FC2ブログ



IMG_6211.jpg
2020年3月ご神木プージャの炎


こんにちは。

 

37日(土)22時~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

今回もたくさんの方々にご参加いただきありがとうございました。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 

 

見えない世界の脅威が全世界に広がっています。

放射能の時もそうですが、見えない脅威に対して人間は過剰に恐れます。

新型コロナウイルスの場合は、見えないものでもネガティブ(闇)な存在ですが、一方見えないものにはポジティブ(光)な存在もあります。

 

それは一つには神です。

神のことはもう言わずともお分かりの事でしょう。

 

見えない世界には神以外の存在もあります。

何でしょうか?わかりますか?

 

 

 

それは、天使や妖精です。

「あぁ、そうか!」と膝を打ったことでしょう。

 

神が天皇だとすると、天使は総理大臣、妖精は専門的なキャリア官僚みたいなものでしょうか。

天使は神の言うことを、妖精は天使の言うことを、忠実に実行します。(天皇は直接命令しませんが・・・)

 

天使は見える人には羽が生えた人間の姿で見える様です。

また、妖精は小人の様に見える様です。

 

ファイヤープージャの時に高価な香木をふんだんに焚きますが、この香りは妖精を呼ぶのに使います。

 

 

神や天使、そして妖精。

これらが力を合わせて人間を守護してくれています。

ネガティブな存在ばかりをいたずらに恐れる必要はありません。

 

 

人を守護するのはこれだけでありません。

もっと下位で、もっと身近な存在がいるのです。

それは何でしょうか?

 

 

 

それはですね・・・微生物なのです。

微生物(細菌)が人間の腸内~皮膚を埋め尽くす様に覆い、人間を助けてくれています。

 

ウイルスに対抗する抵抗力のベースはこの細菌叢(そう)です。

皮膚にも粘膜にも無数の細菌が存在してウイルスの侵入を防いています。

皮膚に存在する細菌は常在菌といいます。

 

しかし、人間はこの細菌をバイ菌と同じに考え駆逐することを続けてきました。

現代のスーパーやドラッグストアに行けば無数の抗菌グッズが目に入ります。

 

コマーシャルも何でもかんでも殺菌除菌。

そんなことをすれば私たちを護る援軍まで死んでしまうのです。

 

しまいには、病院に行けばすぐに抗生物質を出してくれます。

多くの人は抗生物質を出してくれる医者を「ありがたい医者だ」と思ってしまいます。

それは逆です!抗生物質は腸内細菌にとって善玉菌も悪玉菌も一掃する核兵器の様なものです。

とんでもないことなのです。

 

牛豚鶏などの食肉、中国産ウナギなどには生育の過程でふんだんに抗生物質が使用されます。

その方が、風邪を引かないし、通常よりも早く大きくなるので酪農家には経済的なメリットがあります。

子供も大人もそんな抗生物質盛りだくさんの食肉を「美味しい!美味しい!」とほおばります。

50年前の人が食べていた肉とは違うのです。

 

 

 

この様な生活習慣が、人体の生態系を破壊してきました

それによって免疫力が落ち、多様なアレルギー・訳の分からない難病が発生しています。

腸内の100兆もの腸内細菌叢(そう)、皮膚の常在菌も、善玉菌が弱って悪玉菌がはびこる生態系に替わってしまったためです。



これは地球で起こっていることと同じです。

森を切り拓き自然を破壊し、元々森や動物に存在して来た未知のウイルス群が人間の世界に入って来ました。

 

現代人の食生活・生活習慣ではそれに対抗する免疫力(防衛力)が低下しているため、薬を持って対抗してきました。

しかし、新型肺炎には目下のところ有効な薬は開発されておらず、人それぞれが持つ免疫力に生存が委ねられています。

 

 

「細菌を駆除する」という思想。

それは、明治維新以降に西洋の価値観だけを尊び、日本古来の神仏を破壊して来た明治政府と変わりありません。

そのため、日本では今でも埋もれてしまった神々が多数存在しています。

 

 

これからは「細菌(善玉菌)と共生する」というエコな思想が主流になっていくことでしょう。

そのためには、人間は愚かなので痛みを伴う過程を経なければならないのかもしれません。

 

私たちが実践している霊性修行は、ひたすら瞑想しているイメージかもしれませんが、日常生活ではいかに良質な腸内細菌叢を作るかという点を重視し、酵素や仙薬を飲み食生活の節制に取り組んでいます。

ネガティブなエネルギーを寄せ付けない強い腸内細菌叢・皮膚常在菌を作るのが肝要です。

 

悪霊に悩まされている人はまず腸内細菌叢が良くないのです。

身体が薬漬けになっていたり、砂糖を摂りすぎていたり、添加物を摂り過ぎたりしていませんか?

「身体」がまずできていないのでネガティブなエネルギー体を引き寄せ、付着を許してしまう・・・その可能性を考えてみましょう。

 



師匠は、

 

「腸内細菌は神である」

 

「抗生物質を使ってきた人がコロナにやられるだろう。」

 

と、言っていました。

 

新型コロナウイルスは人工の兵器説もありますが、巨視的に見れば自然の反乱という見方もできます。

そんな今、人間の思想や生き方が問われることになりそうです。

 

 

 

 

今回のご神木プージャでは、新型コロナウイルスの収束を願意としている方が複数いました。

私も同じ気持ちでご祈願しました。

 

「早く人々の生活に平穏な日々がおとずれます様に・・・」




そんなことを願いながらも、往路の飛行機から見た景色は、これまで200回以上見た中で最も美しいものでした。

人間の経済活動が低下すると、自然はこんなにも輝きを取り戻すのだと皮肉に思えました。

 

IMG_0081.jpg 


IMG_0080.jpg

 


 

 

地球にとって人間の存在って何なのでしょう?

今の不自然な人間は、人間がウイルスを嫌悪する様に、地球からも嫌われていないでしょうか?

今の私たちは地球にとってふさわしい存在・好ましい存在になっているでしょうか?

 

 

何か今は大きな転換期になっている様に思えてなりません。

 

皆さまもこれまでの在り方を見直しつつ、どうぞ養生してお過ごしください。

 

 

 

 

 

以下、ギフトと次回のプージャのご案内です。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方は、シヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

今回も、「龍眼菩提樹」のお守りをいただきました。

今回、龍眼菩提樹の恩恵に授かった人は幸運だと思います!

 

龍眼菩提樹は、菩提樹の突然変異でできた大変珍しい実です。

実に35個の穴があり、そこに龍が棲むという言い伝えがあります。

 

その恩恵は、次の通りです。

 

l  無量の福、最勝の益を得る。

l  浄化・平静・調和・寛容・高い意思に導く

 

 

 

このルドラクシャは、今回のプージャでプリースト(司祭)の師匠が神のエネルギーを封入しています。

形は小さいものですが、ご神像と思い大切にご活用いただければ幸いです。

 

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、神の雫(しずく)とも言われます。

菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

菩提樹の名前は、菩提がゴータマ・ブッダの別名であったボーディ (Bhodhi) から来ています。

つまり、「菩提樹」は「ブッダの木」を意味しています。

 

インドの聖者や修行者は、首からルドラクシャのネックレス(ジャパマーラ)を下げています。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

 

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。

 

 

ルドラクシャをお渡しする際に秘伝の「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルが付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

もし、前回のプージャのギフトが届いていない場合はご連絡ください。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

411日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 (ご神木の締め切りは、47日火曜日です。)

※締め切りを過ぎて到着したご神木は次月に回させていただきます。こちらから特に連絡は差し上げませんので、ゆとりをもってお届け願います。

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 

 

 

 




2020_03_08


IMG_6189.jpg
2020年2月 ご神木プージャの炎

こんにちは。

 

28日(土)2210分~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

今回もたくさんの方々にご参加いただきありがとうございました。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 

 

 

現在、コロナウイルスが中国でパンデミックの様相を呈しており、日本も対岸の火事として安穏としていられない只ならぬ空気になってきています。

 

来月の修行の頃にはどのようになっているのでしょうか。

 

一説には、既に30万人を超える死者が出ているとか、生物兵器であるとか、様々な情報が飛び交っています。

このような時は「公式の情報は信用できない」として、どこのソースかわからぬデマが流れ、不安に拍車をかけます。

 

「公式の情報は信用できないけど、自分は独自の情報源があり本当のことを知っているぞ」という種の情報です。

 

危機に当たって正確な情報を掴むというのは大事なことです。

それはがんなど重病になった時も同じです。

しかし、その様な危急の事態には、人の不安につけ込む類の情報が溢れていますから、不安な時には藁をも掴む気持ちで間違った情報を鵜呑みにしてしまいがちです。

 

私は「今回のコロナウイルスは楽観できないものがある」と感じていますが、最悪なことにはならず収束すると考えています。

この様な時、まず見るのはマーケット(日経平均株価)です。

 

それが暴落していなければ、遠からず落ち着くものと判断する様にしています。

もし、暴落したらその時は本当の非常事態になるでしょう。

世相が騒がしい割には日経平均株価がさほど荒れていませんので、このままパンデミックが収束してほしいと祈るばかりです。

 

 

 

 

さて、この世界は善と悪、光と闇、神と魔が5050の比率で存在します。

光が強くなり、波動が高くなれば、闇はそれに匹敵する力を出して来てバランスをとろうと必死の抵抗をみせます。

それが自然の摂理で、人類は良くなったり悪くなったり、らせんループを繰り返しながら成長・発展してきました。

仮にコロナウイルスが人工兵器だとしても、それで多くの死者が出たとしても、それもある意味の神仕組みです。

 

 

霊性修行者やヒーラーも同じで、力をつければつける程、強力な魔に襲われます。

私もそうですが、どこまで行っても一向に楽になりません。

力をつけると、一層強い敵が出てきてそれと対峙しなければならなくなります。

 

これは世の中の法則(『ステージの法則』)です。

小企業は数々の問題を解決しながら成長し大企業になりますが、大企業になれば問題がなくなる訳ではなく、その規模相応の問題と責任が出現します。

 

野球選手も同じです。

うまくなればプロ野球の2→1大リーグとステージが上がって次々に強い敵と戦うようになります。

一向に楽にはならない訳です。

1軍でタイトルを取れる様なスゴイ選手が、「オレは年俸低くてもいいから2軍で目立って活躍したいわ」とは言わないのです。

 

 

 

霊性修行では、修行者にはグル(教師)が必要になります。

グル(教師)が弟子を守り、カルマの肩代わりをし、レベル(ステージ)を上げるサポートをします。

だから、実際のところグル(教師)はたくさんの弟子を持つことはできません。

キリストで12人、仏陀で10人ですから、現代の聖者ではいいとこせいぜい23人です。

 

新人の弟子に新人伝法(イニシエーション)をしますが、それは入門の入門でしかありません。

本当の弟子入りではないのです。

師は数年の付き合いをしながら、弟子に値するのかどうかを静かに見計っているのです。

そして弟子に迎えれば、弟子を命がけで守る覚悟で指導にあたります。

 

霊性の系譜・繋がりは血を分けた実の親子よりも濃いというのはこの様な理由によります。

 

私も不肖の弟子ですが、これまでも師匠の支えに助けられここまでやってこられました。

今現在もお客様の邪気を受けたダメージを癒してもらっています。

右手に入った邪気を浄化する過程で、銀色のブレスレットが黒く変色しました。

スゴイ邪気で身震いがしてきます。

今年に入り、右手の痛みに耐えながら施術をして来ました。

「なんで他人のためにここまで苦しまなければならないのだろう」と仕事に嫌気が差し、独り苦虫を嚙み潰したような顔をしていたことが多くありました。


IMG_6169.jpg

 

周りの人数人から「もう治療は辞めたら・・・」と助言され、「もうホント気功治療家は無理」とマジメに他の仕事を考える程凹んでいました。

しかし、今は寿命がどうなろうとも生涯一治療家として生きる決意を新たにしました。

 

 

 

考えてみれば、人間できることはそんなに多くはありませんね。

目の前のことを一つ一つこなしていく地味な人生が私の生き方です。

それがいつ終わろうと一向に悔いはありません。

お客様が「楽になった!」と喜んでいる姿を見て、一緒に喜びを分かち合えると、「やってきてよかった」と心から思えます。

 

生きていれば辛いこと・苦しいことがたくさんあって、気持ちが負けそうになることがあるでしょう。

お願い事が書かれた積み重なったご神木の束を見ると、「皆さん大変なのだろう」とお気持ちを推察し気持ちが引き締まります。

 

辛いのはあなた1人ではありません。

 

師匠も私も、皆さまの苦境が少しでも楽になる様、今回も燃えたぎる炎に向かって声が枯れるまでお祈りさせていただきました。

寄せられたご神木11本に祈りを込めながら、師匠はすべてのご神木を炎にくべていきました。

上の画像の燃えたぎる炎は、その気持ちが入っている炎です。

 

生きていくのは苦しいのが世の常ですが、少しでも皆さまが背負っている荷物(苦しみ)が軽くなってくれたら幸いです。

 

 

 

 

以下、ギフトと次回のプージャのご案内です。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方は、シヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

今回も、「龍眼菩提樹」のお守りをいただきました。

今回、龍眼菩提樹の恩恵に授かった人は幸運だと思います!

 

龍眼菩提樹は、菩提樹の突然変異でできた大変珍しい実です。

実に35個の穴があり、そこに龍が棲むという言い伝えがあります。

 

その恩恵は、次の通りです。

 

l  無量の福、最勝の益を得る。

l  浄化・平静・調和・寛容・高い意思に導く

 

 

 

このルドラクシャは、今回のプージャでプリースト(司祭)の師匠が神のエネルギーを封入しています。

形は小さいものですが、ご神像と思い大切にご活用いただければ幸いです。

 

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、神の雫(しずく)とも言われます。

菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

菩提樹の名前は、菩提がゴータマ・ブッダの別名であったボーディ (Bhodhi) から来ています。

つまり、「菩提樹」は「ブッダの木」を意味しています。

 

インドの聖者や修行者は、首からルドラクシャのネックレス(ジャパマーラ)を下げています。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

 

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。

 

 

ルドラクシャをお渡しする際に秘伝の「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルが付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

もし、前回のプージャのギフトが届いていない場合はご連絡ください。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

37日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 (ご神木の締め切りは、33日火曜日です。)

※締め切りを過ぎて到着したご神木は次月に回させていただきます。こちらから特に連絡は差し上げませんので、ゆとりをもってお届け願います。

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。






2020_02_09


2020年1月ご神木プージャの炎
2020年1月ご神木プージャの炎


こんにちは。

 

111日(土)2210分~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

今年最初のご神木プージャです。

お寄せいただいたご神木は過去最高の枚数になりました。

今回もたくさんの方々にご参加いただきありがとうございます。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 

 

 

今月の説法は、師匠が新築したムクター行(解脱行)用の小屋で行われました。

新年の挨拶と共に、師匠が今年の抱負を述べられました。

 

抱負は今年に限定した話ではありませんでしたが、あと2年かけて新しい修行小屋をもう一棟作るという話をされました。

 

今回のムクター行(解脱行)用の小屋は未完成ですが、断熱材や窓や換気扇も設置されて体裁は整っていて、今回は私もその小屋での修行をスタートしました。

そして、その小屋の他に、もう一棟より巨大な建物を建てるということを師匠は宣言されました。

 

ムクター行用の小屋 

建設開始時の頃の小屋

 

師匠はよく「サンカルパ」という言葉を述べられれます。

「サンカルパ」とは、それに相当する日本語がないのですが、「実現する意思力」「実現力」という感じでしょう。

筋力・体力・知力に個人差がある様に、「サンカルパ」にも個人差があります。

思うことがスムーズにたくさん叶う順風な人もいれば、願っても思ってもなかなか障害が多く事が成就しない人もいます。

 

あなたはどちらに当てはまりますか?

 

霊性が向上し、魂が神に近づいて行く程、思うことがスムーズに早く実現する様になり、運が良いと言われる人生を歩めます。

 

 

 

皆さまも新年を迎えるに当たり、今年実現したいことを色々考えられたのかもしれません。

 

師匠は、「物事を実現するにはできるだけ具体的に、時期を明確にする様に」と述べられました。

願いがある人はできるだけその様に具体化した方が実現の可能性がずっと上がるでしょう。

 

 

ご神木プージャに書かれている願意も、「病気平癒」という感じで大きな字で書かれているものと、米粒の様に細かい字がぎっしり詰まって書かれているものとあります。

 

別に「病気平癒」と書くのがダメという訳ではありませんが、具体的に書いてある方が手助けする神もやりやすいのかもしれません。

 

 

 

 

師匠はこれまでもDIY(《do-it-yourself》日曜大工)で、地下の瞑想室、地下洞窟、幾つかの修行小屋を作ってきました。

本来は重機を使って工事するものを、肉体の力のみで大工道具を使って何でも器用に作ってしまいます。

師匠は大変な労力がかかるのにも関わらず、それを「セバ行(奉仕行)だ」と位置づけ、黙々とやり遂げてきました。

 

修行とは瞑想をするイメージをするかもしれませんが、必ずしもそれだけではありません。

霊性修行者の手助けをすることはセバ行となり、それも一つの修行法で大きな恩恵があるのです。

 

 

 

今回建てた小屋では密伝用の小屋にするということで、地のエネルギーを取り入れるための、「地のマントラ瞑想」をしています。

 

地のエネルギーとは、地球のエネルギー・大地のエネルギー・土のエネルギーで、大変浄化力が強くネガティブなエネルギーを祓います。

また、それは基底部のチャクラに働きかけ、悟りや解脱を達成するための原動力になるエネルギーとして蓄えられると言われます。

 

地のエネルギーを受けると、トロトロに眠くなります。

私の気功を受けても眠くなりますが、それ以上にトロトロです。

 

先週からその小屋から地のエネルギーがメダルを持っている人に流れてくる様になりました。

私も持っていますから、先週から眠くて仕方ありません。

 

打ち合わせ中に寝てしまったり、食事をしながら寝てしまったり!

この前の日曜日には起きたらなんと17時になっていました!

 

眠くなるのも浄化なのです。

しばらくは眠い時期が続くのかもしれません。


魔除けと地のエネルギー 


龍玉小

ご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

大が3万円、小が1万円です。


➡ お問い合わせフォーム

 

 

 

ご神木プージャももちろん参加者にエネルギーが届くのですが、地のエネルギーもメダルを持つ人に送られてきます。

 

地のエネルギーを受けながら身心の浄化を進めるのです。

それは遠方にいても法具があれば、ご自宅で行ができますからやってみたい方は通信でやり方をご案内しますのでご連絡ください。

 

ご神木プージャに参加するだけでなく、ご自身でも地のマントラ瞑想をしてカルマを焼いていけば、次第に人生が明るくなっていくでしょう。

 

少しでも皆さまの心に明るい陽が差します様、これからも様々な方法でお手伝いさせていただきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

以下、ギフトと次回のプージャのご案内です。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方は、シヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

今回も、「龍眼菩提樹」のお守りをいただきました。

今回、龍眼菩提樹の恩恵に授かった人は幸運だと思います!

 

龍眼菩提樹は、菩提樹の突然変異でできた大変珍しい実です。

実に35個の穴があり、そこに龍が棲むという言い伝えがあります。

 

その恩恵は、次の通りです。

 

l  無量の福、最勝の益を得る。

l  浄化・平静・調和・寛容・高い意思に導く

 

 

 

この龍眼菩提樹は、今回のプージャでプリースト(司祭)の師匠が神のエネルギーを封入しています。

形は小さいものですが、ご神像と思い大切にご活用いただければ幸いです。

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

もし、前回のプージャのギフトが届いていない場合はご連絡ください。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

28日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 (ご神木の締め切りは、24日火曜日です。)

※締め切りを過ぎて到着したご神木は次月に回させていただきます。こちらから特に連絡は差し上げませんので、ゆとりをもってお届け願います。

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 

 

 



2020_01_13


IMG_5923.jpg
2019年12月ご神木プージャの炎


こんにちは。

 

1214日(土)2210分~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

今年最後のご神木プージャになりました。

今回もたくさんの方々にご参加いただきありがとうございます。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 

 

 

プージャが執り行われる土曜日は18時か19時から師匠の説法が始まり、その後22時頃からご神木プージャ・・・という流れになっています。

 

今回私は19時頃からネガティブなエネルギーを受けて、次第に身体がキツくなってきて、座っているのも目を開けているのも辛くなってきました。

私の事情がわからない人は「水野さん寝てるわ」と見ていたのかもしれません。

 

外見には寝ている様に見えたかもしれませんが、私の身体がネガティブなエネルギー(邪気)に占められて来ると、頭痛やら何とも言えない重だるさや苦しさで、只そこにいること自体が辛くなります。

このネガティブなエネルギーはおそらくご神木から伝わってくるエネルギーです。

 

 

ご神木とそれを書いた人とはエネルギー的な繋がりができます。

更にそれを仲介した私とも繋がりができます。

そのため、ご神木プージャが始める前までは、私は参加者の皆さんの負のエネルギーが伝わってきて苦しむことがよくあります。

今回は特に邪気のキツイ人がいたのでしょう。

 

 

ご神木プージャが始まれば、今度は逆に神気がご神木を通して参加者に送られることになりますので、諸々の問題の原因になっているカルマなどの根本要因を焼き尽くしてくれます。

 

ご神木プージャで問題が解決するとういう仕組みはこの様なものです。

 

 

 

目下、師匠は絵馬を考案中です。

希望者人の身体の一部(例えばそれは髪の毛や爪といったもの)を、願意が書かれた絵馬に引っ付けます。

そして、その絵馬を24時間火が絶やされることがないホーマ(炉)のそばに掛けておきます。

その絵馬を通してホーマの神気が参加者の下に継続的に送られて護られると共に、問題となるカルマなどのエネルギーを浄化してもらえます。

詳しい事は内容が固まり次第ご案内させていただきます。

 

話を戻すと、その様な仕組みで氣というものは繋がりを持っています。

 

 

 

 

実際、私が感じる苦しみは重度の霊障の症状に近いものがあります。

重度の霊障の人はこの様な暗黒の苦しみの中で日々過ごしているのだと思います。

とても辛く苦しい日々ですよね。

こんな苦しみはなかなか他人にもわかってもらえないでしょう。

病院でも原因がわからないと言われながら、適当に処方された薬を服用するしかありません。

 

私が感じる苦しみのエネルギー(邪気)は、神気と真逆でとても苦しく力を奪われます。

そのエネルギーがどこから来るのかと言えば、人の心から生まれてくるのです。

人の心の諸々の悪感情怒り・恨み・嫉妬・悲しみ・孤独・不安・心配・・・等々です。

 

人間の心は美しくもありますが、一方でこの様な闇も生じます。

人類の集団的な心の闇が集まって地獄界ができました。

地獄というのは本当にあるものです。

 

とは言っても鬼がいて釜茹でにされるというものではなく、苦しみに煩悶しそれが絶えることのない修羅の世界、その様なエネルギー場(周波数帯)です。

死んだ魂が地獄界に進み、死後もずっとずっと苦しみが終わらない世界に居続けます。

地獄界は人間の醜い部分が黒々としたタール状の汚泥の様に腐っている感じで、暗い世界です。

 

人間が作り出す苦しみ・闇は本当に深く恐ろしいものだと感じます。

人の悪念や霊障は強力で、時に人の生命を奪うこともあります。

それによって人が死ぬと、死ぬ直前に家系の他の人に移ります。

それだけ強力なのです。

 

 

 

私も師匠とのご縁がなければ、いくつも命を落としていたことでしょう。

師匠のお陰でここまでやってくることができました。

力も大分強くなりました。

 

ご神仏から強力にご加護いただき、いつもいつも感謝して過ごしています。

強いネガティブ(邪気)に対抗するには、軟弱な精神だと負けてしまいます。

絶対に負けないという強い信念が行者には必要です。

勝負どころでは自分は絶対に負けないという強い気概を持たねばなりません。

 

 

 

 

しかし、一方で人間には愛という美しい部分もあります

常に愛と歓びに満ちた世界に生きている人たちもいます。

なかなか想像できないかもしれませんが、その様な魂が純粋な人たちもいるのです。

 

その様な人は、ストレスの意味がわかりません。

「ストレスって何ですか?」「どういう時に起こるのですか?」と尋ねてきます。

 

ある意味呆れて(笑)、「前世の功徳があるんだねぇ」と私が答えると、「前にもあるお坊さんにそう言われたことがあります」と言っていました。

 

 

魂を浄化するのは、人間である間しかできません。

だから功徳を積む生き方をしてください。

人を憎んだり苦しめたりしてはいけません。

結局それは自分自身を苦しめることになるのですから。

そして、今世でできるだけ魂を浄化していきましょう。

 

 

人生とは心ひとつの置き所。

心持ち次第で、愛の溢れる世界になるか、苦しみの汚泥の中で悶える人生になるかが分かれます。

 

 

 

ご神木プージャでカルマを焼いていけば、次第に人生が明るくなっていくでしょう。

人生が変わったという参加者の声もこれまでたくさんいただきました。

 

師匠と私はこれがお勤めであると思い、日々精進しています。

少しでも皆さまの心に明るい陽が差します様、これからもお手伝いさせていただきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

以下、ギフトと次回のプージャのご案内です。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方は、シヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

今回も、「龍眼菩提樹」のお守りをいただきました。

(今回、全員分はないと思います。元々希少品なので申し訳ございませんが、龍眼菩提樹が足りなかった場合は代わりの相当のギフトをお渡しします。)

 

龍眼菩提樹は、菩提樹の突然変異でできた大変珍しい実です。

実に35個の穴があり、そこに龍が棲むという言い伝えがあります。

 

その恩恵は、次の通りです。

 

l  無量の福、最勝の益を得る。

l  浄化・平静・調和・寛容・高い意思に導く

 

 

 

このルドラクシャは、今回のプージャでプリースト(司祭)の師匠が神のエネルギーを封入しています。

形は小さいものですが、ご神像と思い大切にご活用いただければ幸いです。

 

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、神の雫(しずく)とも言われます。

菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

菩提樹の名前は、菩提がゴータマ・ブッダの別名であったボーディ (Bhodhi) から来ています。

つまり、「菩提樹」は「ブッダの木」を意味しています。

 

インドの聖者や修行者は、首からルドラクシャのネックレス(ジャパマーラ)を下げています。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

 

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。


龍 

 

ルドラクシャをお渡しする際に秘伝の「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルが付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

もし、前回のプージャのギフトが届いていない場合はご連絡ください。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

111日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 (ご神木の締め切りは、17日火曜日です。)

※締め切りを過ぎて到着したご神木は次月に回させていただきます。こちらから特に連絡は差し上げませんので、ゆとりをもってお届け願います。

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 



2019_12_15


IMG_5771.jpg
2019年11月 ご神木プージャの炎



こんにちは。

 

119日(土)2210分~約50分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

今回も多くの方々にご参加いただきました。ありがとうございます。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 

 

 

このところ師匠は「地のエネルギーが重要である」「地のエネルギーを吸収せよ」と説かれます。

地とは大地・土・地球のエネルギーです。

この地上世界は、五大元素のエネルギー「地・火・空・水・風」から成っており、すべての物質はエネルギー的にはこの5つのエネルギーの組み合わせによってできていると考えられています。

 

地のエネルギーは、肉体で言うと筋肉や臓器などの肉に相当する部分です。

人間が死ぬと、現代ではすぐに火葬されてしまいますが、火葬されずに放置されれば、やがて干からびて死体は土に還ります。

 

「神は土をこねて人間を創った」という神話がある様に、私たち人間の身体は土のエネルギーから成っています。

もちろん、地球や日本の国土も土から成っています。

人間はその意味では地球と同じ成分でできているのです。

 


4c3b435a18a7b8bb1d6857f571578c20_m.jpg 

 

 

地のエネルギーには強い浄化の力があります。

地はネガティブなエネルギー(邪気)を吸収してくれます。

 

 

土の上を裸足で歩くことを想像してみてください。

砂浜に裸で寝ころび、砂を身体にかけているところを想像してみてください。

 

とても気持ちよくなると思いませんか?

それは土が邪気を吸収してくれているからです。

 

河原の芝生の上に座り、ぼんやり時を過ごしても同じ様に気持ちが軽くなって楽になっていきます。

地の浄化の力は素晴らしく強力です。

ストレスが溜まった時、体調不良を治したい時、土の上を歩き浄化する習慣を持つことをお勧めします。

 

 

 

近年は天変地異が激しくなっています。

地震や台風や火山噴火や洪水が日本各地に大きな被害をもたらしました。

日本だけではなく、世界的に大きな気象変動が起きていて、地球全体がおかしくなってきているのを実感している人も多いことでしょう。

 

また、同様に人間もおかしくなっています。

頭に気が昇った末に、淀んで行き場のないエネルギーが、うつや自律神経失調症の原因となります。

うつ病患者は日本国内で100万人を突破していますので、地球だけではなく人間の心身も異常をきたしていると言えます。

 

地球を癒すにも、また人間の精神を癒すにも、地のマントラが有効で、バランスを整え邪気を浄化してくれます。

地球を癒すというと、「一人間が何を言うか?」と思われるかもしれませんが、人間の思念は地球にも影響を及ぼします。

東日本大震災の時、師匠が徹夜で地のマントラを唱え、地震の鎮静を祈願していたのは私の記憶にもまだ新しいところです。

 

 

また、悟りを得るというと、眉間や頭頂のエネルギーを活性化しなければならないと考えがちです。

しかし、師匠はそれには基底部の1番チャクラ(尾骨のところ)や2番(丹田)のチャクラが重要であり、地のエネルギーを活用することが不可欠であると説きます。

そのために地のエネルギーという地球のエネルギーを使うのです。

 


 

科学が高度に発達した現代では、未知なものはもう残されていないかの様に思うかもしれませんが、実はそうではありません。

科学が発達しても、私たちが常識として認識しているアカデミズムの情報と真実の情報には乖離があります。

 

特に深海と地球内部のことについてはまだまだ未解明であると聞きます。

 

おとぎ話の様に思われるかもしれませんが、地球内部には空洞があり、そこにはシャンバラ帝国(アガルタ)という別世界があると伝わっています。

 

palace-435745_640.jpg

シャンバラ帝国の入り口があると言われるチベットのポタラ宮殿



この点は、チベットのダライラマの十八番(おはこ)とするところですが、地球内部には地上よりも高度に発達した別の世界が存在すると言われます。

そこには異常な長命を誇る7人の聖賢がおり、その中の一人がシルディ・サイババであるそうです。

 

この様な情報は一般的ではないですね。

NSA(アメリカ国安全保障局)CIA(中央情報局)の元職員で現在ロシア亡命中のエドワード・スノーデンは「DARPA(ダーパ:国防高等研究計画局)の大半の人たちは地球のマントルに人類よりもはるかに知的な生命体が存在していると確信している」という驚くべき情報を暴露しました。

 

日本でもシャンバラ帝国に行って戻って来た男性の記録が残っており、その際に連れ帰って来た地下帝国の女性を主宰神とする神社が存在します。

 

 

 

師匠はインスピレーションによって地のエネルギーの重要性を説き始めました。

地のエネルギーと繋がるために「地のマントラ」が秘伝で継承されています。

師匠がインドのスワミ(僧)から学んだ最初のものが、地のマントラだったと言いますし、水野氣功塾の密教瞑想講座でも初伝の最初に地のマントラを学びます。

 

➡ 水野氣功塾「密教瞑想講座」

 

最初に学ぶから簡単で力の弱いものだと想像するかもしれませんが、実はこれはシッディ(法力)マントラと言って非常に重要なものだったのです。

 

今回はその地のマントラでプージャを実施しました。

参加者の皆様にも地のエネルギーが存分に届いたものと確信しています。

 

ご一緒に瞑想されている方は、もちろん地のマントラをご存じないと思いますが、いつも唱えていただいているシヴァのマントラ「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」には五大(地・火・空・水・風)のエネルギーがすべて含まれていますので問題ありません。

 

皆さまのご祈願内容が一日も早く成就することを、師匠共々お祈り申し上げます。

 

EI0mtSkUUAY67-t.jpg 

修行の往路で撮影した富士山。これも地のエネルギーです。

 

 

 

 

以下、ギフトと次回のプージャのご案内です。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方は、シヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

今回も、「龍眼菩提樹」のお守りをいただきました。

今回、龍眼菩提樹の恩恵に授かった人は幸運だと思います!

 

龍眼菩提樹は、菩提樹の突然変異でできた大変珍しい実です。

実に35個の穴があり、そこに龍が棲むという言い伝えがあります。

 

その恩恵は、次の通りです。

 

l  無量の福、最勝の益を得る。

l  浄化・平静・調和・寛容・高い意思に導く

 

 

 

このルドラクシャは、今回のプージャでプリースト(司祭)の師匠が神のエネルギーを封入しています。

形は小さいものですが、ご神像と思い大切にご活用いただければ幸いです。

 

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、神の雫(しずく)とも言われます。

菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

菩提樹の名前は、菩提がゴータマ・ブッダの別名であったボーディ (Bhodhi) から来ています。

つまり、「菩提樹」は「ブッダの木」を意味しています。

 

インドの聖者や修行者は、首からルドラクシャのネックレス(ジャパマーラ)を下げています。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

 

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。


龍 

 

ルドラクシャをお渡しする際に秘伝の「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルが付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

もし、前回のプージャのギフトが届いていない場合はご連絡ください。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

1214日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 (ご神木の締め切りは、1210日火曜日です)


自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 


今年最後のプージャになりますね。

プージャのエネルギーでたくさん浄化しましょう! 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 

 

 



2019_11_11


IMG_5583.jpg
2019年10月12日 ご神木プージャの炎


皆さん、こんにちは。

 

1012日(土)22時~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

今回も多くの方々にご参加いただきました。ありがとうございます。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 

 

 

22時からのご神木プージャに先立ち、18時から毎度師匠の説法があります。

 

今回は、土曜日の17時頃に台風19号が関東に上陸するという報道がなされ、しかもこれまでにない巨大な台風ということで、気が気ではありませんでした。

前日のタブロイド紙では死亡者数の予測は8,000人と出ており、それも心配に拍車をかけました。

 

Twitterは便利なもので、ツイートをチェックすれば各地の状況が報道よりも早く正確にわかります。

首都圏の状況を確認すると、台風上陸以前にもかからわず、河川は堤防の上限まで水が溢れんばかりに流れており、台風が上陸すればどのような惨事になるか一目瞭然でした。

 

私の実家から12キロのすぐ近くの道路も台風上陸以前に冠水していて、自宅に水が迫るのは時間の問題と思われました。

 

「今度ばかりは本当にマズイ」「たくさんの死者がでてしまう・・・」と心配でなりませんでした。

 

そのため、師匠の説法が始まる前の時間は地下室に籠り、独り無事を祈っていました。

 

 

 

 

ご神木プージャでは、皆さまの願意が成就することはもちろんご祈願させていただきましたが、同時に台風の被害が最小限に済むこともお祈りしました。

 

23時頃、ご神木プージャが終わって、Twitterをチェックすると、多摩川と千曲川が決壊し、大惨事になっていました。

多摩川の氾濫は避けがたいと悲観的予測をしていましたが、千曲川は予想外でした。

 

プージャが終わって、さいたまに連絡をとると、もう風は止んで静かになっていることがわかり、安堵しました。

 

幸いにも自宅や店に被害はなく、台風は通過しました。

今回は、八ッ場ダムや埼玉県春日部の地下にある巨大地下神殿(首都圏外郭放水路)が稼働し、人智で以て大災害を最小限に治めたという印象があります。

人間がこれまで培った治水技術は、本当に凄いものだと考えを改めました。


地下神殿 

巨大地下神殿

 

台風が上陸した最中の1822分に千葉県で震度4の地震が発生しました。

その報道を聞き、一瞬「泣きっ面にハチかよ!」と思いましたが、しばらくして「ひょっとしたら神の力が働いて、洪水を回避するため地下水脈に動きがあったのかもしれない」と感じました。

これはまったくの想像ですので、実際はどうであるかはわかりません。

 

数千人の死傷者は回避できたものの、東日本の各地で河川が氾濫し、大きな傷跡を残りました。

自分自身はとりあえず被害がなかったものの、その様なニュースを見ると心が痛みます。

今現在もその被害で苦しんでいる人がいると思うと、一日も早く元の生活に戻ってほしいと願わずにはいられません。

 

 

 

 

天災は、人心(人の集合意識)の反映であると言われます。

人の心が乱れる時、天地を揺るがす様な巨大災害(地震・津波・火山噴火・台風・洪水など)が起こります。

 

科学的思考にどっぷり浸かっている人は、「何を言っているのだ」と思われるかもしれません。

 

しかし、意識が進むにつれ、自分自身の意識が他者、地球の意識、または宇宙と繋がっていることが実感されてきます。

そのため、天災があるとそれが起こってしまったことに対して心を痛める人が少なからずいるのです。

 

EGiE_FjUYAA75Ok.jpg

台風19号 @gaokoto1011

地球規模の龍神・大国常立尊が動いたのかもしれません。

 

 

「神様が怒っているのでしょうね」

 

 

今日お見えになったお客様はそう言っていました。

そうかもしれません。

神様が「人間め、この野郎!!」と怒るのも考えにくいので、そうでないかもしれません。

 

 

しかし、大きな浄化の力が働いたことは間違いないでしょう。

 

今回の台風は、天地のネガティブなエネルギーや、人々のネガティブなエネルギーも洗いざらい持って行ってくれました。

 

台風一過の夜空や翌日の空に浮かぶ白雲はいつになく清々しく美しく見えました。

 

 

 

 

ご神木プージャが終わった翌朝、本殿を出ると1メートルはゆうにある大きな蛇の皮が草むらにありました。

大きな蛇が脱皮した跡です。

どこかへ消えた蛇は脱皮をして心身爽快になって動き回っているのでしょう。

 

 

被害の傷跡は、まだ生々しく各地に残っています。

一日も早い復興を祈ると共に、これから地球と社会がよりよいものになっていくことを期待したいと思います。

 

 

 

 

 

以下、ギフトと次回のプージャのご案内です。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方は、シヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

今回は、「龍眼菩提樹」のお守りをいただきました。

 

龍眼菩提樹は、菩提樹の突然変異でできた大変珍しい実です。

実に35個の穴があり、そこに龍が棲むという言い伝えがあります。

 

その恩恵は、次の通りです。

 

l  無量の福、最勝の益を得る。

l  浄化・平静・調和・寛容・高い意思に導く

 

 

このルドラクシャは、今回のプージャでプリースト(司祭)の師匠が神のエネルギーを封入しています。

形は小さいものですが、ご神像と思い大切にご活用いただければ幸いです。

 

龍 



ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、神の雫(しずく)とも言われます。

菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

菩提樹の名前は、菩提がゴータマ・ブッダの別名であったボーディ (Bhodhi) から来ています。

つまり、「菩提樹」は「ブッダの木」を意味しています。

 

インドの聖者や修行者は、首からルドラクシャのネックレス(ジャパマーラ)を下げています。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

 

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。

 

 

ルドラクシャをお渡しする際に秘伝の「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルが付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

もし、前回のプージャのギフトが届いていない場合はご連絡ください。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

119日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 (ご神木の締め切りは、115日火曜日です)

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 

 

 

 


2019_10_15


IMG_5421.jpg


こんにちは。

 

「ご神木プージャ」の参加者様から体験談をいただきました。

嬉しい内容だったので、ここにご紹介致します。

 



 

 

いつもお世話になりありがとうございます。

お陰様で母は今年の2月から整形に行ったりしていてもなかなか良くならなかった坐骨神経痛が、2回のプージャで良くなり元気で過ごしています。ありがとうございます。

普段は倹約家の母も水野先生にプージャをお願いすると言うと「あれをお願いすると元気になるんだよね」と笑顔になります。

私も今年の3月の終わり頃から、それまで外出の際に使っていた杖を使わなくても大丈夫になりました。ありがとうございます!
お盆前には苦しかった胸の辺りも楽になりました。喉や足首も少しずつ良くなってきました。

瞑想する前はいつもシヴァ神、シルディサイババ、観音菩薩、仙人先生や水野先生、関係者の方、に感謝してから始めます。
いつもありがとうございます。

今後ともよろしくお願い致します。

 



 

 

 

ご神木プージャによるご霊験は、参加者の方々それぞれに多様な現れ方をします。

人生の問題が解決したということだけではなく、身体の痛みが消えてしまったというご報告も度々いただきます。

 

M様はいつもご神木プージャの開始時間10時頃になると、瞑想をしてプージャのエネルギーを受け取ってくれています。

 

プージャの時間中は別に瞑想をしていなければならないという訳ではありません。

しかし、意識をプージャに向けて、遠隔地にいても一緒にご祈願いただくことでよりたくさんのエネルギーを受け取ることができます。

 

時間は40分位ですので、瞑想の習慣がない方もたまには身体の力を抜いて心を静かに保つ時間を持つと良いでしょう。

瞑想をすると、心身に良い影響がたくさんあるのです。

 

 

難しい事はありません。

無になろうとか、少しも動いてはいけないとか、そんな難しく考える必要はありません。

 

座り方も、厳密には結跏趺坐(けっかふざ)とか半跏趺坐(はんかふざ)とかいろいろあって、座り方によって気(エネルギー)の動き方も違うのですが、初心者の方はとにかく楽に座っているだけでいいのです。

足が痛くなったら、組み替えたり、楽な姿勢をとったりして苦しくない様にしてみてください。

 

その様にプージャの時間中瞑想しながら、シヴァのマントラ「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」を心の中で唱え、ご神木に記入した願意が速やかに成就する様お祈りをされると良いでしょう。


shiva-the-hindu-god-1165592_6401.jpg 

シヴァ神

 

師匠も私も、ご神木プージャの時間中は皆さまの願いが叶う様一生懸命に炎に向かってお祈りしています。

皆さまが幸せになっていくことを心の喜びとして毎月行に励んでおります。

 

 

➡ 願いを叶えるファイヤープージャ





2019_09_22


2019年9月ご神木プージャの炎
2019年9月ご神木プージャの炎
師匠が一本一本のご神木に祈りを込めます。


皆さん、こんにちは。

 

914日(土)2210分~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

今回も多くの方々にご参加いただきました。ありがとうございます。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 

 

 

ご神木プージャは九州のある山の中の庵で行われている火の祈祷法です。

参加者一人一人の願いが書かれたご神木を、上記の写真の様にプリースト(司祭)の師匠が火にくべていきます。

そのご神木を書いた人を神仏を繋げる秘法があり、それを継承しているプリーストの師匠が祈願するからこそ、書かれた願意が実現しやすいのです。

 

また、プージャの時にはその人に必要な気(エネルギー)が動きます

病気平癒をお願いした人には、その根本問題を解消する様にエネルギーが動きます。

何か夢や希望を書いた人には、その妨げになる問題を霧消し、速やかに夢が実現する様にエネルギーが動きます。

 

 

プージャが始まる22時頃から自宅で瞑想をしてご神木プージャのエネルギーを受け取る人が少なくありません。

別に瞑想をしていなくても、こちらで祈願しますのでそれなりの効果があるのですが、瞑想をすれば気(エネルギー)が動くのを感じやすくなります

特に瞑想を日頃から実践している人は、そのエネルギーをビビッドに感じることができることでしょう。

(感度の低い人は残念ながら感じられないかもしれません。)

 

 

下記は、私の密教瞑想講座の受講生(Yさん)から寄せられた体験談です。

ある種、不思議な体験談ですので、この様なこともあるのかと驚かれることでしょう。

 


 


いつもお世話になっています、〇〇です。

先程プージャに参加してとてもエネルギーを強く感じたのでご報告します。

22
時頃から部屋に座って目を閉じていると、ブルーの青い光がまぶたの裏にたくさん飛び交って、その後、座っている体が天井に引っ張られる、と言うか、どこか一点に向けて意識をぎゅーっと集中させられているような不思議な感覚がありました。

しばらくその状態が続いた後、心の中に突然「私の後に続いてこの言葉を唱えよ、、」と誰かの言葉が浮かんで来ました。

「〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇、オーム」
(
上記の言葉を謎の人の後に続いて、ゆっくり一音づつ交互に唱え合う感じです)

唱え終わると、眩しい光がまぶたの裏に広がってエネルギーが体にチャージされてるような不思議な感覚がありました。
(
何かのマントラかもしれません)

心と体が軽くてプージャを経てとても良い気分です。
ありがとうございました。

 



 

 

 

Yさんは瞑想の境地で、神仏からマントラを伝授されたのだと考えられます。

 

マントラ(真言)というものは、誰かが「ああでもない、こうでもない」と思考し考案したものではなく、聖人・聖者が瞑想の深い境地で神々と交信し、神から直接降ろされた言葉です

 

今時の表現をすれば、神からダウンロードしたマジック・ワードと言えるでしょう。

 

 

Yさんが、ご神木プージャのエネルギーを受けて、何かの神から伝授されたマントラが上記の伏字になっている部分です。

 

それはYさんだけに伝えられたものであり、Yさんがそれを必要としているのです。

 

 

 

私の師匠も日頃よく「直感(インスピレーション)で・・・」という言い方をします。

師匠も瞑想の深い境地や、思考が停止した空(くう)の状態の時に神から様々な教えを伝授されているものと思います。

それを弟子達に行として伝えてくれるのです。

 

弟子達は師匠の言葉をいわば神の言葉として受け取り、師匠が課す行を神から課せられた行として取り組みます。

こうして日々の行を私たち弟子は修めていき、少しずつ霊性や神通力を高めているのです。

 

 

よくある間違いとして、自分は神と繋がっていて、その言葉を伝えられると勘違いしている人がいます。

往々にして奇妙奇天烈な発言をしています。

また、エゴが肥大化するため態度が尊大になり性格が歪んでいきます。

だいたい低級霊は自分のことを高級な神と名乗ります。

低級霊が憑いているにもかかわらず、自分こそが神と繋がったスペシャルな存在と言うのです。

 

そもそも、下劣な人格や修行をしていない人に高級な神霊がかかる訳がありません。

神がかかる様な人物はそれなりに威厳・風格や高潔さのオーラをまとっています。

 

 

 

修行の階梯が進んでいくと、神仏と交信しその意思を受け取ったり、見えない力に誘われシンクロニシティが多発したりします。

その様なことがあっても、本物はそれを自慢げに吹聴したり、驕ったりすることはありません。

 

 

 

今回のご神木プージャの体験談は神人交流の一端を披露したもので、おそらく不思議なこともあるものだと感じられたのではないでしょうか。

 

しかし、Yさんの様な現象が起こらなければならないという訳ではありませんし、そうなるのを目指すものでもありません。

 

 

ご神木プージャのエネルギーは、その人に必要な形で動き発現します。

 

ちなみにYさんは長くご神木プージャに参加していますが、いつも書くことは「世界平和」の一言のみです。

 

自分自身のことを一切願わず、世界の平和を祈念する高潔な人格だからこそ、それ相当の恩寵(おんちょう)があったとみることができるでしょう。

 

 

 

 

ご神木プージャは、私の師匠のT仙人を中心に、繋がりの濃い弟子達によって真摯(しんし)に執り行われています。

皆様の願いが速やかに神仏に届けられ、一日も早く神の恩寵(おんちょう)が現れることを心よりお祈りしております。

 

 

以下の内容は先月の記事とほとんど同じですが、初めての方もいらっしゃいますので再掲します。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方はおそらくシヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

先月のルドラクシャと同じものになりますので、複数になるという方は身近にいる大切な人にプレゼントしたり、または紐を変えたりして身体の違う部位に漬けてみたりするのも良いでしょう。

 

4つ貯まった人は、小袋に入れてベッドや布団の四隅に置いてみるのもお勧めです。

4つのルドラクシャに囲まれたエネルギーの結界ができて、睡眠中ネガティブなエネルギーから護られます。(睡眠中はエネルギー的にも無防備になりやすいのです)

高いエネルギーの空間で睡眠をとれますので、疲労の回復が早いと実感しています。

また、溜まったルドラクシャで素敵なブレスレットを作成された方もいました。

 

 

ギフトとして預かっているのは、下記のルドラクシャのお守りです。

ストラップタイプとネックレスがあります。

 

ルドラクシャ 

実物は多少デザインが異なる場合があります

 

 

ルドラクシャとは、インドの聖者や修行者が首から下げているネックレス(ジャパマーラ)の珠のことで、神の雫(しずく)とも言われます。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。

 

 

 

ルドラクシャは、色々と種類があり、ランクもピンからキリまでありますが、その価値を決めるのはそこに入っている気(エネルギー)です。

写真のルドラクシャは、師の庵(修行場)で45年もの長期間、気(エネルギー)を入れ込んだ非常に価値の高いものです。 

通常は、オレンジ色っぽいのですが、これは年期入っているため黒光りしています。

黒光りしているルドラクシャは珍しく、持っている人は稀です。

また、小さなオレンジ色のルドラクシャはブッダ系の寺に伝わって来た物です。

 

この中には、

 

龍のエネルギー(願望成就)

天使のエネルギー(喜びをもたらす)

魔除けのエネルギー

 

が入っています。

 

龍 

 

龍のエネルギーを入れるために、ルドラクシャを密教で伝わる龍のオイルに漬け込みます。

この「龍のオイル」とは、ある特殊な密教技法によって龍のエネルギーが満ち溢れているオイルのことをいいます。

私が「邪気祓い開運堂」で斡旋している邪気祓いオイルより強力で、一般には斡旋していない修行者専用のオイルです。

その「龍のオイル」のエネルギーが入っているため、ルドラクシャのエネルギーも非常に強力です。

悪霊も容易に近づけません。

気(エネルギー)が感じ取れない人にとっては、只の飾りにしか見えませんが、気(エネルギー)がわかる人が見たらその真価がわかるというものです。

 

 

 

ルドラクシャをお渡しする際にこの「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルがたくさん付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

もし、前回のプージャのギフトが届いていない場合はご連絡ください。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

1012日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 (ご神木の締め切りは、108日火曜日です)

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。


 ➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 

 

 

 

 


2019_09_18


IMG_4920.jpg
2019年8月17日 ご神木プージャの炎


皆さん、こんにちは。

 

817日(土)22時~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

今回も多くの方々にご参加いただきました。ありがとうございます。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 

 

ご神木プージャにご参加されている方々は、神や氣の働きというものを少なからず理解し、それが気休めでないことをご承知の上でお申込みされているものと思います。

 

私たちの行っていることは、一般的には「よく分からない」とか「いかがわしい」「宗教くさい」という印象を持たれかねないものです。

 

普通に社会で生きていて、現実的な生活ばかりに目が向いていれば、神や気(エネルギー)について考える機会もほとんどないのでしょうから、それも至極当然と思います。

 

 

 

憲法では法の下に平等を謳っていますが、現実的には人間はまったく平等ではありません。

 

金持ちの家庭に生まれて来て、さほど苦労を知らずに人生を楽しく渡っていく人もいれば、貧乏で風呂にもロクに入れず、両親の愛にも恵まれず、人生とはなぜこんなに苦労が絶えないのだろうと思い悩んでいる人もいます。

 

権利としては平等でも、人の人生は生まれつき大きな差がついています。

お金や環境面の違いだけではなく、目には見えず計測もできないカルマにも違いがあります。

 

グッドカルマ(徳)を多く持っている家系に生まれて来る人は、思うこと叶いやすく、順風満帆で恵まれた人生を送ります。

 

一方、バッドカルマ(因縁・業)を持つ家系に生まれた人は、次から次に苦しみが出て来て、心が休まる暇もないという逆風の人生を送ります。

 

 

こうした因縁の家系に付随する目に見えない借金(カルマ)は、家系の誰かが消していかなければ、自分の後に子孫の誰かが引き継ぐことになります。

 

そのため、このようなカルマの思想を受け入れられる人は、その借金(カルマ)を自分の代でなんとしても帳消しにしなければならないと必死になっています。

 

この様な心境は、ハッピーな人生を送っている人には到底分かるものではありません。

 

 

 

 

結婚というのは、戸籍という制度上のものと考える人が多数でしょうが、それだけのものではありません。

特に嫁いだ女性は、夫の家系につらなりますので、結婚をしてから夫の家系のカルマを背負う人がいます。

 

結婚前までは、そんなに問題もない人生だったのに、結婚してからありとあらゆるトラブル・病気などで苦労をする様になり、全然違う人生になったという人も少なくありません。

 

私の気功院に来るお客様の中にも、「どうしてあの人と結婚してしまったのだろう。」と嘆きますが、後の祭りです。

家系につらなったからには、その応分が降りかかかることになったのです。

 

 

若いうちは、「好き、好き」という恋愛感情や、肉欲で結ばれてしまいますが、結婚はそんなに軽いものではありませんから慎重に決断しなければなりません。

 

 

 

 

カルマも一般的に理解しづらいものでありますが、それ以外にも霊障という障り(さわり)も理解しづらいものです。

だいたい、「霊が・・・」「霊が・・・」という人には、良い印象の人は少数派です。

だから、そういう人達がその様な思想を勝手に持っているのだろうと考えがちですが、実際にはそうではなく、そのようなネガティブなエネルギー体の影響は現実的に存在しますので辛いところです。

 

 

病気の原因の中には霊障が原因になっているものも少なくありません。

しかし、それは機械で計測できるものでもありませんし、感覚的に分かるという人も滅多にいません。

私と同業の気功治療家でも、霊障はないという人もいますし、邪気すら存在しないという人もいます。

 

それはそれで、その人の考えですからとやかく議論するつもりはありませんが、私はそういうネガティブなエネルギーが人の人生に悪影響を及ぼすという立場に立っています。

 

私の場合は、存在するかしないかという思想的な問題ではなく、感覚として感知しているため、それが在るかないかという議論以前に「あるのだから、当然ある」というものなのです。

例えば、生まれついて嗅覚がない人と臭いが実際に存在するかしないかという議論をするのに似ています。

 

 

 

 

お申込みいただいたご神木は、束になると相当な量になりますが、一本一本エネルギーが違います。

ご神木には特別な氣の働きがあり、、書いた人と繋がっていますから、書かれたご神木の一本一本のエネルギーが違っているという訳です。

 

じっくり見れば、「この人の背負っている問題は大きいなあ」と実感するものがあり、早くそれが軽くならないかと思わずにはいられません。

 

 

 

 

ご神木プージャに毎月参加することでネガティブなエネルギー(邪気)が軽減していきます。

また、弊院で気功治療やヒーリングスティック療法を受けても軽減していきます。

ですので、ご自身の問題を小さくし解決したい人は、この様な方法を積極的にご活用いただければと思います。

 

一気に解決する人もいるでしょうし、大難が小難に転じるという現れ方をすることもあるでしょう。

大難が小難に転じるとは、本当は交通事故に遭い瀕死の重傷になるところが、つまずいて捻挫をし軽傷で済んだ・・・という様なことをいいます。

 

この様な目に見えないサポートができる様に、プリースト(司祭)である師匠や私は日々修行をし、力を高めているのです。

苦しんでいる方々の救いの手になるのが菩薩行で、私たちは今世の限られた人生の中でできるだけの働きをしようと勤めているのです。

 

もし、ご縁を感じられましたら次月も開催しますので、奮ってご参加いただければ幸甚です。

 

 

 

 

 

以下の内容は先月の記事とほとんど同じですが、初めての方もいらっしゃいますので再掲します。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方はおそらくシヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

先月のルドラクシャと同じものになりますので、複数になるという方は身近にいる大切な人にプレゼントしたり、または紐を変えたりして身体の違う部位に漬けてみたりするのも良いでしょう。

 

4つ貯まった人は、小袋に入れてベッドや布団の四隅に置いてみるのもお勧めです。

4つのルドラクシャに囲まれたエネルギーの結界ができて、睡眠中ネガティブなエネルギーから護られます。(睡眠中はエネルギー的にも無防備になりやすいのです)

高いエネルギーの空間で睡眠をとれますので、疲労の回復が早いと実感しています。

また、溜まったルドラクシャで素敵なブレスレットを作成された方もいました。

 

 

ギフトとして預かっているのは、下記のルドラクシャのお守りです。

ストラップタイプとネックレスがあります。

 

ルドラクシャ 

実物は多少デザインが異なる場合があります

 

 

ルドラクシャとは、インドの聖者や修行者が首から下げているネックレス(ジャパマーラ)の珠のことで、神の雫(しずく)とも言われます。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。

 

 

 

ルドラクシャは、色々と種類があり、ランクもピンからキリまでありますが、その価値を決めるのはそこに入っている気(エネルギー)です。

写真のルドラクシャは、師の庵(修行場)で45年もの長期間、気(エネルギー)を入れ込んだ非常に価値の高いものです。 

通常は、オレンジ色っぽいのですが、これは年期入っているため黒光りしています。

黒光りしているルドラクシャは珍しく、持っている人は稀です。

また、小さなオレンジ色のルドラクシャはブッダ系の寺に伝わって来た物です。

 

この中には、

 

龍のエネルギー(願望成就)

天使のエネルギー(喜びをもたらす)

魔除けのエネルギー

 

が入っています。

 

 

 

龍のエネルギーを入れるために、ルドラクシャを密教で伝わる「龍のオイル」に漬け込みます。

この「龍のオイル」とは、ある特殊な密教技法によって龍のエネルギーが満ち溢れているオイルのことをいいます。

私が「邪気祓い開運堂」で斡旋している邪気祓いオイルより強力で、一般には斡旋していない修行者専用のオイルです。

その「龍のオイル」のエネルギーが入っているため、ルドラクシャのエネルギーも非常に強力です。

悪霊も容易に近づけません。

気(エネルギー)が感じ取れない人にとっては、只の飾りにしか見えませんが、気(エネルギー)がわかる人が見たらその真価がわかるというものです。

 

龍 

 

ルドラクシャをお渡しする際にこの「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルがたくさん付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

もし、前回のプージャのギフトが届いていない場合はご連絡ください。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

914日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 





2019_08_18


IMG_4827.jpg
2019年7月 ご神木プージャの炎


皆さん、こんにちは。

 

7月の山の行場は先月に続き大雨が続いていました。

例年、7月の修行ではうだる程の暑さと湿気で体力を消耗するものですが、今年は朝夜が冷え込み、寒暖差に気を付けないと体調を崩しかねないという気候でした。

 

 

さて、713日(土)22時~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

今回も多くの方々にご参加いただきました。ありがとうございます。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 

 

 

今回のご神木プージャに先立ち、師匠の説法がありました。

今回は、カルマ(因縁・業・メグリ)をテーマにお話をされました。

 

概略は下記ページにまとめましたので、よろしければご覧ください。

 

➡ 2019年7月修行後記 人生を支配するカルマ

 

 

 

カルマという言葉は、一般的に負の側面のことを強調して言います。

今世のみならず、前世、または先祖から引き継ぐエネルギー的な負債です。

その分量は人によって違いがありますので、人生というのは率直に言うと平等ではありません。

 

前世や先祖からの徳分が多い人は、プラスのカルマ(=徳)がたくさんあるため、障害も少なく、割と順風満帆な人生を送れます。

一方、負のカルマ(=因縁・業)が多い人は、災難や苦しみが多い人生を送ります。

 

仏教でもヒンズー教でも、カルマの思想は濃厚にあるのですが、それを日々の生活の中で意識して生きている人は稀です。

 

私はその思想がよく分かりますので、自らの人生を徳分という指数(?)を極大化する様に設計して生きています。

具体的に言えば、どうすれば人が喜んでくれるだろうか、どうすれば人が幸せになれるだろうか、とこの様なことをいつも考え行動しています。

 

一方、現代の多くの人はお金という指数を極大化するために人生設計をし、欲望のままに行動します。

 

 

fire-1284314_640.jpg 

 

師匠の師であるインドのスワミ(僧)はこう言いました。

 

「魂を磨く修行は、石炭を磨く様なものだ。磨いても磨いても中から黒い炭が出て来るだろう。これが一般的な修行であってその効果はなかなか現れてこない。これが自力行と言われる修行である。それでもしないよりかは遥かに良い。」

 

「しかし、修行には他力行という方法がある。石炭を炎で燃やせば、中からスス(≒カルマ)が抜け出て行き、石炭はやがて白く変わる。これが神の力を使って行う他力行であり、ファイヤープージャの真髄なのだ。」

 

 

ご神木プージャに参加される方は、忌憚(きたん)なく申し上げると負のカルマが多い人が大多数の様に思います。

しかし、それは参加者ご本人の責任や過失と限定されるものではなく、自分と関係がないところで先祖から引き継いでいるものもあるのが事実です。

 

それでも、毎月の様にご神木プージャに参加される方々は、本当に殊勝な心掛けをお持ちであると感じていますが、スワミの言う様にカルマというエネルギー的負債は、石炭が白くなるが如く確実に返済されていると考えてられるのです。

 

 

 

 

以下の内容は先月の記事とほとんど同じですが、初めての方もいらっしゃいますので再掲します。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方はおそらくシヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

先月のルドラクシャと同じものになりますので、複数になるという方は身近にいる大切な人にプレゼントしたり、または紐を変えたりして身体の違う部位に漬けてみたりするのも良いでしょう。

 

4つ貯まった人は、小袋に入れてベッドや布団の四隅に置いてみるのもお勧めです。

4つのルドラクシャに囲まれたエネルギーの結界ができて、睡眠中ネガティブなエネルギーから護られます。(睡眠中はエネルギー的にも無防備になりやすいのです)

高いエネルギーの空間で睡眠をとれますので、疲労の回復が早いと実感しています。

また、溜まったルドラクシャで素敵なブレスレットを作成された方もいました。

 

 

ギフトとして預かっているのは、下記のルドラクシャのお守りです。

ストラップタイプとネックレスがあります。

 

ルドラクシャ 

実物は多少デザインが異なる場合があります

 

 

ルドラクシャとは、インドの聖者や修行者が首から下げているネックレス(ジャパマーラ)の珠のことで、神の雫(しずく)とも言われます。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。

 

 

 

ルドラクシャは、色々と種類があり、ランクもピンからキリまでありますが、その価値を決めるのはそこに入っている気(エネルギー)です。

写真のルドラクシャは、師の庵(修行場)で45年もの長期間、気(エネルギー)を入れ込んだ非常に価値の高いものです。 

通常は、オレンジ色っぽいのですが、これは年期入っているため黒光りしています。

黒光りしているルドラクシャは珍しく、持っている人は稀です。

また、小さなオレンジ色のルドラクシャはブッダ系の寺に伝わって来た物です。

 

この中には、

 

龍のエネルギー(願望成就)

天使のエネルギー(喜びをもたらす)

魔除けのエネルギー

 

が入っています。

 

 

 

龍のエネルギーを入れるために、ルドラクシャを密教で伝わる龍のオイルに漬け込みます。

この「龍のオイル」とは、ある特殊な密教技法によって龍のエネルギーが満ち溢れているオイルのことをいいます。

私が「邪気祓い開運堂」で斡旋している邪気祓いオイルより強力で、一般には斡旋していない修行者専用のオイルです。

その「龍のオイル」のエネルギーが入っているため、ルドラクシャのエネルギーも非常に強力です。

悪霊も容易に近づけません。

気(エネルギー)が感じ取れない人にとっては、只の飾りにしか見えませんが、気(エネルギー)がわかる人が見たらその真価がわかるというものです。

 

 

 

ルドラクシャをお渡しする際にこの「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルがたくさん付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

もし、前回のプージャのギフトが届いていない場合はご連絡ください。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

817日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 

 

 

 

 



2019_07_16


03  « 2020_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

水野博友

Author:水野博友
気功家・ヒーラー・瞑想家
気功で人の病気や苦しみを癒すヒーラー

愛知県出身、早稲田大学商学部卒。
埼玉県さいたま市浦和区で気功治療院「外気功療法さいたま院」を開業、肉体の病~精神の病まで日夜 気功の施術を行っている。遠隔気功の実績も豊富。
満月時は日本の山に籠り密教修行を行う、また2011年より定期的にインド・ヒマラヤ、インドネシアに渡り様々な聖者の指導を受けて霊性修行に励んでいる。

フリーエリア





ツイッター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top