FC2ブログ



stick_school550.jpg


皆さん、こんにちは。

 

今回は、ヒーリングスティック療法講習会のお知らせです。

 

620日(木)は、6月のヒーリングスティック療法講習会を開催しました。


今回は、梵(そよぎ)の あしみなみき先生 が手伝ってくれたお陰で、随分と華やかな会になりました。

やはり、華やかな女性の力は違いますね。

おっさんが一人で黙々と講習をやっている時より、断然笑顔が多く、女子会の様に笑いが絶えない一時になりました。

 

IMG_4769.jpg 

背中にラスボスの様な存在感(笑)


 



ー 参加者のご感想の一部 ー

 

「今日はありがとうございました。まさかあんなに黒くなるとは、と大変驚きました。ペアになった方にずっとこすっていただきましたが、とてもお上手でいらっしゃいました。」

 

「昨日は ありがとうございました。とても勉強になりましたよ

楽しく参加させていただきました。

 



 

 

6月は、頭部のヒーリングの勉強をしました。

上のご感想の様に、ヒーリングスティックで頭部を擦ると、邪気が表出しお顔が黒くなった人がたくさんいて、皆さん驚いて喜々としていました!

 

 

 

7月は、その続きで感覚器(目・鼻・耳)の施術を勉強しましょう。

既に感覚器に何かの病気・症状をお持ちの方もいるでしょうし、そこまで進行していなくても加齢と共に衰えを自覚している人もいることでしょう。

 

知らず知らずのうちに鈍くなった感覚器でボーと世界を知覚するのと、鋭敏に情報を捉えそれに基づいて思考・判断していくのは、やはり生き方に違いが出て来るものと思います。

楽しく人生を謳歌していくためにも、感覚器の能力を高めていきましょう。

 

7月のヒーリングスティック療法講習会で、感覚器の状態を良くするヒーリングのコツを覚え、ご自身やご家族の健康のためにお役立てください。

 

 

 

次回開催は、

 

725日(木)1030分~1145

 

です。

 

 

参加資格者は、下記の通りです。

 

Ø  下記の法具をお持ちの方

l  ヒーリングスティック(銅製)

l  ヒーリングスティック(独鈷杵)※仙人新独鈷杵を含む

 

Ø  ヒーリングスティックを持っていないが、自己治療用や他者のヒーリング用に活用してみたいとお考えの方

 

 

今回はヒーリングスティックを持ってないけれど、購入を検討していて、購入前に実際に試してみたいという方にも門戸を開放しました。

また、初心者の方向けに解説しますので、慣れていない方も臆せず奮ってご参加ください。

 

 

 

ヒーリングスティックは、簡単に使える施術器具ですが、一方でとても奥が深いところもあります。

皮膚に当てているだけで簡単に邪気が抜けて、心身が楽になる凄いアイテムです。

 

しかし、より短時間で高い効果を発揮できる様になるためには、やはり練習を重ねる必要があります。

特に、力の入れ加減やヒーリングスティックを当てるポイントは、なかなか文書や動画では説明しきれないので、実際に講習会に参加して体験してみるのが一番です。

 

皮膚の擦りは、弱すぎても邪気が出にくいし、また力を入れすぎると皮膚を傷めます。

皆さんがそれぞれのやり方で実践している現状がありますが、講習会に参加してみると自分のやり方が他の人と違っていたという点に気付くことも珍しくありません。

 

講習会に参加してヒーリングスティックの腕を磨き、周りの人を幸せにしてあげましょう♪

 

また、プロやセミプロのヒーラー、ヒーラー志望の方は、実践練習の場を積むためにも会に積極的に参加して頂きたいと思います。

 

受講料は3,000円です。

 

詳細については、水野氣功塾のページをご覧ください。

 

➡ ヒーリングスティック療法講習会

 

 

 

参加ご希望の方は、下記お問い合わせページより参加申し込みの旨ご一報ください。


➡ お問い合わせ



多くの方とお会いできますことを楽しみにしております。






2019_06_23


ヒーリングスティック銅製


皆さん、こんにちは。

 

今回は私がヒーリングスティックと出会った時の話をしたいと思います。

 

はっきりとは覚えていませんが今から78年前になるでしょうか、その当時も私は毎月満月の頃になると飛行機で師匠の庵を訪ね修行をしていました。

 

ある日の夕方、修行場に到着すると師匠が金属の棒で他の弟子をヒーリングしていたところでした。

金属の棒で擦ったり、先端を当てたりしています。

 

「何の道具だろう?」

 

と、思いながらも余り関心はありませんでした。

 

 

 

その後の集いで、その棒は師匠が護摩の力で入魂開眼した「ヒーリングスティック」という法具で、邪気を取るものであると説明がありました。

 

 

しかし、その時の私は正直反感を持ったのです。

 

なぜなら、私は気功家の端くれですが、手から出る気の力で病を癒すことに自負を持っており、何かの道具を使うなどは下等で邪道であるという考えがあったからです。

 

「そんな金属の棒に頼らなければならない程の力ではないぞ!」と心の中で反発したものです。

 

 

 

 

その当時、師匠と私はよくインドネシアに修行に行っていた時期でした。

聞けば、ヒーリングスティックはインドネシアのシャーマン(祈祷師)から教わったとのことです。

 

インドネシアでは、邪気をブラックエネルギーと捉え、それを排除しなければ心身に問題が生じるという思想が日本より根付いていました。

そのため、邪気を抜くという技法が多様化し発展していた印象があります。

 

邪気抜きで共通するのは、その工程でとても強い痛みを生じるという点です。

その痛みは、邪気が身体から排出されるのを抵抗するために作っている痛みなのです。

私も、師匠から「想像以上の痛みだ」と伺っていましたが、いざ自分がその邪気抜きを受けて見ると、余りに耐えがたい強烈な痛みに絶叫し、その声が寺の外まで聞こえる位でした。

 

九窮(きゅうきょう)という身体に9つある穴から特に邪気は抜けるという考えがあるため、目や鼻にかなり鋭い刺激を与える謎の液体を近づけ、穴がもげるかという位のパンチ力があるヒーリングも受けたこともありました。


 

(参考)インド・ヒマラヤ、バリ島修行記 

 


ヒーリングスティックが、あるシャーマンから師匠に伝えられたのは、その時分です。

 

その当時も少なからず自分の気功治療には自負を持っていたのではありますが、実際にヒーリングスティックを使ってみると、手を当てる気功治療とはまた違った反応が得られて大変驚いたものです。

 

 

どういう仕掛けかわからないけれど、手を当てて行う気功治療とは違うレベルの気(エネルギー)に作用を及ぼしているということがわかりました。

 

しかも、ユニークなのは、手を使う気功治療と、ヒーリングスティックを使う場合とは、認識できる邪気の分布が異なるということでした。

 

手を使う気功治療では、だいたい症状の近くに原因となる邪気の存在を認識することができます。

しかし、ヒーリングスティック療法では、患部近くの場合もありますが、思いもよらない部位に原因の邪気が存在していることも珍しくないのです。

 

ヒーリングスティック療法では、末尾の丸いところで皮膚を擦ると、ネバーとして擦りに抵抗があるところがわかると思いますが、そこに邪気が存在していると考えます。

 

よく施術では、「症状のある場所≠原因部位」と言われます。

その意味では、ヒーリングスティックを用いた方が、より根本原因に近いレベルにアプローチできているのかもしれないと考える様になりました。

 

病気を治すには、より根本レベルの邪気を浄化することが重要であるため、ヒーリングスティックを使用すると、そのアプローチが容易になるのです。

 

 

 

更に特筆すべきは、ヒーリングスティックを長期間使用していると、その棒の中に封印されている神気が手に染み移って、癒しの手力が強くなる現象が現れるのです。

 

気功治療家やヒーラーにとって、いかに癒しの手力を強力に伸ばしていくかが至上命題です。

 

それが、ヒーリングスティックを使い続けるだけで手力が強くなったので、私にとっては舞い上がる程の喜びになりました。

その位からでしょうか、自分の気の力に自信を持てるようになったのは。

 

 

 

 

最初は小道具に頼るなんて師匠はどうかしている位に反発していたのが、使ってみると面白くて仕方がないという状態になりました。

 

ヒーリングスティックで身体を擦れば、皮膚が黒ずんで変色したり、正体不明の粉が吹き出たり、邪気が排出される際に奇妙奇天烈(きみょうきてれつ)な反応が続出するので、どんどんのめり込んで行ったものです。


IMG_3467.jpg 

首に現れた邪気

 

そして、今ではヒーリングスティックはその他の法具と同じく、まさに私の身体の一部と化したかという位まで同化する様になりました。

 

 

 

 

簡単に使えて効果抜群のヒーリングスティックは、これまでにも多くのお客様にご利用いただき、たくさんの体験談やお喜びの声をいただいてきました。

 

簡単に使えるのは、日頃癒しの活動をしていない人にとっては大きなポイントであります。

しかし、簡単に使える一面もありますが、非常に奥深いところもあり、その探求心を持て余すことはありません。

今でもヒーリングスティックの奥深さや不思議な反応に感動を覚える日々を過ごしています。

 

 

 

S__5546261 - コピー 

先端を当てた穴同士を結ぶ線が腹部に現れた!(強く引っ張った訳ではありません)

 

 

ヒーリングスティックを1本ないし2本持っていれば、ご家族が何か心身の不調を覚えた時に対応できますので、本当に心強い相棒ができたという安心感を得られます。

 

 

 

 

水野氣功塾では、620日に久しぶりにヒーリングスティック療法講習会を開催する運びとなりました。

以前はヒーリングスティックを持つ者も少なかったのですが、今ではヒーリングスティック療法を自分のサロンの看板メニューに出して活躍するヒーラーも現れています。

 

ヒーリングスティック療法について知りたい

ヒーリングスティック療法が上手くなりたい

ヒーリングスティックを使ってみたい

 

・・・という方はどうぞ奮ってご参加ください。

 

詳細は以下のページにありますので、ご覧ください。

 

多くの方々がこの良き法具とのご縁を持てる様祈る次第です。

 

stick_school11.jpg

➡ ヒーリングスティック療法講習会






2019_06_07


stick_school550.jpg


皆さん、こんにちは。

 

今回は、ヒーリングスティック療法講習会のお知らせです。

ヒーリングスティック療法の講座を開催するのは、久しぶりです。

しばらく休止していましたが、また一部の方々よりリクエストをいただきましたので、ここに講座を再開致します。

 

 

 

 

次回開催は、

 

620日(木)1030分~1145

 

です。

 

今回は主に頭部のヒーリングについて解説、練習をします。

頭部は、首から下に症状がある場合であってもおざなりにできない重要な部位です。

頭部の視床下部の自律神経が全身の機能を統括していると言っても過言ではありません。

 

それだけに、頭部の邪気を上手く排出し、気の巡りを良くしてあげることができれば、治癒に一層近づくことになります。 

首から下の症状であっても、頭部7割という位の比重を置いて施術をすることもあるくらいです。

今回の講習会で、しっかり身に付けてほしいところです。

 

 

 

参加資格者は、下記の通りです。



 

Ø  下記の法具をお持ちの方

 l  ヒーリングスティック(銅製)

 l  ヒーリングスティック(独鈷杵)※仙人新独鈷杵を含む

 

Ø  ヒーリングスティックを持っていないが、自己治療用や他者のヒーリング用に活用してみたいとお考えの方



 

 

今回はヒーリングスティックを持ってないけれど、購入を検討していて、購入前に実際に試してみたいという方にも門戸を開放しました。

また、初心者の方向けに解説しますので、慣れていない方も臆せず奮ってご参加ください。

 

 

 

ヒーリングスティックは、簡単に使える施術器具ですが、一方でとても奥が深いところもあります。

皮膚に当てているだけで簡単に邪気が抜けて、心身が楽になる凄いアイテムです。

 

しかし、より短時間で高い効果を発揮できる様になるためには、やはり練習を重ねる必要があります。

特に、力の入れ加減やヒーリングスティックを当てるポイントは、なかなか文書や動画では説明しきれないので、実際に講習会に参加して体験してみるのが一番です。

 

皮膚の擦りは、弱すぎても邪気が出にくいし、また力を入れすぎると皮膚を傷めます。

皆さんがそれぞれのやり方で実践している現状がありますが、講習会に参加してみると自分のやり方が他の人と違っていたという点に気付くことも珍しくありません。

 

講習会に参加してヒーリングスティックの腕を磨き、周りの人を幸せにしてあげましょう♪

 

また、プロやセミプロのヒーラー、ヒーラー志望の方は、実践練習の場を積むためにも会に積極的に参加して頂きたいと思います。

 

受講料は3,000円です。

 

詳細については、水野氣功塾のページをご覧ください。

 

➡ ヒーリングスティック療法講習会

 

 

 

参加ご希望の方は、下記お問い合わせページより参加申し込みの旨ご一報ください。

 

➡ お問い合わせ

 

 

多くの方とお会いできますことを楽しみにしております。








2019_05_13


【ヒーリングスティックをお持ちの方へ】

 

水野氣功塾」のサイトの「ヒーリングスティック療法WEB講座」でヒーリングスティック療法の動画6本をアップしました。

技術向上のためにご活用いただければ幸いです。

 

ログインのパスワードが分からない方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

(パスワードは旧「ヒーリングクァンイン・スピリチュアル・ヒーラー養成塾」のサイトにあった時と変わっていません。)






2019_05_03


god shiva
シヴァ神



皆さん、こんにちは。


「邪気祓い開運堂」では、文字通り邪気を祓い症状の改善を図るためのオイル「邪気祓いオイル」を斡旋しています。

今回Aさんから嬉しい体験談が届きました。

 

このところ、邪気祓いオイルである種の神秘体験をする人が出てきています。

使用する方の感受性・霊感にもよると思いますが、製作者である師の霊性が修行によって益々向上しているためと考えています。

 

一人際立って霊性の高い人物がいて、その人が神の境地に至れば、その人につながる人は波及的にその恩恵を受けます。

私も非力ながら気功治療に携わっておりますが、以前に増して短期で効果が出てきていると感じています。

それは一重に師の力が及んでいるものなのでしょう。

 

縁とはかように重要なものです。

決してお金で手に入るものではありません。

法という縁にめぐり合うのは、ガンジス川で一粒の砂金を見つけるに等しいと言われます。

それ程困難極まりないことであり、縁を得た人はそれを大事にすべきと思います。

 

Aさんとそのご友人様の様な体験をされた方は、神の恩寵に感謝しつつ、今後の人生を篤い信仰に生きていってもらえたらこれに優る歓びはありません。

 



 

水野先生

 

こんばんは!本日オイルが届きました。ありがとうございます!早速活用させて頂いてます。

 

 

今日は遊びに来ていた友人にオイルを使ってあげたのですが、その友人がブログに紹介されていた方のような体験をしました。

 

友人は健康に問題を抱えているので(統合失調症)、ヒーリングスティックで邪気抜きを少しでもしてあげようと思っていたところ、友人が到着した直後にオイルが届いてくれました。

 

友人が来た直後にオイルが届いたのは、これは友人に今このオイルが必要ということなんじゃないかと感じたので、

家に入ってもらって早々に「これ塗ってみて」と手にオイルを出してあげました。

 

元々霊感、霊視能力にも優れていて神様とのつながりも深そうな友人でしたので、オイルで不思議な体験をしたブログの方を思い出し、

もしかしたら神様が友人を助けてくれるかもしれないと思い、眉間に重点的に塗るように伝えました。

 

その時は特に何もなく、ヒーリングスティックで邪気抜きをしてあげたり(このスティックすごい!!邪気抜けていって頭痛がなくなった!!と喜んでいました)、色んな話をしたり、数時間の滞在ののちに友人は帰っていきました。

 

 

変化は友人が帰路に着き、部屋でくつろぎ始めてから起きたそうです。

 

友人から

「そばに座ってる人がいて格の高いものだと思うのだけれど、

眉間にオイル塗ったのをこめかみの辺りに伸ばしてしたらスーッと自分の中に入って来て身体の中に風を吹かせて変なものを流して外に出してくれてる。不思議。」

 

と連絡が来ました。

友人ならブログのような体験をしてもおかしくないなと思っていましたので、やはり!と思いつつ、その後体験談をまとめてもらったところ、

 

「頭からつま先にかけて風が吹いてます。清らかな川のせせらぎのような音と共に目を閉じるとお釈迦様なのか徳を積んだ方がいます。

声をかけると応答するようにエネルギーを送ってくれます。

頭のてっぺんから空気が抜ける感じがします。

気持ちいい木漏れ日の朝って感じで落ち着いた空気感が部屋に立ち込めています。」

 

 

シヴァという単語が聞こえたそうなので、その方はシヴァ神かもしれないと思い、友人にシヴァ神のマントラを伝えました。

 

 

1時間近くかけて体の中を綺麗にしてもらい、かなり気持ちがよく、スッキリしたそうです。その時感じていた腰の痛みもなくなったそうです。

 

 

長年病気に苦しんでいるので、少しでも楽になってもらえたことが、本当に嬉しかったです。

 

友人には水野先生のお力が必要かもしれないなと前から思っていたのでHPを教えたところ、読んでると胸にくるものがあって涙目になると言っていました。

 

(私も遠隔治療の際に先生とお話したあと、話しただけなのにその日まだ来てなかったお通じが急に来るなどの浄化反応が起きたり、メールに返信頂いた文章を読んでるうちに先生の気が流れてくるのか涙がポロッと出たりするので、気持ちがすごくよくわかります。)

 

 

長くなってしまいましたが、友人に力を貸して下さった神様、この貴重なオイルを分けてくださった水野先生、お師匠様に本当に感謝しています。

 




1480746418.jpg 
➡ 邪気祓いオイル

 

 

最後に告知です。

 

214日(水)はマハー・シヴァラートリーの祭日です。
この日はシヴァを祀る一年で最高の日とされており、シヴァ神に帰依する者はこの日に断食をしたり、またマントラ瞑想をしたりしてシヴァ神を崇拝します。

 

弊サロンでは18時からマハー・シヴァラートリーの瞑想会を開催します。

シヴァの恩寵に与りたい方は奮ってご参加ください。


➡ マハー・シヴァラートリーの瞑想会

 

 


 



2018_02_09


ヒーリングスティック(独鈷杵)2
ヒーリングスティック(独鈷杵)


皆さん、こんにちは。

 

今回は、ヒーリングスティック療法研究会のお知らせです。

 

次回開催は、

 

129日(月)1430分~1600

 

です。

 

 

 

参加資格者は、これまで当院で下記の法具をご購入された方となります。

 

・ヒーリングスティック(銅製)

・ヒーリングスティック(独鈷杵)

 

初心者の方向けに解説しますので、慣れていない方も奮ってご参加ください。

もちろん、プロの方にもご満足いただける様ご指導致します。

 

 

 

ヒーリングスティックは、簡単に使えるメリットがありますが、とても奥が深い施術器具です。

特に、力の入れ加減はなかなか文書や動画では説明しきれないので、実際に研究会に参加して体験してみるのが一番です。

 

皮膚の擦りは、弱すぎても邪気が出にくいし、また力を入れすぎると皮膚を傷めます。

皆さんがそれぞれのやり方で実践している現状がありますが、研究会に参加してみると自分のやり方が他の人と違っていたという点に気付くことも珍しくありません。

 

また、プロやセミプロのヒーラー、ヒーラー志望の方は、実践練習の場を積むためにも会に積極的に参加して頂きたいと思います。

 

尚、受講料は3,000円です。

 

詳細については、スピリチュアル・ヒーラー養成塾のページをご覧ください。

 

➡ ヒーリングスティック療法研究会

 

 

 

参加ご希望の方は、下記までメールでご連絡ください。

たくさんの方とお会いできることを楽しみにしています。

 

quanyin28gmail.com(★を@に代えて送ってください)



➡ 「邪気祓い開運堂」 ヒーリングスティック






2018_01_12


はなもりさん 



皆さん、こんにちは。

               

弊店では、ヒーリングスティックをご購入頂いた方を対象に実践練習の場として「ヒーリングスティック療法研究会」を不定期開催しています。

今回は先の「ヒーリングスティック療法研究会」での話です。

 

 

仲良し3人組のお客様(女性)がご一緒に参加をしてくれました。

その日、ヒーリングスティック研究会を開始しようかという時、Mさんが


「ツンツン棒出そう~」


と、言っていました。


 

私は、

 

「あっ、Mさんはヒーリングスティックのことを『ツンツン棒』と呼んでいるんだ。女性らしくてカワイイな。」

 

と、思ったのでした。

 

 


すると、お連れのYさんが、

 

「私も、花森さん出そっと!」

 

と、カバンの中をモゾモゾと探し始めました。

 



「今、なんか花森さんって言ってた様に聞こえたけど・・・」

 

と、思いつつも「気のせいだろう」「オレ疲れてんのかな」とそのまま会を進行させました。

 

しかしYさんの様子を観察していると、「花森さん、花森さん」とヒーリングスティックのことを言っているのがわかりました。

 

 

 

「花森さんって、ヒーリングスティックのこと??」

 

と、聞くと、

 

「そーです。花森さんです!!( ´艸`) 」

 

Yさんは明るく答えるではありませんか!

 

(花森さんって一体なんだぁ???Σ(゚Д゚) )

 

と頭の中がクエスチョンマークで一杯になりましたが、するとYさんは笑顔で、

 

「花森さんって言ったんです。この棒。」

 

全く迷いのない素直な目でジーと私を見つめながら言ったのです。

つまり、花森さんとはヒーリングスティックが「私は花森です」と自己紹介したということなのです!

 

(いや~、ヒーリングスティックにそういう設定はないんだけどな。)

 

と思いつつも、こうお答えしました。

 

「ハッハッハ!花森さんですか!!素敵な呼び方ですね〔ニコッ〕。」←少々顔が引きつっている

 

ちなみにYさん、見た目は普通の主婦の方です。

 

 

 

「花森さんは、朝は私が使って、昼は母が使って、夜は私がまた使うんです!」と、常日頃から大変なご愛用の様子なので、呼び名は何であろうといいことにしました。

「この棒はヒーリングスティックです。『花森さん』ではありませんから。プン!」と真面目に注意するのも大人気ないでしょう。()

 


もう一人のお連れのEさんは「あの~私も何か呼び名を付けなくてはいけないのかな?」と出遅れ感たっぷりの雰囲気になっていて、「他のお2人が普通じゃないんだけどな・・・」と思いつつもフォローをする余裕もなくなっていました。

 

実はEさんもまた不思議な人で、彼女は東日本大震災の日にその予知夢を見たそうで、その日の朝家族に「地震や津波に気を付けて」と忠告していたエピソードを持つ人です。

また、ある日Eさんがヒーリングスティックの横に結婚指輪を置いていたら、深夜にその指輪がカタカタと振動していて、それを見たお子様が驚いていたそうです。

 

Mさんもヒーリングスティック(彼女流に言うと『ツンツン棒』)を大変なご愛用で、家では神棚に飾り、外出の時は常に携帯しているということです。

「免許証を家に忘れても取りに戻らないけど、『ツンツン棒』を忘れたら取りに戻りま~す。」と言っていました。(←無免許運転はいけません!)

 

また、Mさんは人前でもいつも『ツンツン棒』をいじっていて、先日は学校のPTAの会議中も頭に当てていたとか、また顔を擦ると黒くなるので猫のひげを書いて人をビックリさせたとか、面白い話が目白押しでした。

 

 

ヒーリングスティックは、大事にしてくれる人はそれこそ肌身離さず大事に愛用してくれています。

あるOLさんは通勤中に車の中でヒーリングスティックを使っていると言っていました。

運転中に顔を擦っていると段々と顔が黒くなってきてそれが楽しいのだそうです。(←危ないからやめなさい!)

 

「ヒーリングスティック」足裏 

邪気が出るとこの様に黒くなることもあります

 

 

 

ヒーリングスティックは神の分魂が入魂されているパワーアイテムで、とても気の力が強いのが特徴です。

ヒーリングスティックを長く手に持っているとヒーリングスティックの強い気(エネルギー)が伝播して手の力が次第に強くなってきます。

私自身もヒーリングスティックを使用する様になってから、随分手の力が強くなったという実感があります。

 

Mさんはプロのアロマセラピストですが、ヒーリングスティックのお陰でしょう、手の力が随分強くなっていました。

特別な修行もなく手の気が強くなるのですから、ヒーリングスティックはとてもありがたいものです。

治療家・ヒーラー・セラピストの方にはこれだけでも絶対のお勧めですし、また邪気を受けた後の自己治療にも使えますから欠かすことはできません。

 

➡ ヒーリングスティック

 

 

ヒーリングスティック療法研究会は不定期に開催しています。

和気あいあいと楽しい雰囲気でやっていますので、ご都合が合う人はどうぞお気軽にご参加ください。

 

次回開催は、

 

92日(土)1615分~1730

 

です。

 

 

 

参加資格者は、これまで当院で下記の法具をご購入された方となります。

 

・ヒーリングスティック(銅製)

・ヒーリングスティック(独鈷杵)

 

初心者の方向けに解説しますので、慣れていない方も奮ってご参加ください。

もちろん、プロの方にもご満足いただける様ご指導致します。

 

 

 

ヒーリングスティックは、簡単に使えるメリットがありますが、とても奥が深い施術器具です。

特に、力の入れ加減はなかなか文章や動画では説明しきれないので、実際に研究会に参加して体験してみるのが一番です。

 

皮膚の擦りは、弱すぎても邪気が出にくいし、また力を入れすぎると皮膚を傷めます。

皆さんがそれぞれのやり方で実践している現状がありますが、研究会に参加してみると自分のやり方が他の人と違っていたという点に気付くことも珍しくありません。

 

また、プロやセミプロのヒーラー、ヒーラー志望の方は、実践練習の場を積むためにも会に積極的に参加して頂きたいと思います。

 

尚、受講料は3,000円です。



 

参加ご希望の方は、お問い合わせフォームより参加の旨ご一報ください。

 

➡ お問い合わせフォーム

 

詳細については、「スピリチュアル・ヒーラー養成塾」のページをご覧ください。

 

➡ ヒーリングスティック療法研究会





2017_08_10


写真 2 (2)1 
ヒーリングスティックの擦りで皮膚から微小の粉が噴出しているところ



皆さん、こんにちは。

 

今回は、ヒーリングスティック療法研究会のお知らせです。

 

次回開催は、

 

624日(土)1615分~1730

 

です。

 

 

 

参加資格者は、これまで当院で下記の法具をご購入された方となります。

 

・ヒーリングスティック(銅製)

・ヒーリングスティック(独鈷杵)

 

初心者の方向けに解説しますので、慣れていない方も奮ってご参加ください。

もちろん、プロの方にもご満足いただける様ご指導致します。

 

 

 

ヒーリングスティックは、簡単に使えるメリットがありますが、とても奥が深い施術器具です。

特に、力の入れ加減はなかなか文書や動画では説明しきれないので、実際に研究会に参加して体験してみるのが一番です。

 

皮膚の擦りは、弱すぎても邪気が出にくいし、また力を入れすぎると皮膚を傷めます。

皆さんがそれぞれのやり方で実践している現状がありますが、研究会に参加してみると自分のやり方が他の人と違っていたという点に気付くことも珍しくありません。

 

また、プロやセミプロのヒーラー、ヒーラー志望の方は、実践練習の場を積むためにも会に積極的に参加して頂きたいと思います。

 

尚、受講料は3,000円です。

 

詳細については、スピリチュアル・ヒーラー養成塾のページをご覧ください。

 

➡ ヒーリングスティック療法研究会

 

 

 

参加ご希望の方は、下記までメールでご連絡ください。

 

quanyin28gmail.com(★を@に代えて送ってください)

 


2017_05_23


ヒーリングスティック


皆さん、こんにちは。

 

今回は、ヒーリングスティック療法研究会のお知らせです。

 

次回開催は、

 

427日(木)17時~19

 

です。(直前でスミマセン(´・Д・)」

 

 

 

参加資格者は、これまで当院で下記の法具をご購入された方となります。

 

・ヒーリングスティック(銅製)

・ヒーリングスティック(独鈷杵)

 

初心者の方向けに解説しますので、慣れていない方も奮ってご参加ください。

もちろん、プロの方にもご満足いただける様ご指導致します。

 

 

 

ヒーリングスティックは、簡単に使えるメリットがありますが、とても奥が深い施術器具です。

特に、力の入れ加減はなかなか文書や動画では説明しきれないので、実際に研究会に参加して体験してみるのが一番です。

 

皮膚の擦りは、弱すぎても邪気が出にくいし、また力を入れすぎると皮膚を傷めます。

皆さんがそれぞれのやり方で実践している現状がありますが、研究会に参加してみると自分のやり方が他の人と違っていたという点に気付くことも珍しくありません。

 

また、プロやセミプロのヒーラー、ヒーラー志望の方は、実践練習の場を積むためにも会に積極的に参加して頂きたいと思います。

 

尚、受講料は3,000円です。

 

詳細については、スピリチュアル・ヒーラー養成塾のページをご覧ください。

 

➡ ヒーリングスティック療法研究会

 

 

 

参加ご希望の方は、下記までメールでご連絡ください。

 

quanyin28gmail.com(★を@に代えて送ってください)




 


2017_04_22


ヒーリングスティック(独鈷杵)2


皆さん、こんにちは。

しばらく販売を中止していましたヒーリングスティック(独鈷杵)の再販が決まりました!
これまでの独鈷杵はあるチベット密教寺院から取り寄せていた物で、元々希少だったため安定的な供給が難しい所があり、品切れで度々ご迷惑をおかけしてきました。

そして、2016年の初夏に在庫がなくなり、そこで販売終了となりました。
しかし、その後幾度も「ヒーリングスティック(独鈷杵)はもうないのですか?」というお問い合わせを頂いていました。
そのご要望を受け、師匠と相談を重ね、ようやくここで再販にこぎつけました。
今回、再販にあたりヒーリングスティック用の独鈷杵に日本製の物を採用しましたので、今後は在庫切れになることはありません。

これまでと形状は異なりますが、入魂の方法は従来通りですので独鈷杵のパワーは従来と変わる所はありません。
かえって、従来品よりも光沢に輝き美しいフォルムになりましたので、見る人の心を魅了することでしょう。

ヒーリングスティック(独鈷杵) 

独鈷杵は、神仏とのつながりを深めるための法具であり、密教寺院の僧侶が護摩行の際などに使用する密教法具です。
これを持つと、独鈷杵を通して宇宙エネルギー(神気)が身体のエネルギー場に流入してきます
そうすると、次の様な恩恵が期待できます。

まずは、外部から自分のエネルギー場(オーラ)に入って来る邪気に対して防御力が高まります
人は気付かずに日常色々な邪気を受けているものです。
邪気が溜まりすぎると、とかく感情がネガティブに振れたり、思考が乱れたりして、正しい判断ができず人生が良くない方向に進んでいきます。
ですので、邪気から身を護りたい人には是非とも持っていて頂きたいと推奨する次第です。

また、身体の気(エネルギー)が高まりますので、気功治療・ヒーリングなどの手技療法をする方は独鈷杵を持てば、これまで以上の施術効果が出るのを実感することでしょう。
私も普段の気功治療では、独鈷杵ではありませんが、その上級タイプの金剛杵(こんごうしょ)を手に持ち施術をしています。

他者へのヒーリングはもちろん、自分自身のための自己浄化・自己治療にも使えます
辛く苦しい症状でお悩みの方は、ヒーリングスティック(独鈷杵)の末尾でその部位を擦り、その後に先端を当てて邪気を浄化すれば、お身体が楽になるのを実感することでしょう。
このヒーリングスティック(独鈷杵)には、神仏の魂が入魂されていますので、特に気の訓練を受けていない方でも簡単に使用でき安心です。

瞑想をする習慣がある人は、独鈷杵を手に持つことをお勧めします。
そうすることで、全身の気(エネルギー)が高まりますので、より深く静寂な瞑想ができる様になります
自分ではわからない人もいるかもしれませんが、独鈷杵を手に持って瞑想をする時としない時では、身体の気(エネルギー)の状態は大分違うものです。


ざっと、この様な効果・恩恵がありますが、独鈷杵は古くから退魔・厄難消除・開運招福の法具として重宝されてきたもので、お守りとしては最高部類の物と言えます。
仏教の法具ではありますが、持つ人の宗教宗派を問いません。
金色に光るヒーリングスティック(独鈷杵)を手にした時、限りない幸福感を感じられることでしょう。

詳細は、「邪気祓い開運堂」のサイトをご覧ください。
皆様に良いご縁があることをお祈りしています。


「邪気祓い開運堂」




2016_12_04


06  « 2019_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

水野博友

Author:水野博友
気功家・ヒーラー・瞑想家
気功で人の病気や苦しみを癒すヒーラー

愛知県出身、早稲田大学商学部卒。
埼玉県さいたま市浦和区で気功治療院「外気功療法さいたま院」を開業、肉体の病~精神の病まで日夜 気功の施術を行っている。遠隔気功の実績も豊富。
満月時は日本の山に籠り密教修行を行う、また2011年より定期的にインド・ヒマラヤ、インドネシアに渡り様々な聖者の指導を受けて霊性修行に励んでいる。

フリーエリア





ツイッター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top