FC2ブログ



bear-5419597_640.jpg



生きていれば不安や怖れが押し寄せてきます。

しかし、現在の社会の状況ほど大衆が不安と怖れを感じている時代はありません。。

 

目に見えない極小のウイルスの蔓延に怖れ、猛暑の外でもマスクを外さない多くの人々…

どこの店に入っても殺菌消毒を欠かさない多くの人々…

 

 

本当にマスク(市販のサージカルマスク)がウイルス感染の予防になるのでしょうか?

消毒を繰り返せば、外部の細菌・ウイルスから守ってくれる皮膚常在菌が死滅すると考えないのでしょうか?

 

私には今の社会状況が科学的という名の非科学が蔓延している様にしか思えません。

 

ガリレオガリレイは中世ヨーロッパで宗教裁判にかけられ「それでも地球は回っている」と主張した逸話が残っていますが、マスコミや無知の大衆はかつてガリレオガリレイを弾劾した勢力と重なってみえます。

21世紀になっても人類はたいして進歩しておらず、擦り込まれた社会常識という既成概念でワンパターンに反応・行動しているのです。

 

 

「本当にそうなのだろうか?」・・・それを自身の頭で考えなければなりません。

自分で考えるとは、テレビの報道を漠然と眺めていることではありません。

対立する概念を比較検証し、自身の考えを止揚するのです。

 

理性的かつ論理的に考えれば、何を行動の指針にすればよいかは明らかです。

 

 

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大下にあっても、自粛やロックダウンを行わなかったスウェーデンのことを日本では結局ダメだったという報道がされていた様ですが、私が見たところでは鎮静化しています。

113人位の死亡者では気にすることはないというレベルです。

 

 

 

私は泉美木蘭(いずみもくれん)さんが好きで、彼女の記事を良く読みますが、最近の記事にこの様に書いてありました。

 


 

政策がナチュラルに無秩序な日本で、スウェーデンのコロナ対策を素直に見てみる


 

日本ではその発言をねじ曲げられて、「失敗の責任者」という扱いで報道されているスウェーデン公衆衛生局の責任者アンデシュ・テグネル博士は、地元ラジオ番組に出演し、各国の抑圧政策について、大量失業や心理不安、家庭内暴力、自殺などの副作用を生む「狂気の沙汰だ」と表現。

「世界が狂ってしまったかのようで、それまで話し合われていたこと全てが忘れられた」「感染者数があまりに増え、政治的な圧力が極めて強くなった。そしてスウェーデンだけが残った」とも述べた。

また、別のインタビューでは「ウイルスの撲滅はできない。共に生きることを学ばなければならない」「マスクの効果は科学的根拠が非常に弱いのに、いまだに着用を強制している国があることに驚いている」



 

 

私の知人に腎不全で透析をしているKさんという方がいます。

Kさんは大病をしていますから、最も感染に気を付けなければならない立場ですが、多数の客と会う時でも「マスクを外していいですよ」「コロナなんて嘘ばっかりですから」と気にする様子もありません。

 

 


 

地球全体で見れば、現在の状況は恐怖のエネルギーが蔓延し凄まじいことになっています。

恐怖の感情とは、「個」の存続が危ぶまれている時に出て来るエネルギーです。

ここでいう個とは、名前がついている肉体を持つ個体のことです。

 

私たち人間は、意識を高め、全体という「大きな個」に向かっている存在です。

「大きな個」に向かっている時は、他人や地球と調和できている時で、その時は愛情が高まり繋がりを深めます。

 

一方、「個」に向かっている時は、大いなるもの(神といってもよいでしょう)と断絶し、恐怖や不安などのネガティブな感情が強くなります。

 

霊性が高まり、神に近づいている魂ほど、愛のエネルギーが高く、平穏な心境で過ごしています。

大いなるもの・全体と繋がっている時は、心に不安や恐怖が出て来ることはありません。

常に安心立命の境地で、穏やかに呼吸ができているものです。

 

一方、感情のアップダウンが多く、不安と恐怖から攻撃的な姿勢でいる人は、霊性が高いとは言えません。

怖い怖い病になっている人は、全体への信頼と全託ができていない・全体との繋がりが薄くなっている証左なのです。

 

 

 

人は幾度も死を繰り返し、肉体を乗り越え魂を浄化している存在です。

そして、魂の浄化が進めば、やがて神へと進化します。

 

神に近づくためには愛の気持ちを高めることです。

なぜなら神は愛のエネルギーを糧としており、たくさんの愛を捧げてくれる者との繋がりを深めるからです。

分かりやすく言えば、神様のご飯は人間の愛と感謝の気持ちなのです。

 

 

一方、恐怖・怖れは魔のエネルギー源です。

魔は人間の恐怖や不安などのエネルギーを糧としています。

 

不安や恐怖が高まるということは、神との繋がりが薄れ、魔に近づく・魔に奉仕することを表しています。

魔は人間の恐怖感情がご飯ですから、今の地球の状況をみれば、美味しいごちそうにありつけてホクホク顔ということになります。

 

 

この世界は大局的には神のエネルギーと魔のエネルギーから成り、それらが拮抗しながら宇宙が運行しています。

 

 

 

今、自分自身の中にどれ程の恐れの感情がありますか?

それは主にどこから出て来ていると言えば、テレビなどマスコミに不要に反応させられて出て来ているのではないでしょうか。

 

「コロナに感染したら、重症化してしまうかもしれないし、死んだらどうするんだ!責任をとれるのか!!」

 

この様な理性的とは言えないセンセーショナルな反応は、神との分断状態で、芥子粒(けしつぶ)の様な「個」が存続危機というイリュージョンに陥っています。

そして、魔とつながって魔が恐怖のエネルギーを美味しくいただいている状態です。

 

 

コロナが流行る前にサットサンガで勉強しました

 

私は、「そもそも新型コロナウイルスは必要以上に怖れることはない」とインフルエンザと変わらない意識で対応しています。(しかし、店内ではお客様の安心のために消毒液を常備しています。)

 

というよりも、人類はウイルスに感染し、ウイルスの形質をDNAに取り込み進化してきたと考えていますので、ウイルス感染は人類という種が進歩していることとプラスに捉えています。

 

つまり、個体レベルでは亡くなる人も発生しますが、人類という種の進歩向上を成し遂げることができると種全体をみる意識でいれば恐れは全くありません。

 

そもそも、私は死そのものをネガティブに捉えていませんので、死生観や病気観が世間の常識とは大きく違います。

そこが違うと、反応の仕方も大きく違ってくるのは否めないところです。

 

【参考】

令和版「風邪の効用」~脱皮をする人間~


 


2020_09_09


1030848.jpg


【水野氣功療法院】ブログ更新しました。







2020_08_22


【水野氣功塾】ブログ更新しました




2020_07_14



【水野氣功塾】ブログ記事更新しました





2020_07_07


【ブログ記事アップしました】
仕事を通して悟る | 水野気功療法院


2020_07_01



水野氣功塾ブログ「地のマントラ行と龍玉」アップしました。
よろしければご覧ください。





2020_01_26



水野氣功塾のブログに、


の記事をアップしました。
よろしければどうぞご覧ください。






2019_12_12


204975.jpg


こんにちは。

 

今日はお客様から聞いた話をご紹介します。

 

そのお客様(Wさん・女性)は、幼い頃からスピリチュアルな感覚に富み、精神世界への強い関心を持っていました。

感覚が通常の人と違っていたため、幼い頃から「宇宙人」とからかわれて育ちました。

 

 

 

今回は、その彼女のお爺さんの話です。

 

そのお爺さんは、とある有名な教団に属し、その信心が大変篤かったそうです。

教団内では立場も上がりそれで良かったのでしょうが、教団の教義を家庭や近所付き合いに持ち込んでしまっていたため、家族や親戚はその考え方や行動について行けず反感を抱いていました。

 

家族を省みることなく、宗教活動に邁進していたので、家族の心も次第に離れ、誰からも相手にされなくなるのも時間の問題でした。

地域の人に誰それ構わず布教活動をするため、迷惑がられ、孫たちはそのためにいじめの対象になったのです。

 

Wさんもそんなお爺さんを「快く思っていなかった」と述懐します。

 

 

 

 

そのお爺さんが他界する間際の話です。

 

何と、そのお爺さんはお世話になった人達のところに暇乞いに現れたのです。

驚くべきことは、同時に複数の場に存在していたことが、その後の関係者の話で判明しました。

 

インドの聖者でもその様なことができる人がいるという話は耳にします。

シルディ・サイババやサティア・サイババもその様なことができたそうです。

 

しかし、日本の一介の爺様がそれをやって見せたというのは、驚くべき技であると言うことできます。

同時に複数の場に存在するというのは、修行が進めば可能な技であると私は考えていますが、なかなか容易な技ではありません。。

 

 

 

そして、幼かったWさんのところにもお爺さんは現れました。

果たして一体、何が起きたのでしょうか?

 

Wさんの話を忠実にお伝えしましょう。

 

彼女が横になっていると、天井にモクモクと雲が発生し始め、それが次第にWさんの顔の近くまで降りてきたというのです!

そして、その中からお爺さんの手がヌーと伸びて来ました!

お爺さんはWさんに向かって「さあ、行くぞ!」と誘ったのでした。


904040.jpg 

 

幼かったWさんも、さすがに付いて行っては生きてはいられないだろうと直感し、

 

「やだ!まだわたしは行きたいくない!」

 

と、断りました。

 

そうして断るとお爺さんは消えていったそうです。

「行く!」と付いて行ったら死んでしまっていたのでしょうか?

そこで断ったから、今もWさんは生きているのですが・・・

 

Wさんも不思議な感覚を持っていた少女だったので、修行が進んだお爺さんはそれがわかって連れていこうとしたのかもしれません。

 

 

 

 

そんな不思議な能力を持っていたお爺さんに対し、Wさんは、「いくら修行をしても、誰からも愛されることない生き方をしていては本末転倒です」「お爺さんは幸せではなかったでしょう」と、その生き方を肯定してはいませんでした。

お爺さんは幸せな人生だったのでしょうか?それはご本人しかわかりません。

 

修行が進んだお爺さんは、とても素晴らしい能力を他にも持っていた可能性があります。

しかし、それを上手く活用することができず、結局愛されることが少ない人生を過ごされたそうです。

神の教えを良い方向に使えなかったところは残念なところです。

 

 

霊性修行が進めば、霊能や神通力が副次的に発現することは珍しくありません。

教えの中では、その力はエゴを充たすために使うのではなく、困っている人・苦しんでいる人を助けるために使わなければならないと言われます。

それが菩薩行なのです。

 

菩薩行を重ねていく内に、周りの人からの感謝を集め、自然に愛される様になるのではないかと思います。

お爺さんが周囲の理解を得ることなく、貫き通したもの、また達成したものは一体何だったのでしょうか?

 

霊性修行は大事なことではありますが、「やはり、バランスが大切でしょうね」と、Wさんと共通認識を確認するに至りました。

 

 

 

 

 



2019_11_04


mor-shani-H47uK4Q98-s-unsplash.jpg


こんにちは。

今回は読者からの上記のご質問について回答します。

 

 


 

 

人はこの世界に生を受け、その文化・社会の影響を受けて大人に成長します。

一人一人の物の見方・考え方というものは、親やその社会や学校のものがインプットされていると言えます。

人は、インプットされた様々なルールや道徳に基づいて行動を決定しています。

 

 

その様なものの見方・考え方というものは、大なり小なりこの社会における「人間的な視点」であり、往々にして自分自身や自分の身の回りの人や組織の物質的繁栄を志向しています。

それは、端的に言えば、肉体的な快楽と安心を求めていると言えます。

 

 

 

一方で、霊性とは、肉体ではなく魂をベースとするものです。

肉体は数十年のこの世界での生の後にやがて滅びてしまいますが、肉体の中核である魂はエネルギー体であるため死を超えて存続します。

そして、またこの物質世界に違う肉体をまとって誕生します。

 

魂がなぜ何度も肉体をまとい生まれ変わっている(=輪廻)かと言えば、魂を浄めエネルギーの純化を図るためです。

そして、魂はそのゴールとして神との合一を志向しています

 

しかし、人間の魂はエネルギー的汚れ(カルマ・メグリ)があり、そのために清浄なエネルギーである神と合一ができないのです。

 

魂の浄化が進み波動が精妙になっていけば、やがて神の波動と同調し合一することができるようになります。

そのために、生きている間にすべきことが修行であり、主に瞑想であります。

 

 

 

 

瞑想にもいろいろと種類がありますが、弊塾で指導をしているマントラ瞑想は、マントラというマジックワードを心中で唱え続けることで神のエネルギーを導き採り入れることができます。

それは教師の伝授を受けてできるようになるものです。

 

 

 

では、マントラ瞑想をして神のエネルギーを取り込むとどうなるのでしょうか?

その成果は、自身の肉体・エネルギー体に取り込んだ気(エネルギー)によって魂が浄化されるのです。

 

これは、墨汁で一杯のコップに一滴一滴水を落とし、透明にしていく作業に似ています。

カルマに覆われた不浄な魂は、コップ一杯の墨汁の黒い水です。

そして、一滴一滴落とされる透明な水滴が、マントラ瞑想によって取り入れられる神のエネルギーです。

 

 

11日マントラ瞑想を続けていくことで穢れが多い魂が浄化され光が差していきます。

魂が浄化されていくことが、霊性が向上するということであり、その成果として物事の見方・考え方に変化が現れます。

 

自分中心に生きている人が多いこの世の中で、自分のことと同じく他者も大事に考えることができる様になります。

執着が少なくなり、愛をコアにして自由に生きられる様になります。

これはエゴ的な視点から、利他的な視点へのシフトと言えます。

それが進めば進む程、「神の視点」に近づいて行っていると言えます。

そして、最終的には愛そのものとなるのです。

 

 

 

→ 水野氣功塾

 




 


2019_09_11


child-316211_640.jpg


皆さん、こんにちは。

 

713日(土)はご神木プージャ(火の祈祷)が執り行われましたが、プージャに先立ち、師匠の説法がありました。

今回はカルマ(因縁・業・メグリ)について解説されました。

 

 

 

 

人はこの世界で数十年生きて、その後この世界を去ります。

肉体から魂が離れる時、この世で大事にしてきた物は何も持って行くことはできないのは自明の理です。

 

人は特にお金やプライド(肩書・名誉)などを後生大事にしますが、それらは死んであの世に持って行けるものではありません。

お金を幾ら持っていても、死を免れることはありませんし、却って臨終の病室で心配げにお見舞いに来る親族が虎視眈々と遺産を狙っているのが分かると言われます。

 

 

 

人間界でどのような人生を送るかは、一つには何に重きを置くか、その価値観によって大きく変わります。

たいていの人は、目に見えるものだけを信じていますから、物質的な物に価値を置く生き方を選択します。

 

しかし、この世界はカルマという因果応報の法則があり、魂を成長させるために何事も反作用が働く目に見えない仕組みがあります

 

そのため、目に見える物だけを大事にし、それを求める生き方をすれば、往々にして負のカルマを作ることにもなりかねず、いつまで経っても幸せや平穏な日々が訪れることはないということになります。

 

いつもいつも不幸が続き、幸福を感じる機会が乏しい、人生は苦しみに彩られている・・・という人は、カルマの負のエネルギーの影響を多大に受けていると言えます。

 

 

このような話をすれば、迷信だの、そう信じているだけだの、と思われるかもしれません。

気(エネルギー)がわかる人が滅多にいないため、カルマを想像上の産物や一つの考え方と捉えてしまうのです。

しかし、カルマが実感として分かる人にとっては、虚構のものではなく実在のものなのです。

 

 

カルマには徳というプラスの側面と、因縁・業(ごう)という負の側面とあります。

その量のバランスで、幸せが多い人生か、苦しみが多い人生かが分かれます。

 

この人間界には、魂レベルで未熟な人が多いですから、苦しみが絶えない人生を送っている人がまだまだ多くいます。。

意識が変わり、魂が成熟してくると、その様な苦しみは希薄になっていき、「嬉し嬉し」の人生に変わっていきます。

 

 

 

では、負のカルマを清算するにはどの様にすればよいでしょうか?

 

一つには、人から感謝されることを日々実践することです。

人から感謝されるには、奉仕や人助けをすることが大事です。

自分の時間やお金を使って、損得勘定を抜きで人に貢献するのが一番の清算になります。

 

そうした行為の結果として還ってくる感謝や愛のエネルギーは、カルマの負のエネルギーを消していきます。

 

 

 

もう一つ、役に立つこととしてお勧めしたいのが、トイレ掃除をすることです。

トイレの状態は、住む人の心の状態を表していると言えます。

 

ずっと掃除していない汚い便器は、その人の心です。

一方、手で触っても大丈夫な位にピカピカとして香りの良い便器も、その人の心です。

 

このように、トイレはその人の心を表していると見ることができます。

 

心を磨くと言っても、心を取り出して洗剤で洗うことはできないでしょう。

では、どうするかというと、自分の心や魂を磨くつもりで便器を磨くのです。

 

 

 

トイレ掃除を実践することを社是としている企業があります。

それはイエローハットという会社で、社長の鍵山秀三郎氏が率先して素手で便所掃除をしています。

有名と言えば有名なので知っている人もいるでしょう。

 

このような人徳のある社長がトップにいるから、社員も成長し、社業も発展するのです。

そして、鍵山社長の「掃除道」は世界に広まっていっているのです。

 

 

 

今月の修行に初参加した新人のMさんは、奇しくもイエローハットの元社員さんでした。

凄い偶然ですよね。

彼女が言うには、まさに世間の評判の通りで、社長から社員までが総出で隅々まで便器を掃除するのだそうです。

それも、玉ねぎが入っている網網の袋の様な物を手にはめて便器を磨くのだそうです。

なかなか常人にできる技ではありません。

 

 

トイレ掃除を日々実践すると次の様な効用があり、人として成長するのだそうです。

 

5つの効果
1、謙虚な人になれる
2、気づく人に成れる
3、感動の心を育む
4、感謝の心が芽生える
5、心を磨く

 

詳しいことはこの記事を読んだ後に、下記のリンク先の記事をご覧ください。

 

➡ 81歳創業者は、なぜトイレを素手で磨くのか

 

 

 

 

数年前、植村花菜さんの「トイレの神様」という歌がヒットしました。

トイレには神様がいて、トイレを綺麗にすれば美人になるのだという歌詞だった記憶があります。

 

確かにトイレには神様がいます。

その神様は烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)という神様です。

烏枢沙摩明王は五大明王の一尊で、極めて強い浄化の力を持つと言われている仏様です。

心を込めてトイレ掃除を日々実践すれば、烏枢沙摩明王の功徳で負のカルマを消していってもらえます。


Hozanji_ususama_zou.jpg 

烏枢沙摩明王(宝山寺)(出典:wikipedia

 

私もそのことは前々から知っていましたが、今回師匠から改めて説教していただけましたので、今後は自らトイレをピカピカにしてきたいと思います。

 

そうブログに書いてしまうと、店のトイレが汚い状態では済ませられませんから、本当に実践していかなければなりません。

 

 

カルマを消して、魂を磨いていきたいと思われた人は、ご一緒にトイレ掃除を継続していきましょう。

 

 



2019_07_15


08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

水野博友

Author:水野博友
気功家・ヒーラー・瞑想家
気功で人の病気や苦しみを癒すヒーラー

愛知県出身、早稲田大学商学部卒。
埼玉県さいたま市浦和区で気功治療院「水野気功療法院」を開業、肉体の病~精神の病まで日夜 気功の施術を行っている。遠隔気功の実績も豊富。
満月時は日本の山に籠り密教修行を行う、また2011年より定期的にインド・ヒマラヤ、インドネシアに渡り様々な聖者の指導を受けて霊性修行に励んでいる。

フリーエリア





ツイッター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top