお母さんの意識が低ければ、ご家族を守ることはできません。

 

食の乱れが、病気を発生させ、心をむしばんでいきます。

現代の子供たちに多い注意欠陥多動性障害や発達障害、不登校なども、よくよく食生活をチェックすると散々たる状況です。

 

何はともあれ食が基本なのです。

 

自分自身のため、愛するご家族のためにも、食に対する意識を高めていきましょう。

 

また、霊性修行においても、修行者が厳密に食を節制している様に、口にするものはとても重要なのです。

 

その辺りの話ができればと思っています。

 

どうぞ楽しみにしていてください!

 

 

 

 

では、10月のサットサンガ(真理の集い)のご案内です。

 

 

では、サットサンガのご案内です。

サットサンガの参加資格は、次の通りです。

 

水野氣功塾の下記の講座受講者(受講中でも可)

・旧スピリチュアル・ヒーリング講座

・旧メディテーション&ヒーリング講座

・密教瞑想講座

・旧レイキ講座

 

当院から下記をご購入された方

・ヒーリングスティック(銅製)

・ヒーリングスティック(独鈷杵)

・五鈷杵

・神獣のネックレス(動物の牙爪) 

・魔除けの缶

(➡ 「邪気祓い開運堂」

 

・上記有資格者の紹介者

・ヒーリングスティック療法講習会の参加者 ←追加しました!

 

中学生以下のお子様は無料で参加できる様にしました。

お子様連れのご参加もOKです。

(落ち着いて説法が聞けないお子様は隣室で待っていただきます。)

説法の内容が一部しかわからなくても、説法後一緒に瞑想するだけでもお子様に大きな恩恵があります。

 

 

後半は合同瞑想をしますが、瞑想初心者でも大丈夫です。

初めての方も奮ってご参加ください。

合同瞑想に参加して、たくさん力を受け取って、たくさん浄化して帰ってください。

 

瞑想をしますので、腹一杯の状態で来ない様に。

できるだけ空腹の方が良いですね。(水分はOK。強制ではありません。)

 

 

くせの強い人もいませんので、人間関係のご心配も要りません。

万教同根の思想の下、宗教宗派に関係なくご参加頂けます。

レイキ講座の受講生も奮ってご参加頂ければと思います。

 

また、サットサンガでは、講座のカリキュラムで触れていない内容もたくさん話をしていますので、密教瞑想講座やスピリチュアル・ヒーリング講座の受講生はなるべく参加する様にしてください。

 

 

参加ご希望の方は事前準備がありますので、メールフォームかメールよりご一報ください。

 

➡  「お問い合わせ」メールフォーム

 

その他、詳細は「水野氣功塾」のサイトの「サットサンガ」をご覧ください。

 

➡  「サットサンガ」

 

 

では、たくさんの方とお会いできるのを楽しみにしています。

 




2019_10_06


matrix-2953869_640.jpg



こんにちは。

 

この世界の成り立ちについて思う所を書き記してみます。

 

 

 

ほとんどの人は疑問すら感じていないかもしれませんが、かなり不思議なのが時空の問題です。

特に時間についてはかなり謎であります。

 

時間の流れというものがあって、過去から未来に向かって一直線に進んでいるというのが一般的な理解です。

それは、この社会で成功している人やインフルエンサーをはじめ、ほとんどすべての人がそう認識していることでしょう。

 

しかし、この感覚はこの3次元という物質世界における感じ方です。

つまり、本当はそうではないけれど、この地球という場にいるとそう感じられてしまうということです。

 

 

 

直線的に進んでいないというと、時間というのはどういうものなのでしょうか?

 

それを説明するために、輪廻転生について考えてみましょう。

輪廻転生とは、生まれ変わりです。

果たしてそれが本当にあるのかないのか?

輪廻転生なんてないだろうという人とは、ここでは議論するつもりもないですが、人間は幾度も輪廻転生をしている生き物だと私は考えています。

 

私にとってはコーラを飲んだらゲップが出る位当たり前のことで、死んでからもこの世界に留まっている霊体と日々対峙していますので、この点については至極当然という立場でいます。

 

でも、仏教の影響が大きい日本人は、比較的この輪廻転生という考え方には同調できるのではないでしょうか。

 

 

 

この輪廻転生も過去から未来に向かって、死んでは生まれるサイクルを繰り返しているというのが一般的な考えです。

 

しかし、私は時間が直線的に過去から未来に進んでいるものではないと認識しているため、死んだ後に昔の時代に生まれることもあるのではないかと考えています。

 

 

 

 

そして、人生というものはある程度起こることが決まっているという考えを持っています。

人生は完全にフィックスされているものではなく、その人の意識が大きく変わると起こる現象が変わるということはあります。

 

しかし、肉体のみを自分とみなし、常に五感の感覚に晒されて、それに反応し続けていると大きく意識が変わるということは一生の間でほとんどないでしょう。

 

霊性修行をして、魂レベルというものを認識している場合、人生で起こる様々な現象に対する反応を大胆に変えることで、決められた路線からシフトしていくことができると思います。

 

 

 

そして、ある程度決まっているというのは、細かいところで言えば〇月〇日は特に〇×という感情が勢力的になるというところまで決まっているのではないかと考えています。

 

具体的に言えば、102日は怒りのエネルギーが強く起こって来るという感じです。

そのために、例えば職場でライバルのA氏というある意味の俳優が出て来て、意見の衝突があるというストーリーが展開されます。

 

この辺は緩やかな設定で、A氏という俳優がセッティングされていなければ、交際しているB子という女優が出て来て、B子の言動に腹を立てるという様な別のストーリーが起こることになります。

 

怒りが出て来るというストーリーはともかく、102日という時間のポイントで怒りという波動(エネルギー)が大きくなるというのは決まっている様なのです。

 

 

 

それがおぼろげながらもわかってしまうと、A氏であれ、B子であれ、本当はその両氏が怒りの原因になっているのではなく、怒りのエネルギーが勢力的になるために、それを演じてくれる俳優が準備されているということになります。

 

つまり、怒りというエネルギーが最初にありきなのです。

その不快な感情を味わうために、そのための俳優がそうなる状況を演じてくれる。

だから、そもそも相手が如何に悪いのか、どうしたら奴らを叩きのめすことができるのかを思案するのは、見当違いということになります。

 

現実世界ではA氏やB子の言動が如何に問題かを追求し、反駁(はんばく)するポイントを思案するのは当たり前の思考プロセスです。

 

ですが、本質的には彼らは俳優であって、怒りを味わわせてくれるために演じてくれているので、そこに問題の本質、根本原因はありません。

A氏もB子もセッティングできなければ、C太郎が出て来ることになるでしょう。


 

city-647400_640.jpg 

 

 

では、どう対処するのがベターなのかというと、怒りに反応するとこの仮想現実の世界(マトリックス)の術中にはまりますので、怒りという嵐が過ぎるまで穏やかに静観するのが賢い選択です。

 

この世界で生きていれば、様々な感情の波が心を揺さぶります。

特にネガティブな感情・・・怒り、不安、心配、悲しみ、嫉妬、恨み、後悔などがどうして尽きないかというと、それはプログラムだからです。


プログラムというのは、あらかじめ決められている既定路線です。

プログラムというのは、アプリが起動しているのと同じで、プログラムの内容に心が反応しアップダウンすることになります。

 

しかし、プログラムはあくまでプログラムで、「自分」ではありません。

ところが、この世界に生きているとプログラムを自分であると認識してしまいます。

それがこの世界のトリックである部分です。

 

プログラムが起動して心を揺さぶるネガティブな感情にいちいち反応してしまうと、大変なエネルギーを浪費することになります。

それがマトリックスのエネルギー、つまり餌になるのです。

 

だから、私たちは五感の刺激に過剰反応することなく、淡々と世界を眺めながら生きていれば良いのです。

 

その仮想現実(マトリックス)の抜けるのが、仏教でいう解脱ということになります。

 

 

 

 

 


2019_10_03


拝啓 秋涼爽快の候、皆様におかれましては、ますますご壮健のこととお慶び申し上げます。日頃より、弊店をご愛顧いただきありがとうございます。
 さて、弊店では仕入れ料金の負担増など経済的事情を鑑み、101日より浄化塩の料金を改定させていただくことに致しました。

 その他の商品、施術料などについては増税後も値上げすることなく従来通りの料金でご奉仕させていただきます。

 一部料金変更の点をご理解いただき、今後とも変わらぬご愛顧を賜ります様宜しくお願い申し上げます。                                      

敬具

 

(旧料金)1,300円(税込)

 

(新料金)1,600円(税込)

 

以上


2019_10_01


IMG_5421.jpg


こんにちは。

 

「ご神木プージャ」の参加者様から体験談をいただきました。

嬉しい内容だったので、ここにご紹介致します。

 



 

 

いつもお世話になりありがとうございます。

お陰様で母は今年の2月から整形に行ったりしていてもなかなか良くならなかった坐骨神経痛が、2回のプージャで良くなり元気で過ごしています。ありがとうございます。

普段は倹約家の母も水野先生にプージャをお願いすると言うと「あれをお願いすると元気になるんだよね」と笑顔になります。

私も今年の3月の終わり頃から、それまで外出の際に使っていた杖を使わなくても大丈夫になりました。ありがとうございます!
お盆前には苦しかった胸の辺りも楽になりました。喉や足首も少しずつ良くなってきました。

瞑想する前はいつもシヴァ神、シルディサイババ、観音菩薩、仙人先生や水野先生、関係者の方、に感謝してから始めます。
いつもありがとうございます。

今後ともよろしくお願い致します。

 



 

 

 

ご神木プージャによるご霊験は、参加者の方々それぞれに多様な現れ方をします。

人生の問題が解決したということだけではなく、身体の痛みが消えてしまったというご報告も度々いただきます。

 

M様はいつもご神木プージャの開始時間10時頃になると、瞑想をしてプージャのエネルギーを受け取ってくれています。

 

プージャの時間中は別に瞑想をしていなければならないという訳ではありません。

しかし、意識をプージャに向けて、遠隔地にいても一緒にご祈願いただくことでよりたくさんのエネルギーを受け取ることができます。

 

時間は40分位ですので、瞑想の習慣がない方もたまには身体の力を抜いて心を静かに保つ時間を持つと良いでしょう。

瞑想をすると、心身に良い影響がたくさんあるのです。

 

 

難しい事はありません。

無になろうとか、少しも動いてはいけないとか、そんな難しく考える必要はありません。

 

座り方も、厳密には結跏趺坐(けっかふざ)とか半跏趺坐(はんかふざ)とかいろいろあって、座り方によって気(エネルギー)の動き方も違うのですが、初心者の方はとにかく楽に座っているだけでいいのです。

足が痛くなったら、組み替えたり、楽な姿勢をとったりして苦しくない様にしてみてください。

 

その様にプージャの時間中瞑想しながら、シヴァのマントラ「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」を心の中で唱え、ご神木に記入した願意が速やかに成就する様お祈りをされると良いでしょう。


shiva-the-hindu-god-1165592_6401.jpg 

シヴァ神

 

師匠も私も、ご神木プージャの時間中は皆さまの願いが叶う様一生懸命に炎に向かってお祈りしています。

皆さまが幸せになっていくことを心の喜びとして毎月行に励んでおります。

 

 

➡ 願いを叶えるファイヤープージャ





2019_09_22


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

水野博友

Author:水野博友
気功家・ヒーラー・瞑想家
気功で人の病気や苦しみを癒すヒーラー

愛知県出身、早稲田大学商学部卒。
埼玉県さいたま市浦和区で気功治療院「外気功療法さいたま院」を開業、肉体の病~精神の病まで日夜 気功の施術を行っている。遠隔気功の実績も豊富。
満月時は日本の山に籠り密教修行を行う、また2011年より定期的にインド・ヒマラヤ、インドネシアに渡り様々な聖者の指導を受けて霊性修行に励んでいる。

フリーエリア





ツイッター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top