FC2ブログ


ヒトは一つの生態系


sunset-1625080_19201.jpg


ヒトの身体は約60兆の細胞から構成されています。
それだけではなく、目に見えない100兆以上もの微生物(ウイルス・細菌)が共存しています。
細胞の全総数よりも、微生物の数の方が圧倒的に多いのです。
人は微生物と共に一つの「人体」という生態系を形成しています。

私たちの身体そのものが1つの生態系。
生命力溢れる豊かな生態系の人もいます。
一方、環境破壊が進んだバランスの悪い生態系の人もいます。
そして、生態系のバランスが崩れてくると病気が発生します。



面白いことに、地球と人間は非常に多くの共通点があります。

satellite-1030779_640.jpg

地球には万物を育む海があります。
海には海流があり、地球全体を巡っています。
陸上の大部分は植物が覆い、森を作っています。
そして、そこには無数の動物・虫たちが生息しています。
地球にはN極・S極というという磁場(エネルギーフィールド)があります。
磁場は太陽風など外部のエネルギーから地球を守る役割をしています。

スクリーンショット (12)

これらが地球の生態系です。

raghav-kabra-UefhanqLzPk-unsplash.jpg


一方の人間の生態系はどのようなものでしょうか?
地球と照らし合わせてみていきましょう。

人間は、体内を血液が流れています。
血液の塩分濃度は太古の海水と同じです。

人間の皮膚は、地球の陸です。
皮膚は約1兆もの細菌に覆われ、常在菌によるコロニーが作られています。
そして、そこには無数のウイルスが生息しています。
皮膚上に形成された常在菌のコロニーという森に、ウイルスという生き物が無数に棲んでいます。

Fotolia_68116325_XS.jpg

地球に磁場がある様に、人間には気場(エネルギーフィールド)があります。
N極が7番チャクラ(サハスラーラ・チャクラ)で、S極が1番チャクラ(ムーラーダーラ・チャクラ)です。
この気場(エネルギーフィールド)が外部の有害なエネルギーから守ってくれています。

これが人間の生態系です。



人体は小宇宙です。
秘伝の書・エメラルドタブレットに書いてある如く、「上なる如く、下もまた然り」なのです。



そして、もう一つ重要なことをお伝えしましょう。
人間が1つの意識体である様に、地球も一つの意識体です。
意識を持っている存在で、ガイアと呼ばれます。
地球は土くれの塊ではありません。
宇宙と共に成長を志向する一つの意識体なのです。



ヒトは無数の腸内細菌と共に生きています。
腸内細菌叢には善玉菌もあれば、悪玉菌もいます。どっちつかずの日和見菌(ひよりみきん)もいます。
ヒトは、それら腸内細菌の意思を感じ取って、自らの意思として思考・行動しています。


ヒトと腸内細菌の関係は、そのまま地球と人間との関係に当てはまります。
人間は地球にとっての腸内細菌の様なものです。
人間の集合意識は、地球の意識と交感しています。

宇宙はこの様な相似関係(フラクタル)を持っています。
更に追求すれば違う分野でも同じ様な関係性が見出せるでしょう。


私たちは生活の中で発酵食品をとったり、ヤクルトなど乳酸菌飲料を飲んだりして、腸内細菌叢を良くしようと努めます。
それが健康の重要なキーであることを知っているからです。
善玉菌を強くし、悪玉菌を弱くしたいと考えます。
和食は、味噌・醤油・ぬか漬け・納豆など発酵食品が多く、腸内細菌叢を良好に保ちます。

私たち人間は、地球にとっての腸内細菌の様なものだとしたら、今の人類は地球にとってどのような存在でしょうか?
善玉菌でしょうか?
悪玉菌でしょうか?

人間は、空気を汚し、海を汚し、森を破壊し、森に棲む生物を殺し・・・地球環境そのものを破壊しようかという勢いです。
人間は未熟であるため、自分の欲求を優先し、欲望のままに行動します。
欲が尽きることがなく、物が豊かになっても、お金持ちになっても、「もっと欲しい、もっとくれ」とがめつく求めます。
どこまで行っても欲求が尽きることがありません。

ライオンなどの肉食毒物ですら、自分らが食べる分以上の殺傷はしません。
どちらの方が高等な生き物なのでしょう?



一部の人達は魂を磨き、成長発展し神に近づきたいと志向します。
そのためにするのが霊性修行です。

地球もヒトと同じ様に、宇宙の進化発展に合わせて成長を志向しています。

地球の意思を想像してみましょう。
今の人類は地球にとってありがたい存在でしょうか?
それとも迷惑で邪魔な存在でしょうか?

もし、後者であったとしたら・・・
地球は人間にいてほしいと望むでしょうか?

「もう悪玉菌はホント邪魔だからいてほしくないよ」・・・そう思っているかもしれません。

選民思想は好きではないけれど、私たち人間が良好な腸内細菌叢を望む様に、地球も意識の高い人間(善玉菌)とそうでない人間(悪玉菌)を間引きするかもしれません。

神典「日月神示」では、大峠を生き残るために再三にわたり「メグリ(=業)を落とせ」と警告が発せられています。


現在、地球の意思なのかと思わせる様な、異常気象、天変地異、そして異常なウイルスによるパンデミックが起こっています。

そして、皮肉なことに新型コロナウイルスのパンデミックが世界を覆い、人類の経済活動が落ちていけば行く程、地球は本来の美しさを取り戻し、輝きを増しています。

_111089478_china_trop_2020056.jpg




関連記事

2020_04_20


05  « 2020_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

水野博友

Author:水野博友
気功家・ヒーラー・瞑想家
気功で人の病気や苦しみを癒すヒーラー

愛知県出身、早稲田大学商学部卒。
埼玉県さいたま市浦和区で気功治療院「水野気功療法院」を開業、肉体の病~精神の病まで日夜 気功の施術を行っている。遠隔気功の実績も豊富。
満月時は日本の山に籠り密教修行を行う、また2011年より定期的にインド・ヒマラヤ、インドネシアに渡り様々な聖者の指導を受けて霊性修行に励んでいる。

フリーエリア





ツイッター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top