FC2ブログ



326154.jpg


こんにちは。

 

20212月、ヒーリングスティック療法講習会のご連絡です。

 

 

2月の講習会は、

 

220日土曜日 1030分~1230

 

です。

 

 

 

2月は、心経について学びましょう。

先月の脾経に続いて、経絡シリーズの第6弾です。

 

今月は心経、心臓・循環器のお話です。

心疾患で亡くなる人は結構多く、2020年で約21万人もいます。(厚生労働省人口動態統計による)

これは死因別ではがんに次いで2位の多さなのです。

 

ちなみに、肺炎は約96000人。

新型コロナで亡くなった人は、これまでの累計で7,196人(218日現在)となっています。

 

コロナ死・・・かなり少ない印象です。

実際のところ、他の病気で亡くなった人でも、PCR検査が陽性となればその病気ではなくコロナ死としてカウントされていますので、純粋にコロナで亡くなった人はもっと少ないのが実情でしょう。

 

それに対して、緊急事態宣言を発令し、市民はマスクや自粛やソーシャルディスタンスで、戦々恐々としています。

コロナが怖いなら、もっと数倍も心筋梗塞など心疾患が怖くなるのが自然ですが、そちらは全然関心がなく、コロナだけが怖いのはまったく解せません。

 

 

 

つまり、いつ心臓にドカン!と来て亡くなってしまうか誰しもわからないという状況なのです。

もう少し自分自身の心臓のことを考えた方が賢明でしょう。

 

また、心臓部にはハートチャクラがあり、そこは全身のエネルギーのセンターでもあります。

愛の表現をするハートチャクラは、数あるチャクラの中でもとりわけ重要です。

 

今回は、心臓の生理的な内容と、チャクラというスピリチュアルな内容と織り交ぜて解説をしましょう。

 

 

また、今回も仙人手製のアイテムを進呈する予定です。

どうぞ楽しみにしていてください!

 

今回もラスト30分の時間に自己浄化の瞑想をします。

瞑想で心身の氣(エネルギー)を浄化し、次の1ヶ月を無事に乗り切ってください。

 

 

 

 

 

ヒーリングスティック療法講習会の参加資格者は、下記の通りです。

 

l  下記の法具をお持ちの方

 ヒーリングスティック(銅製)

 ヒーリングスティック(独鈷杵)※仙人新独鈷杵を含む

 

l  ヒーリングスティックを持っていないが、自己治療用や他者のヒーリング用に活用してみたいとお考えの方

 

 

今回もヒーリングスティックを持ってないけれど、購入を検討していて、購入前に実際に試してみたいという方にも門戸を開放しました。

また、初心者の方向けに解説しますので、慣れていない方も臆せず奮ってご参加ください。

 

 

 

 

ヒーリングスティックを使えば家族や友人を簡単にヒーリングしてあげることができます。

元々、このヒーリングスティックという棒に神気が入魂されていますので、そのパワーで相手の邪気が除去・浄化されるのです。

 

ヒーリングスティックは誰でも簡単に使える施術器具で、様々な不調を楽にしてくれる素晴らしいツールです。

ご家庭に1本あると、お身体が辛い時に本当に助かります。

お薬の様に副作用を心配する必要もありません。

皮膚に当てるだけで邪気を抜いて氣を巡らせ、ナチュラルな方法で心身の状態を高めてくれます。

 

使い方は難しくありません。

是非、この不思議な世界を体験しましょう。

 

どうぞお楽しみに!

 

参加ご希望の方はこちらのメールに参加希望の旨送信して下さい。



➡ お問い合わせフォーム

 




2021_02_18


4334599_s.jpg


こんにちは。
昨日サットサンガにご参加いただいた方には、いつもご参加いただきありがとうございます、厚くお礼申し上げます。

サットサンガの説法は毎回1時間程話をしていますが、毎回何を話すかは苦慮します。
うまくまとまらない場合、「どうしよう・・・」と不安をかきたてられ、テンパってしまうこともよくあります。
この様な時は、直前にインスピレーションが来て内容が固まることも珍しくありません。

今回もまさにそのような回で、善悪について話をしようと予定していましたが、結局直前のインスピレーションで少し内容が逸脱したものに落ち着きました。

内容が幾分高度だったかもしれませんが、少しでも伝わっていたら幸いです。
あのような話は再現性がなく、多分もう二度とできません。



自分自身の実感では、インスピレーションは誰かが必要としている情報が降りてきたり、私が求めている情報が降りてきたりするものです。

通常、知識は本やネットなどの媒体、または他人から得られますが、インスピレーションは天から情報を直接ダウンロードしている感覚があります。
天の書庫から得られる知識・情報を叡智(えいち)といいますが、その様な格調の高いものになっていればと思います。




説法では、度々マスクの是非ついて語りました。
私は否定的な立場をとっているため、それに同意される方も少なくはないでしょう。

私は花粉症持ちで、毎年3月は体調がすぐれない日が多くなります。
くしゃみや鼻水がとめどなく出て、ひどい日は発作の様になります。
それが続くと、どうしても体力を疲労してしまいます。

花粉症などのアレルギーは不摂生のせいだとされますが、私は子供の時のワクチン、もしくは抗生剤の使い過ぎでなったのではないかと考えています。

いろいろな文献から判断すると、多分そうだと思うのですが、因果関係を立証できませんから致し方ありません。

やってしまったものは仕方ありませんが、これから始まるコロナワクチンについては、皆さまには熟慮に熟慮を重ねた上で、ご判断いただきたいと強く願います。
私の見解としては、1月のサットサンガ「ワクチンの是非を考える」でお話した通り、今のところ接種する気持ちは毛頭ありません。




さて、花粉症ですが、花粉の飛散が多い時は、サージカルマスクは全然役に立ちません。
マスクをしていても、くしゃみ・鼻水の連発になります。

サージカルマスクは花粉ですら防御できないのです。
それが私の実感です。

ちなみに、花粉の大きさは約30μmで、ウイルスは0.1μmです。
※1㎛=0.001mm(1/1000mm)=0.000001m(1/100万)
ざっと、300倍大きさが違うということになります。

2020021900013_2.jpg 

https://dot.asahi.com/aera/2020021900013.html?page=2



まして、花粉よりもはるかに小さいウイルスがマスクで防御できるかというと、まったくできないでしょう。
私は自身の体験で、マスクの無意味さを知っているため、マスクでウイルスから身を守ろうとしている人を見ると、「意味ないんだけどな」と思ってしまうわけです。

この様に、外から入る情報に依らず、自分自身の体験で知って判断するというのは、本能的で間違いがないのではと考えています。




マスクの無意味さについては、これまでに何度も書きましたが、マスクが極めて必要になる時があります。

それは、火山の噴火時で、火山灰による被害から目と呼吸器を守る時です。


特に、関東は富士山の噴火が常に取りざたされており、いつ噴火するかわからない状況です。
富士山が噴火すると、火山灰が関東平野に数㎝積もり、それがあらゆる隙間に入り込んで電力供給もストップすると言われています。

火山灰はガラス状のもので、それが気管や目に入ると、後々大きな問題となります。
しかも、それは通常のサージカルマスクで防ぐのは難しいのです。


そのため、防塵マスクと防塵用のゴーグルが必要になります。
私はだいぶ前にその情報を知って、備えをしてありますが、いざ噴火したということになれば一瞬にして市場から消えてしまうことは想像に難くありません。
これは持っていないとかなり困るのではないかと思います。

私はどこのサイトで購入したのか、古い話なので忘れてしまいました。
防災の専門サイトだったでしょうか・・・
購入をご希望の方は、お手数ですがキーワードから調べていただければと思います。

備えあれば患いなしと言いますので、それは持っておいた方が良いと推奨させていただきます。


しかし、日本人の心の象徴ともいえるあの美しい富士山が、噴火で形を崩してしまうのは、想像もしたくないし、あってほしくないものです。




2021_02_14


6df3a4fda76c7b33e303efb1d054c95f_400-e1566223993360.jpg
子供が最初に覚える暴力・・・アンパンチ


こんにちは。

 

2月のサットサンガ(真理の集い)のご案内です。

 

2月のサットサンガの開催日時は、

 

213日(土)19時~2115

 

 

となります。

 

 

 

 

また、2月の説法の題目は、

 

「正義味方のやっていることは本当に正しいの?~善悪を考える~」

 

です。

 

 

 

 

新型コロナウイルスの出現は、この世界の人の考え方を2分し、ふるいにかけた様な格好だと認識しています。

テレビや新聞などのマスコミでは、新型コロナウイルスが脅威であるとし、その感染を防ぐために、消毒やマスクを徹底することを事実上強要しています。

そして、PCR検査の陽性者の数のみに焦点を当てて報道し、日々視聴者を一喜一憂させています。

 

報道関係者は、本当に悪意でそれをやっている人もいるかもしれませんが、大抵の人は善意で、つまり正しい報道をしていると信じて務めています。

私はそれが間違っていると考えていますので、てんで相手にしていませんが、その情報が真実であると考えている人にとっては、日々の報道を深刻に受け止めるでしょう。

 

間違っているものを善意でやられると、やられる方は辛いのです。

それはいつ自分がその立場に立っているかわかりませんので、自戒し続けなければなりません。

 

 

また、新型コロナウイルスを生物兵器だとか、後遺症が酷いとか、最初から人類の敵の様な位置付けで恐怖を煽っています。

私などは、本当は恐怖の敵ではなく、却って益がある位の味方なのではないかと思うのですが、人間はとかく敵を想定し、それを撲滅しにかかります。

 

(参考)令和版「風邪の効用」~脱皮をする人間~

 

 

敵が敵である所以は、それをどう見るか、その立ち位置によって変わるのです。

その見方によっては、敵や悪と考えていたのが実はそうでなかったりすることも珍しくありません。

 

そうしたことから、一体何が善で、何が悪なのか?

悪はどうして存在するのか?

悪に対してどう立ち向かうのか?

 

等々をスピリチュアルな観点から解説していきます。

 

更にそこから、敷衍(ふえん)して、

 

正気とは何か?

邪気とは何か?

 

についても言及していくつもりです。

 

 

 

話を聞いていただければ、「結局、悪って○○だったのね」とその正体が明るみに出るはずです。

 

そして、今後の人生で恐れ・恐怖が現れた時に、どう考え対処すれば良いのかがはっきり分かるので、かなり安心して心穏やかに過ごせるのではないかと思う次第です。

 

どうぞ楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

では、サットサンガのご案内です。

サットサンガの参加資格は、次の通りです。

 

水野氣功塾の下記の講座受講者(受講中でも可)

・旧スピリチュアル・ヒーリング講座

・旧メディテーション&ヒーリング講座

・密教瞑想講座

・旧レイキ講座

 

当院から下記をご購入された方

・ヒーリングスティック(銅製)

・ヒーリングスティック(独鈷杵)

・五鈷杵

・神獣のネックレス(動物の牙爪) 

・魔除けの缶

・仙人の魔除工房の各種アイテム ←追加しました!

(➡ 「邪気祓い開運堂」

 

・上記有資格者の紹介者

・ヒーリングスティック療法講習会の参加者 

 

中学生以下のお子様は無料で参加できる様にしました。

お子様連れのご参加もOKです。

(落ち着いて説法が聞けないお子様は隣室で待っていただきます。)

説法の内容が一部しかわからなくても、説法後一緒に瞑想するだけでもお子様に大きな恩恵があります。

 

 

後半は合同瞑想をしますが、瞑想初心者でも大丈夫です。

初めての方も奮ってご参加ください。

合同瞑想に参加して、たくさん力を受け取って、たくさん浄化して帰ってください。

 

瞑想をしますので、腹一杯の状態で来ない様に。

できるだけ空腹の方が良いですね。(水分はOK。強制ではありません。)

 

 

くせの強い人もいませんので、人間関係のご心配も要りません。

万教同根の思想の下、宗教宗派に関係なくご参加頂けます。

レイキ講座の受講生も奮ってご参加頂ければと思います。

 

また、サットサンガでは、講座のカリキュラムで触れていない内容もたくさん話をしていますので、密教瞑想講座やスピリチュアル・ヒーリング講座の受講生はなるべく参加する様にしてください。

 

 

参加ご希望の方は事前準備がありますので、メールフォームかメールよりご一報ください。

 

➡  「お問い合わせ」メールフォーム

 

その他、詳細は「水野氣功塾」のサイトの「サットサンガ」をご覧ください。

 

➡  「サットサンガ」

 

 

では、たくさんの方とお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

 

 


2021_02_08


mask-3714647_640.png

【水野氣功療法院】ブログ更新しました






2021_02_06


01  « 2021_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

プロフィール

水野博友

Author:水野博友
気功家・ヒーラー・瞑想家
気功で人の病気や苦しみを癒すヒーラー

愛知県出身、早稲田大学商学部卒。
埼玉県さいたま市浦和区で気功治療院「水野気功療法院」を開業、肉体の病~精神の病まで日夜 気功の施術を行っている。遠隔気功の実績も豊富。
満月時は日本の山に籠り密教修行を行う、また2011年より定期的にインド・ヒマラヤ、インドネシアに渡り様々な聖者の指導を受けて霊性修行に励んでいる。

フリーエリア





ツイッター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top