FC2ブログ



スクリーンショット (21)
➡ 水野気功療法院(画像からのリンクはありません)


【重要】 ホームページアドレス(URL)変更のお知らせ

 

 

水野気功療法院

院主 水野博友

 

 

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、このたび、弊店では新たに情報を発信するホームページを一新いたしました。

 

これに伴い、ホームページアドレスを、下記の通り変更することとなりましたのでご案内申し上げます。

 

つきましては、ホームページのアドレスを「お気に入り」や「ブックマーク」などに登録されているお客様には、大変お手数をおかけいたしますが、変更後は新アドレスへ設定変更して頂きますようお願いいたします。

 

今後も、より一層みなさまのお役に立てるよう取り組んでまいりますので、引き続きご愛顧を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

 

 

 

■変更時期
 2020531日より

 

■ホームページURL
 (現):https://www.gaikikou.jp/ → (新):https://気功.net/

 

 

以上


➡ 水野気功療法院





2020_05_31


IMG_6366.jpg
2020年5月ご神木プージャの炎



こんにちは。

 

59日(土)22時~約40分間恒例のご神木プージャを執り行いました。

コロナウイルス禍の最中、今回もたくさんの方々にご参加いただきありがとうございました。

師匠共々厚くお礼申し上げます。

 

 

今回はコロナの影響で、バスや電車が運休していてかなり遠回りをしたため、修行場に行くのに片道10時間30分もかかりました。

飛行機も便数がかなり減っています。

私は人酔いするので人が少ないのはありがたいのですが、この時期にこれほど人が少ないと経済は死に体でしょう。

特に航空会社からは断末魔の悲鳴が聞こえて来る様です。

 

 

IMG_6358.jpg 

これは飛行機がお休み中なのでしょうか

 

 

 

街に出ると、「自粛」や「ステイホーム」の標語がやたらと目につきます。

コロナ死や感染者数を抑制しようとする余り、経済的破局によって死亡者(自殺者)と病人の増加するのがわからないのでしょうか。

極度の経済的ストレスは、肉体死に匹敵するインパクトがあります。

両者のバランスをとる政策を実施しなければならないのに、上から下まで「ステイホーム」一辺倒。

木を見て森を見ずとはこのことでしょう。

一億総白痴に思えます。

1人がバカで勘違いしているのなら良いのですが・・・

 



 

 

「コロナウイルスが怖い怖い」と言う・・・私はそれの何が怖いのかさっぱりわからないと発言して来ました。

却って経済的壊死の方が計り知れないくらいヤバイ。

 

 

目に見えないものに人は恐怖を覚えます。

新型コロナウイルスもそうです。

怖いと思えば怖い結果を招きます。

 

私は、「ウイルスによる症状は浄化であり、人はそれによって進化をする」と主張しています。


(参照)令和版風邪の効用~脱皮をする人間~


怖いものではなく、逆にありがたいものなのです。

世の中の見方とは180度違います。

世の中の人は私のことを狂人かバカだと思うことでしょう。

 

ウイルス同様に、気もやはり目に見えません。

私のお客様やご神木プージャにご参加の皆様は聡明ですから、気が怖いということはないでしょうが、一般的な見方では「怖い」「怪しい」のです。

 

芸能人が気功師と交際があると、たいてい「怪しい気功師に洗脳され・・・」という記事になります💦

 

私などは怪しい気功師の中でもとりわけ怪しい部類になります(笑)

皆様のご主人様は「家内が怪しい気功師に洗脳されて、木に願い事を書いて送金している・・・」と心配で仕方ないことでしょう(笑)

 

 

 

本当の悪は善人の顔をしており、本当の善は悪人の顔をしています。

一見、「悪い奴だ」「怖そうな奴だ」と見えるのは、実は善であり、光(ライトサイド)であります。

笑顔でニコニコ「優しそう」に見えるのは、悪であり、ダークサイドです。

これは神の世界でも同じです。

一人一人が真贋(しんがん)を見極める目を養成しなければなりません。

 

 

 

「神の世界の常識は、この世の非常識」と、師匠はよく言います。

 

そうなのです。

神の視点からの見方・価値観は、この世界の見方・価値観と正反対なのです。

 

 

 

 

これから師匠と私は、放射線に向かいます。

これが、難病も癒す究極の力になると見ています。

 

放射線もコロナと同じで目に見えません。

人は見えないものに恐怖を感じます。

放射線は危険、怖いというのが世の中の常識です。

放射線も見えない脅威として日本人を恐怖のドン底に突き落としました。

確かに放射線は一時に大量に浴びれば危険がありますが、微量な放射線は却って身体に有益であると考えています。

 

 

世の中の常識と真逆をこれからも突き進みます。

放射線・ラジウムの力を活用して今後益々難病の人をお助けします。

 

今月末にはご案内ができる予定です。

詳しくは、当ブログや「邪気祓い開運堂」をチェックしてください。

 

「人の行く裏に道あり花の山」

これは、相場の格言ですが、事業や人生においても当てはまります。

真に素晴らしいものは、人目に当たらないところにあるのです。

 

 

これから世の中の価値観が180度ひっくり返る時代が来ます。

医療だけではなく、多様な分野で価値観の転換が起こってきます。

そして、世界の注目と尊敬を集める日本の時代がやってきます。

 

難局の後には歓びが来るのは世の法則です。

群集心理に流されず自分自身の軸をしっかりと持って、新しい時代を共に切り拓いていきましょう。

 

 

 

 

以下、ギフトと次回のプージャのご案内です。

 


 

 

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

22時からの開始に合わせて一緒にお祈りをしてくださった方は、シヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)を唱えていたことと思います。

 

➡ 水野博友Twitter

 

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

 

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

 

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 

 

 

 

また、今回も参加者の皆様に師匠より特別のギフトを預かりました。

 

今回も、「龍眼菩提樹」のお守りをいただきました。

今回、龍眼菩提樹の恩恵に授かった人は幸運だと思います!

 

龍眼菩提樹は、菩提樹の突然変異でできた大変珍しい実です。

実に35個の穴があり、そこに龍が棲むという言い伝えがあります。

 

その恩恵は、次の通りです。

 

l  無量の福、最勝の益を得る。

l  浄化・平静・調和・寛容・高い意思に導く

 

 

 

このルドラクシャは、今回のプージャでプリースト(司祭)の師匠が神のエネルギーを封入しています。

形は小さいものですが、ご神像と思い大切にご活用いただければ幸いです。

 

 

ルドラクシャは、菩提樹の木の実で、神の雫(しずく)とも言われます。

菩提樹といえば仏陀がその木の下で悟りを啓いたことで有名です。

菩提樹の名前は、菩提がゴータマ・ブッダの別名であったボーディ (Bhodhi) から来ています。

つまり、「菩提樹」は「ブッダの木」を意味しています。

 

インドの聖者や修行者は、首からルドラクシャのネックレス(ジャパマーラ)を下げています。

私も気功治療の際にいつも首から下げていますから、ご存知の方も多いことでしょう。(右のプロフィールの写真をご覧ください)

 

 

また、ルドラクシャは、水や水晶と並んで気(エネルギー)を蓄えやすい性質があります。

インドの聖者は、瞑想の際にこのルドラクシャのネックレス(=ジャパマーラ)を指でくくってマントラ(真言)を唱える修行をします。

修行を重ねるにつれ、ジャパマーラにマントラのエネルギーが充填され、ジャパマーラは益々強いエネルギーになっていきます。

そのため、聖者の修行レベルを計るには、その人自身とジャパマーラのエネルギーを見れば容易に判定がつく訳です。

 

龍

 

ルドラクシャをお渡しする際に秘伝の「龍のオイル」を拭き取らずそのままお渡ししています。

そのためルドラクシャはオイルが付いている状態です。

お手数ではありますが、ご自身で「龍のオイル」を布で拭き取ってヒーリングスティックなどの法具や大切なアクセサリーに塗って浄化・パワーアップに活用してみてください。

 

そして、目に見えない不思議なご縁(神縁)があって手に入ったものですのですので、ルドラクシャをたかが飾りと思わず永く大切にして頂けたら嬉しく思います。

 

 

 

また、このルドラクシャを手に持って瞑想をすればパワー(神気)を頂けます。

また痛みや症状があるところに直接当てても良いでしょう。

 

その際は、シヴァ神のマントラを唱えてみてください。

 

シヴァ神のマントラは、

 

オーム ナ マ シヴァ ヤ

 

です。

これを幾度も繰り返し心で唱えます。

 

 

また、何かお祈りをする時やシヴァ神のご加護を得たい場合は、ルドラクシャを右手に握り「オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ」と唱えてください。

 

シヴァ神について、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。


Siva1.jpg 

シヴァリンガム(シヴァ神のご神像) 

➡ シヴァ神

 

 

 

今回ご神木プージャをお申込み頂いた方には漏れなく進呈します。

当院に通院中の方・講座受講中の方には直接お渡しし、そうでない方には後日発送させて頂きます。

もし、前回のプージャのギフトが届いていない場合はご連絡ください。

 

今回は、師よりギフトがありましたが、次回はあるかどうかはわかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれません。

ご神木プージャはギフトがあるかないかの損得勘定でやるものではなく、信仰心の発露によって参加するものですので、お気持ちが高まりましたらどうぞご参加ください。

 


 

 

 

さて、次回のご神木プージャは、

 

66日(土)の夜(22時頃)

 

開催します。

 (ご神木の締め切りは、62日火曜日です。)

※締め切りを過ぎて到着したご神木は次月に回させていただきます。こちらから特に連絡は差し上げませんので、ゆとりをもってお届け願います。

 

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは11000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

 

 

➡ 「願いを叶えるファイヤープージャ」

 

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 

 

 

 



2020_05_10


3141195_s.jpg



こんにちは。
10年前位の過去記事ですが、読み返して今の状況に相応しい良い言葉だと感じましたので、再掲することにしました。

コロナ自体の苦しみではなく、外出自粛という愚策によって、人々のストレスが増大し、経済的な困窮による呻吟(しんぎん)が各所で聞かれるようになってきました。
今の国の施策が間違っていると思いながらも、個人レベルではどうしようもありません。

もう戻れない・・・愚策によって不可逆的な一線を越えてしまったという無念な思いがこみ上げます。
コロナが収束したとしても、人類はその後永い黄昏の時代を歩むことになるでしょう。

外出自粛、ステイホームで身動きの取れない中、只時間を消費していくのか、またはこれから来る大きな変化に備え力を付けていくのか、今後の生き方に大きな差が出て来るのは間違いありません。




日本が誇るマラソンランナー高橋尚子選手の座右の銘。
彼女の人生は華がある反面、大きな苦難の場面も幾つかありました。
2004年アテネオリンピックの代表選考漏れ、同じく2008年北京オリンピックの代表選考漏れという大きな落胆、さらに師である小出監督の下を離れチームQを結成、独立したものが経験する資金難を味わっています。
 
彼女は本質的に人を勇気づけるために生まれてきた天使的存在だと思います。
走るだけで見る者を勇気づける不思議な力があります。
これは他のランナーにはそうそうないものだと思います。
 
彼女の走りは見ているだけで神々しく、美しいものがあります。
2005年東京国際女子マラソンで復活の優勝を成し遂げた時の走りをテレビで見て、なぜか感動で滂沱の涙がこぼれたものでした。
それは走りの場面に至るまでの血のにじむような努力・忍耐が彼女の人間を磨き上げ、それが美しいオーラの結晶になり輝きを放っていたからだと思います。




 
人を勇気づけるお役目の人は人生において大きな苦難を経験する運命にあるようです。
私は彼女には北京オリンピックに出場して金メダルをとってもらいたかったけれど、神様はそれを許さず選考漏れという更なる試練を与えました。
肉体的にも半月板切除の手術を受けるなど消耗・疲労の感は否めないところがありますが、4年後更なる成長を遂げてロンドンオリンピックの舞台で復活してほしいものです。
 
この高橋尚子選手の座右の銘を病気で人生が停滞していると考えている人、または仕事や事業がうまくゆかず思い悩んでいる人に送ります。
一見、停滞しているように見える時期も後に花を咲かせる時のための貴重な経験をする期間であり、その時期があるからこそ人間は磨かれるのです。

病気というサインからその意味を悟り、病気を克服した暁には霊的に1ランク上のステージで人生の次の幕が開かれます。







2020_05_03


スクリーンショット (13)
※リンクは張っていません


こんにちは。

新サイト「はじめての遠隔気功」を製作しました。
これは初めて遠隔気功を受けてみようと検討する方々に向けて解説したサイトです。

遠隔気功は、目の前にいない遠方の人を癒す施術法です。
一般の方には、対面の気功治療でも疑わしいのに、遠隔気功となればもっと懐疑的になるのではないかと思います。

疑問が解消する様に、できるだけやさしく解説してみました。

「遠隔気功を受けてみたいけど・・・なんか不安だよなぁ」

と、いう方は是非一度ご一読ください。

対面での施術が不安という方にも、遠隔気功を知っていただきたいと思います。



昨今、新型コロナウイルスが流行っていますが、それに罹患したのではないかと不安になっていたり、症状がでていたりする方にも、遠隔気功はお勧めです。

コロナが一発で治る・・・とは言いませんが、遠隔で気を送れば気力体力が向上しますから、何もしないでいる時と比べ、重症化せず早期に良くなる可能性が高いと思います。


困った時の遠隔気功・・・頭の片隅に置いていただければ幸いです。










2020_05_01


04  « 2020_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

水野博友

Author:水野博友
気功家・ヒーラー・瞑想家
気功で人の病気や苦しみを癒すヒーラー

愛知県出身、早稲田大学商学部卒。
埼玉県さいたま市浦和区で気功治療院「水野気功療法院」を開業、肉体の病~精神の病まで日夜 気功の施術を行っている。遠隔気功の実績も豊富。
満月時は日本の山に籠り密教修行を行う、また2011年より定期的にインド・ヒマラヤ、インドネシアに渡り様々な聖者の指導を受けて霊性修行に励んでいる。

フリーエリア





ツイッター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top