fc2ブログ


2022年8月サットサンガのご案内 説法テーマ「コロナ禍にも影響を及ぼすWGIP(ウォーギルト・インフォメーション・プログラム/占領政策)」


coronavirus-g5f078fe02_640.png


こんにちは。

 

8月のサットサンガ(真理の集い)のご案内です。

 

8月のサットサンガの開催日時は、

 

820日(土)15時~1710

 

 

となります。

 

 

 

 

また、8月の説法の題目は、

 

「コロナ禍にも影響を及ぼすWGIP(ウォーギルト・インフォメーション・プログラム/占領政策)」

 

です。

 

コロナが始まってもう半年もすれば3年目を迎えます。

この間、世の中はすっかり変わってしまいました。

私は当初よりコロナはまったく心配する必要がない病気である、また一方でワクチンは打たない方が良いという反対の立場をとっています。

コロナ感染防止のためのワクチンを始めとする諸々の取り組みはまったく効果を上げておらず、今や日本は感染者数世界一という不名誉な立場に甘んじています。

まぁ、このPCR検査による感染者数という数字も果たして信頼性のあるものなのか疑問ではありますが。

 

これほどまでに世の中の人がマスクを着用している国民

これほどまでにワクチンを接種している国民

これほどまでに手の消毒に熱心な国民

 

私は、屋外ではマスクもしませんし、消毒も一切しませんし、ワクチンも1回も打っていません。

それが健康のために正しい選択であると信じているからです。

 

しかし、世間一般の人々はそうではありません。

マスコミの報道をいともたやすく信じ、その情報に従って諸々の感染対策に汲々としています。

 

どうして日本人がそのようになったのか?

西洋医学一辺倒の世の中はどこから始まっているのか?

 

私はかねてからこの偏った不自然な考え方がどこから来ているのか疑問でした。私がそもそもなぜその疑問を抱いたかと言えば、最初に入門した気功の師匠が100名近くがんを治し、それ以上にたくさんの自律神経失調症の人を治していたにも関わらず、「気功でがんが治るとか病気が治るとか広告を出せない、断られる」と嘆いていたからです。


「実際に病院で治らない人を治しているにも関わらず、どうしてそれを広告できないのか?」

私は20年以上前から世の中がおかしいと考えていた訳です。


b1017043a6eae0129d9ab79748eaa9f620190805130640473.jpg 

ダグラス・マッカーサー


その納得できる答えを得るために歴史を紐解きました。

これが問題の原因か!?と思えたのが、WGIP(ウォーギルト・インフォメーション・プログラム)です。

これは敗戦後、68か月に渡る連合国、主にアメリカ、の支配を受けた時の政策の基盤となるもので、日本人が二度と欧米に対抗しないよう政治的にも経済的にも精神的にも骨抜きにする、いわば洗脳支配要領です。

 

サットサンガ(真理の集い)の8月は、これまで8月の終戦にちなんで戦争もの(大東亜戦争)について説法をすることが多かったのです。

例年、私自身の思考の中でも、「今日は86日だから広島原爆の日だ」「15日だから終戦の日だ」「17日だから占守島の戦いの日だ。終戦後も若い兵士たちが日本を護るために戦ってくれていたのだ」と77年前に思いを馳せています。

 

サットサンガの20日はというと、ようやく戦が終わったと国民も一息いれたところで、これからどのような占領統治になるのか?国体は護持されるのか?と不安感を高めていた頃と推測します。

 

それにちなんで占領政策について語ります。

現代の日本人はWGIP(ウォーギルト・インフォメーション・プログラム)についてほとんど知りません。

戦前と戦後、1945年を境として日本人は大きく変わってしまいました。

その背景にあるのが、WGIP(ウォーギルトインフォメーションプログラム)です。

これは根拠薄弱な陰謀論とは違って、歴史の事実であります。

教科書にも詳しく載せるべきでしょう。

ここ数年、民衆レベルで少しずつ国威が高揚するような動きを見せていますが、この占領政策は非常に根深く私たち日本人の精神構造に悪影響を与えているのが実情です。

 

77年前に何があったのか?

そして、その時のことが今の日本人にどう影響を与えているのか?(特にコロナにおいて)

 

についてお話したいと思います。

久しぶりに骨太の内容でいきます。

ご関心のある方は奮ってご参加ください。

 

 

 

 

 

では、サットサンガのご案内です。

サットサンガの参加資格は、次の通りです。

 

水野氣功塾の下記の講座受講者(受講中でも可)

・旧スピリチュアル・ヒーリング講座

・旧メディテーション&ヒーリング講座

・密教瞑想講座

・旧レイキ講座

 

・「邪気祓い開運堂」で購入したことがある方 ←追加しました!

 

・ヒーリングスティック療法講習会の参加者 

・上記有資格者の紹介者

 

参加資格を拡大しました!

 

中学生以下のお子様は無料で参加できる様にしました。

お子様連れのご参加もOKです。

(落ち着いて説法が聞けないお子様は隣室で待っていただきます。)

説法の内容が一部しかわからなくても、説法後一緒に瞑想するだけでもお子様に大きな恩恵があります。

 

 

後半は合同瞑想をしますが、瞑想初心者でも大丈夫です。

初めての方も奮ってご参加ください。

合同瞑想に参加して、たくさん力を受け取って、たくさん浄化して帰ってください。

 

瞑想をしますので、腹一杯の状態で来ない様に。

できるだけ空腹の方が良いですね。(水分はOK。強制ではありません。)

 

 

くせの強い人もいませんので、人間関係のご心配も要りません。

万教同根の思想の下、宗教宗派に関係なくご参加頂けます。

レイキ講座の受講生も奮ってご参加頂ければと思います。

 

また、サットサンガでは、講座のカリキュラムで触れていない内容もたくさん話をしていますので、密教瞑想講座やスピリチュアル・ヒーリング講座の受講生はなるべく参加する様にしてください。

 

 

参加ご希望の方は事前準備がありますので、メールフォームかメールよりご一報ください。

 

➡  「お問い合わせ」メールフォーム

 

その他、詳細は「水野氣功塾」のサイトの「サットサンガ」をご覧ください。

 

➡  「サットサンガ」

 

 

では、たくさんの方とお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

 

 







関連記事

2022_08_14


08  « 2022_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

水野博友

Author:水野博友
気功家・ヒーラー・瞑想家
気功で人の病気や苦しみを癒すヒーラー

愛知県出身、早稲田大学商学部卒。
埼玉県さいたま市浦和区で気功治療院「水野気功療法院」を開業、肉体の病~精神の病まで日夜 気功の施術を行っている。遠隔気功の実績も豊富。
満月時は日本の山に籠り密教修行を行う、また2011年より定期的にインド・ヒマラヤ、インドネシアに渡り様々な聖者の指導を受けて霊性修行に励んでいる。

フリーエリア






ツイッター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top